10.13 浦和地裁判決 報告 「ハトは泣いている」上映会のお知らせ

お知らせです。

 九条俳句事件と彫刻作家展で
右翼からの抗議を受け美術館が作品の撤去を要求した
「都美術館事件」が題材のドキュメンタリー「ハトは泣いている」
の企画演出者・松本武顕さんから、情報が届きました。
 上映会についてのお知らせです。
b0245151_14194257.jpg
 
 下記は、浦和地裁判決を受けての報告です。
b0245151_14214946.jpg

b0245151_14203651.jpg


[PR]
# by 9joukanren | 2017-10-16 23:02 | お知らせいろいろ

10/24「九条俳句不掲載は違法」報告集会

情報です。転送します。
   ⇊

情報記載石垣

九条俳句訴訟、さいたま地裁判決

「梅雨空に 『九条守れ』の 女性デモ」 

2017年10月14日各紙

9条俳句不掲載「違法」 (毎日)
俳句掲載拒否 市に賠償命令(朝日)
俳句を不掲載 市に賠償命令(読売)
9条を詠んだ俳句拒否は違法(日経)
「9条俳句」不掲載5万円支払い命令(産経)
掲載拒否に賠償命令   (埼玉)

 さいたま地裁 
 裁判長 大野和明 
 裁判官 佐藤美穗・足立賢明
 被告 さいたま市 代表者 清水勇人

「九条俳句不掲載は違法」報告集会  

10月24日(火)午後6時
与野本町コミニュティーセンター(埼京線与野本町下車5分)

連絡先 「九条俳句」市民応援団 (武内・090-2173-2591)





[PR]
# by 9joukanren | 2017-10-15 21:54 | お知らせいろいろ

10/9 水島朝穂さん直言「中欧の旅(その4)+総選挙

転送します。

水島朝穂さんの「直言」です。
 下記に、「安倍流9条改憲は『憲法条文内クーデター』
     ー明記しても自衛隊の違憲性は問われ続けるー」
という論考があります。
    ⇊
「モリ・カケ・ヤマ・アサ」隠しの
究極の「自己中解散」と言わざるを得ません。
ヤマ・アサは、

http://www.asaho.com/jpn/bkno/2017/0821.html

の末尾注参照

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100800394&g=pol




■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■◎■「直言」ニュース 2017年10月9日
■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■ 早稲田大学の水島です。皆さまいかがお過ごしでしょうか。
直言更新しました。

http://www.asaho.com/jpn/index.html

http://www.asaho.com/jpn/bkno/2017/1009.html (固定)

■ 今回の「直言」は連載シリーズ「中欧の旅」(その4)です。
 ザルツブルク市内で偶然見つけた、1980年代の
 核燃料再処理施設反対運動の記念碑にあった
 ドイツバイエルン州ヴァッカースドルフ訪問記です。

 今回、30年前に訪問したときのことも詳しく再現してあります。
 「原発ゼロ」を「花粉症ゼロ」や「満員電車ゼロ」と同レベルで
 「12のゼロ」などという公約にしてある政党もあるので、
 国の原子力政策に対して、
 ドイツはいかに真剣に向き合ったかを知ることができます。

 今回訪問した村のことは、「3.11」直後に書いた直言
 「チェルノブイリから25年」でも触れています。
 合わせてお読みください。

http://www.asaho.com/jpn/bkno/2011/0425.html

なお、「中欧の旅」の連載は下記です。
 お暇なおりにご覧ください。
第1回 ハンガリーのショプロンへ(ヨーロッパピクニックの現場)

http://www.asaho.com/jpn/bkno/2017/0911.html

第2回 69年前にドイツ基本法草案が審議された美しい湖の島を再訪

http://www.asaho.com/jpn/bkno/2017/0918.html

第3回 ヒトラー山荘とオーストリアのナチス強制収容所の「死の階段」

http://www.asaho.com/jpn/bkno/2017/0925.html

■ 総選挙が始まりました。
 10月22日の投票日に向けて、
 おそらくこの国の今後25年を決める決定的に重要な選挙になると思います。
解散権は「総理の専権事項」などいって、
 憲法53条後段に基づく臨時国会召集義務を果たさず、
 9月28日に衆議院を解散した安倍首相。
 「モリ・カケ・ヤマ・アサ」隠しの究極の「自己中解散」と言わざるを得ません。
ヤマ・アサは、

 http://www.asaho.com/jpn/bkno/2017/0821.html

の末尾注参照

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100800394&g=pol

 80年前の林銑十郎内閣の「食い逃げ解散」と同様、
 総選挙で与党ぼろ負けという状況が再現さるかどうか。
 なお、下記の80年前の朝日新聞号外の写真を改め
 てご覧ください。

http://www.asaho.com/jpn/bkno/2017/1002.html

■ 次回の直言ニュースを出すのは10月23日です。
 すでに総選挙の結果が出ています。

ここで強調したいのは投票率です。
 戦後の総選挙の投票率はおおむね70%台から60%後半を
 推移してきました。麻生内閣の時の総選挙(2009年)は69.2%で、
 自民党は119議席に転落しました。

http://www.asaho.com/jpn/bkno/2009/0907.html

野田内閣の時の唐突な解散による総選挙は59.3%で
 自民党は294議席をとって圧勝し、安倍第2次内閣が発足しました。
 つまり10%も投票率が下がったことで安倍政権が誕生したのです。
 国民の政治への失望感が低投票率を生み、
 現在の安倍1強政治を生み出したわけです。
 安倍政権がやった前回の総選挙は史上最低の52.6%でした。
 自民党は圧勝でしたが、絶対得票率は20%台です。

http://www.asaho.com/jpn/bkno/2014/1124.html (安倍晋三解散)

http://www.asaho.com/jpn/bkno/2014/1117.html (解散権の濫用論)

もし、今回、10%以上投票率があがれば、
 おそらくまったく違った風景が生まれるでしょう。
 有権者(18歳以上の若者たちも)の決断にかかっています。

■ では、どうするか。
 入れたい候補者がいない、
 支持する政党がないと悩む有権者は多いと思います。
 政党の離合集散をみて、虚しさを感じる人もいるでしょう。
 私自身の選挙区も同じです。
 でも棄権や無効票を投ずることは今回は間違いです。 

 憲法改正をしなければできないという当然の理屈を破壊して、
 集団的自衛権の行使を閣議決定で行い、
 それを安保関連法を強行採決をした安倍首相。
 臨時国会召集義務を無視して衆議院を解散した安倍首相。
 この5年間近くの安倍政治の審判のために、
 安倍首相と彼を支える人々に対して「個別評価」を下すことが
 求められています。
 判断基準は「立憲主義」(ルールのルール)を守るという観点
 をもっているかどうかです。

安倍首相を手放しで支持している人と、
 いやいや従っている人、新党に強引に入れられて
 心ならずも従っている人・・・。
 それぞれの個別事情を総合的に考慮して、
 安倍応援団になりそうかどうかで判断する。

 選挙後、またガラガラポンが起こります。
 その時、その新党から飛び出してくる人たちもいるでしょう。

1993年8月の総選挙のあと、
 細川内閣(+羽田内閣)と村山内閣が誕生しました。
 政治というのは一回の総選挙のあと、
 それを政党の組み合わせでいかようにも変えられるようになっています。
 有権者は今度の選挙で贅沢なことを求めては行けません。
 選挙区によっては目をつぶって候補者名を書くところも出てくるでしょう。
 立憲政治の最低ラインにまで引き戻す。
 安倍政権の非立憲政治をやめさせる。
 有権者はこの一点で知恵を働かせることが求められています。

前回の「直言ニュース」の言葉を引用して終わります。
 「・・・今度の総選挙は、政党を選ぶというよりも、
  立憲主義を破壊して爆走する安倍政権を「止める」ことに重点があります。
 「選ぶ」選挙ではなく、「選ばない」選挙です。
  劣化した政治を治すために、
  まずは立憲主義を基礎に置く政党・候補者個人を選ぶ。
  共通のルールを確認し、それを前提にして議論を出発させることです。
  大異を捨てて大道につくことが求められています

それでは10月23日まで、どうぞお元気で。
水島朝穂






[PR]
# by 9joukanren | 2017-10-14 23:35 | お知らせいろいろ

レイバーネットTV、中野晃一さん大いに語る

中野晃一さんが「負けないあきらめない闘い」をつくっていこう、
と呼び掛けています。
 勇気が出てきます。転送します。

   ⇊

-----Original Message-----

Subject: レイバーネットTV、中野晃一さん大いに語る

Matsuです。

きのうのレイバーネットTVの報告です。
若干「放送事故」がありましたが、5分ほどで復旧し無事終了しました。
放送後、修正バージョンをアップしなおしました。
中野晃一さんの話は大好評で、投票前に広げていきたいです。
アクセスも多く、修正前と修正後のバージョンをあわせて、
いま現在「500」近くになっています。
なお前段に新企画の「動画ニュース」
「ジョニーと乱のほっとスポット拡大版」をやりました。
こちらもぜひご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●「負けないあきらめない闘い」をつくっていこう
          〜レイバーネットTVで中野晃一さん

「気持ちが明るくなった」「スッキリした」、
10月11日のレイバーネットTVが終わったあとに
ギャラリーから寄せられた感想だった。

この日のテーマは「総選挙をどうみるか、私たちの選択は?」で、
ゲストは「市民連合」世話人の中野晃一さん。
中野さんは「民進党が一夜にして壊され目の前が真っ暗になった」
と述懐。
でも
 「立憲民主党ができたのでホッとした。
  前原氏が党を乗っ取ってしまったので、
  立憲民主党はお金も組織も事務所もない。
  一番厳しいのは時間がなかったことだ。
  でもよくここまで頑張ったと思う。
  それは市民の支えがあったから」と語った。

しかし状況は厳しい。
仮に立憲民主党が全員当選しても「改憲反対勢力」は
今より小さくなり三分の一まで届かない。
中野さんは続けた。
 「安倍政権はいまも三分の二の勢� �をもちながら
  改憲できないのは、国民投票で勝つ自信がないから。
  まだまだ頑張れる。私たちはしぶとく抵抗し、
  勝たなくても“負けない。あきらめない闘い”をつくっていこう」
と呼びかけた。
中野さんの話は、いまの政治状況を考える貴重な問題提起に溢れていた。
                         (M)

・写真速報
http://www.labornetjp.org/news/2017/1011shasin

・放送アーカイブ https://youtu.be/1fDI4LJ0EiA

*特集は25分から

b0245151_23474898.gif





[PR]
# by 9joukanren | 2017-10-13 23:35 | お知らせいろいろ

10/5 日比谷集会の報告

レイバーネットがきょうの日比谷集会の報告をしています。
 動画もありますので、ご覧になってください。
 元気が出ます。
   ⇊ 

 Maです。

 きょうの日比谷集会の様子です。
 立憲民主党ができたことで明るい雰囲気になっていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●「野党3党+市民」の力で改憲阻止の議席を!
            ~10.5 反安倍集会に2千人

 10月5日夜、首都圏反原発連合など多くの市民団体が
 共催する「安倍政権NO!大集会」が東京・日比谷野音で開催され、
 2000人が集まった。

 数日前、立憲民主党が立ち上がり、
 反安倍・改憲反対をたたかう「野党3党+市民」の
 新たな枠組みが生まれたことで、会場は明るさと気迫に満ちていた。
 壇上では、山口二郎(市民連合)、菅直人(立憲民主党)、
 山下よしき(共産党)、福島瑞穗(社民党)の各氏が熱弁を奮ったが、
 一言ひとことに場内から歓声と拍手が起きた。

 福島議員は「これは三極の間の選挙ではない。
 9条改憲を強行しようとする安倍・小池らと私たちのたたかいだ。
 日本をファシズムに向かわせないために、
 どんなことがあっても三分の一以上のリベラル派議席をとろう!」
 と訴えた。
 また山下よしき議員が「立憲民主党を心から歓迎する。
 同党が立つ34小選挙区のすべてで共産党は候補者を下ろすことを、
 本日決定した」と報告すると、ひときわ大きな拍手が起こった。(M)

写真速報 http://www.labornetjp.org/news/2017/1005shasin 

動画 https://youtu.be/eTtyI6gIHpQ






[PR]
# by 9joukanren | 2017-10-06 20:58 | お知らせいろいろ

立憲民主党を立ち上げました

枝野さんが、立憲民主党を立ち上げました。
ようやくです。
 綱領、人事、公約などは、追ってとのようですが、
とりあえず、市民と野党の共闘の輪が
広がったのはうれしいことです。

 県内民進党とその支持者らの反応が注目です。

 なお、4日に第4回政党間協議を開きます。
 下記は、枝野さんの会見動画です。

     ⇊

 毎日新聞ニュースメール

 https://mainichi.jp/
            2017年10月2日(速報)
 ━━━━━━━━━━━━━

▽衆院選 新党は「立憲民主党」枝野氏が会見で発表

https://l.mainichi.jp/UOhjsgu



b0245151_23285277.gif



[PR]
# by 9joukanren | 2017-10-02 23:29 | お知らせいろいろ

新しい動き

情報です。
   ⇊
Subject: 【立憲フォーラム通信:836】 枝野新党の動きなど 立憲フォーラム

各位 (2017年10月2日)

昨日のNHK日曜討論で希望の若狭氏は
「政権獲得困難」「小池氏は次の次出馬か」と
発言しました。
小池氏が出なければ勢いは減速します。
民進党リベラルは枝野新党へ大きく踏み出そうとしています。
民進北海道は「希望への公認申請を」撤回。

枝野氏は昨日、
新宿での安倍政権の退陣を求める市民グループの集会で
 「民主主義、立憲主義、表現の自由、情報公開と、
  安倍政権が壊してきたもの、社会の軸となるべき基本は
  しっかり守る。このことについてはぶれない。
  もう少しだけ待ってください」
と発言しています。

職員不正採用事件で逮捕、起訴された前市長の辞職による
山梨市の出直し市長選は
無所属新人の元県会副議長高木晴雄氏(民進、社民推薦)が、
自民推薦を破り初当選しました。

共同通信の世論調査で内閣支持率は
前回調査(9月23、24日)から4・4ポイント減の40・6%、
不支持率46・2%と安倍内閣の支持率低下は止まっていません。
立憲野党と市民共闘で勝てる条件はあります。

<http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017100101001813.html>

出直し選で民進・社民推薦初当選 不正採用事件の山梨市

<http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017100290065736.html>

衆院選トレンド調査 内閣不支持46%と逆転比例自民24%、希望14%

○ 枝野新党

<https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171002/k00/00m/010/137000c>

民進党:枝野氏ら新党結成へ 党名「民主党」を検討 - …

<http://www.asahi.com/articles/ASKB14GM6KB1IIPE00M.html>

民進北海道「全員希望に公認申請」撤回へ 消極姿勢多く…

<http://www.asahi.com/articles/ASKB15RH2KB1PPTB002.html>

辻元清美氏「1人からの出発、受け皿できればいいが…


<http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201710/CK2017100202000117.h
tml
>

<衆院選>争点埋没 危機感強く市民ら「リベラル新党期待」

▼ 「安倍政権が傲慢だと思っていたら、
   希望の党・小池さんはそれを上回る横暴ぶりです!」
                    民進党・真山勇一
参院議員がマイルドなイメージ先行の「希望の党」の危険性
を鋭く指摘!~4野党の選挙協力を求める 9・30緊急集会

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/399354

▼ 【特別寄稿】笑顔でリベラル「排除」を口にする小池代表の
       「リベラル派大量虐殺(公認拒否)」断行!――

前原誠司・民進党代表は「安倍(政権)倒す倒す詐欺」に騙された!?

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/399497



○ 新宿安倍政権抗議デモ

<https://mainichi.jp/articles/20171002/k00/00m/040/026000c>

森友・加計問題:安倍政権へ抗議デモ 東京・新宿 - 毎日 …

<http://www.asahi.com/articles/ASKB16DCXKB1UTIL024.html>

政権抗議デモ、小池氏も非難 いろんな方面に批判の矛先…

○ 民進党

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news1/20171001-OYT1T50016.ht
ml


前原代表への不信高まる…「解任論」も : 政治 : 読売新 … 後半部有料

<https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100100264&g=pol>

民進リベラル系、新党へ調整=衆院選、3極の争いに【17衆院選 ...

<http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201710/CK2017100202000126.
html
>

枝野氏、リベラル新党検討 「理念政策変更なら判断」
b0245151_23232066.jpg




[PR]
# by 9joukanren | 2017-10-02 23:23 | お知らせいろいろ

市民連合の見解

解散総選挙に伴い、情勢が混とんとしています。

 市民と野党共闘の立ち位置はびくともしませんが、
市民連合が、見解を発表しましたので添付します。
b0245151_22591323.jpg

オールとやまも、この見解と同じです。

 したがって、富山1区で、希望の党候補とは、スクラムを組めません。
 2区、3区は、先の確認通りですが、
 1区は新たに候補者をどうするかの議論が必要です。
 4日に政党間協議が開かれますので、議論します。

 民進党のリベラルの方々は、
 早急に新しい政党を立ち上げ、
 市民と野党の共闘の輪に加わっていただきたいものです。






[PR]
# by 9joukanren | 2017-09-30 22:42 | お知らせいろいろ

安倍か小池ではありません

衆院選の対立軸は、安倍か小池ではありません。
メディアは一部を除いて、大本営になっています。

    ⇊
28日、疑惑隠し解散が強行され、きょうの各紙は一部を除いて、
「安倍か小池か」の対立軸をあおっています。
これに危機感を覚えます。
そうではないでしょう。

 「自民」が勝っても、「希望」が勝っても、同じことです。
右翼2大政党が並び立つにすぎません。
圧倒的多数の主権者の“希望”ではありません。
選挙が終わって、結果次第では、
両党の連立、もしくは協力関係を築くことだってありうることです。
目も当てられません。

 民進党は、丸ごと小池へなだれ込む選択をしたようですが、
民進党の綱領は、自由と民主主義に立脚した立憲主義を守る。
日本国憲法が掲げる「国民主権」「基本的人権の尊重.」「平和主義」
を堅持―となっています。

 小池は、えらそうに「安保法制に反対の候補は公認しない」、
とうそぶいています。民進が真逆の小池へ走るのは解せません。
有権者への背信です。

  志ある民進党議員の奮起を促したいと思います。
                        (D)

b0245151_221257.png




[PR]
# by 9joukanren | 2017-09-29 21:52 | お知らせいろいろ

アベ改憲の真の狙いは?

 安倍首相は、
 28日に解散総選挙を表明することを明らかにしました。
 暴挙です。

 自分の保身・自己の難局を国難にすり替えて
総選挙に持ち込むのは、国政私物化の極みです。

 北朝鮮のミサイル発射を利用して、
新幹線を止め、子どもたちを“ダンゴ虫“にして避難させるのは、
国のリーダーのすることではありません。

 やるべきことは、
休戦状態の北朝鮮とアメリカに不戦条約を結ばせ、
戦争をなくす努力を続けることです。
東アジアを戦争しない地域にすることにこそ汗をかくべきです。
平和を求める世界の目標である日本国憲法9条が生きてきます。

 ミサイルを飛ばさせない努力こそが、平和国家日本の役割でしょう。

 IWJは、日刊ガイドで
アベ改憲の真の狙いは、緊急事態条項―だと警告しています。
 長くなりますが、下記ご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  アベ改憲真の狙いは、緊急事態条項
              日刊IWjガイド 2017・9・26 

この選挙、リベラル系メディアの多くは
「森友・加計問題隠し」として報じ、
「9条の危機」を危惧する姿勢を見せていますが、
安倍政権の真の狙いは「緊急事態条項」の加憲です!

 瀬戸際とはいえ、日本は現状「民主主義国家」です。
しかし選挙で改憲勢力が2/3を超え、改憲が現実のものとなれば、
政権は私達の「主権」そのものを奪いにかかってきます。
それが、
麻生副総理がかつて「ナチスの手口に学べ」と口をすべらせた、
事実上の独裁条項というべき「緊急事態条項」の加憲です。

この条項が成立し運用させてしまったら、
私たちは自由を失い、もう後戻りはできなくなります。
しかしマスメディアも野党も、その多くはこれを口にはしません。
政権とメディア、そして共闘を拒む野党のいずれにも、
岩上さんは激しい危機感を感じ、連投ツィートをしています。
少し長くなりますが引用します。

 「危機を煽りながら、その危機の最中に政治空白を作る。
  解散権を濫用した安倍総理に、政治家としての資格はない。
  森友・加計隠しだけが狙いではない。
  この解散総選挙の公約に、
  自民党は4つの改憲項目を掲げる見込みである。
  これが要注意だ。

  その公約には9条への自衛隊の明記とともに、
  緊急事態条項が盛り込まれる。
  教育の無償化、参院の合区という
  改憲せずとも実現可能そうな話とともに、
  緊急事態条項という、最も究極的な永久独裁条項を
  こそーっと混ぜて出しているところを見逃してはならない。

  政治家もマスコミも、有権者も、
  改憲といえば9条の話ばかりに飛びつく。
  そして9条の護持か、改正かが、
  最も大きな政治的対立軸であるかのように論じ合う。
  その結果、前原氏のように9条改正論者は、
  共産党とは組めないなどと野党共闘にブレーキを踏む。

  だが、それは端的にいっておかしい。
  より深刻で、緊急性があるのは、自民党案の緊急事態条項である。
  各国の憲法に同様の緊急事態条項がある、
  などというのはまやかしである。
  どんな国にも、緊急事態宣言発令を限定する
  厳しい要件と期間と解除の規定がある。

  自民党の緊急事態条項の草案には、
  それらの厳格な要件も期限も解除の規定もない。
  いったん総理が緊急事態だ、と判断すれば、
  議会の事前承認なく発令できてしまい、
  発令されたが最後、国会も地方自治も無力化され、
  全国民の基本権が否応なく制約されてしまう。」

 全文を以下に記事化していますので、
 ぜひこちらもお読みになり、
 拡散をお願いいただきたいと思います!

※【岩上安身のツイ録】
  解散総選挙で安倍政権の真の狙いは
  緊急事態条項という「永久独裁条項」の加憲!!
  ファシズムはすべての人を蝕む。
  今は小異を捨てて大同につき、
  改憲勢力の2/3確保を阻止すべし!!
                  2017.9.25

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/398877

 また緊急事態条項について、
 IWJは長く取材、報道を続けています。
 9月25日には、
 ナチス研究の第一人者の石田勇治東大教授との対談
        『ナチスの「手口」と緊急事態条項』

        ( http://amzn.to/2huV1pK )

を出版した気骨の憲法学者、長谷部恭男・早稲田大学教授に
インタビューを行いました。
こちらは9月28日21時からの配信予定です! ぜひ御覧ください!

----------------------------
【録画配信・IWJ_Youtube Live】

https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

衆院解散でいよいよ現実に!? ナチスの「手口」と緊急事態条項
岩上安身による早稲田大学教授 長谷部恭男氏インタビュー
[配信日時] 2017年9月28日(木)21:00~
----------------------------

 こちらは特集ページもあります。
こちらもぜひご視聴いただき、ご自身の目で
その恐るべき真の姿をお確かめになっていただきたいと思います!

※これこそ「ナチスの手口」! 
  9条を含めすべての現行憲法秩序を眠らせ、
    日本改造を行う「緊急事態条項」 この上ない危険性!!

http://iwj.co.jp/wj/open/%E7%B7%8A%E6%80
%A5%E4%BA%8B%E6%85%8B%E6%9D%A1%E9
%A0%85%E7%89%B9%E9%9B%86


b0245151_2150263.jpg




[PR]
# by 9joukanren | 2017-09-27 21:41 | お知らせいろいろ

9/23 改憲を許さない! 射水デモ報告

 9・23「9条改憲反対! 射水デモ」が、
9月23日午後、射水市大門防災広場で開かれました。

集会の後、旧大門町内をデモ行進、
「武力で平和はつくれません」
「9条改憲阻止しよう」
「共謀罪は廃止廃止」
「野党は共闘」
「市民と共闘」などとコールしました。
b0245151_21554867.jpg

 射水でも実行委員会が
射水市内旧小杉町・新湊市・大門町を会場に
毎月企画しているものです。

集会では、
「オールとやま」から、
情勢と「市民と野党の共闘」について報告、
27日に県内野党4党の3回目の政党間協議を開くこと、
共闘の中身を充実させ、3選挙区で勝ち抜く選挙態勢をつくりあげること
など―をお伝えしました。

 次いで、スピーチに入り、
全日本年金者組合射水支部長が、
「解散総選挙を安倍首相退陣の絶好の機会ととらえ、頑張りたい」
と決意を述べ、参加者が順に、一言発言しました。
それぞれ口々に、
「臨時国会で審議もしないで、解散するなんて、納得できない。
 野党が憲法53条に基づいて求めた臨時国会を3か月も放置し、
 開いたら解散とは、開いた口が塞がらない」
「森友・加計学園疑惑をひた隠しにするためだ」
「北朝鮮の水爆やミサイル発射を利用して危機をあおり、
 9条改憲を狙っている」-
などと、訴えました。

 北朝鮮の“危険”な動きに「圧力」のみを強調する安倍首相には、
リーダーとしてのたしなみがありません。
国のリーダーは、戦争が起こったら、
双方でおびただしい犠牲者が出ることの怖れ、
核戦争に対する創造力―などを持ち合わせて冷静でなければなりません。
圧力だけでなく、「対話と交渉」にも言及するなど、
バランスの取れた立ち居振る舞いが必要です。
しかし、安倍首相にこれを望むのは無理でしょう。
歴史にも、まともに向き合わない、国際的には
恥ずべき異端のリーダーですので、早く退陣していただかないと、
日本が世界標準な国にはなりません。
総選挙は、その点で、絶好のチャンスです。
力を合わせて踏ん張りたいものです。

 次回10月は、選挙のため延期し、射水市長・市議選挙後の
11月25日(土)午後2時、旧小杉町歌の森運動公園広場で開催します。






[PR]
# by 9joukanren | 2017-09-24 21:57 | お知らせいろいろ

9/19 アベ改憲阻止県民集会 報告

 共同行動による県民集会が19日夕、
富山駅CiC前広場であり、集会の後、デモ行進しました。報告です。

     ⇊
 28日にも衆院解散の動きがある中、
19日夕、富山駅CiC前広場で
「戦争法強行から2年 アベ改憲阻止、
    違憲三法は廃止せよ!富山県民集会」が開かれ、
臨時国会は、憲法に基づく野党の要求によって開かれるもの、
その冒頭に解散するのは、国会審議を拒否するもので、
憲法違反になる、
今こそ安倍政権ノーの国民の意思を示そうと、
口々に訴えました。

集会の後、デモに移り、
「共謀罪は絶対反対、今すぐ廃止」
「知る権利をみんなで守ろう」
「武力で平和はつくれない」
「野党は共闘、市民と共闘」
「安倍政権の暴走止めよう」
-などとコールしました。共同行動実行委主催。

 集会では、呼びかけ人から主催者あいさつがあり、
社民党県議・共産党呉西地区委員長らが連帯あいさつ、
富山地区平和センター事務局長、
民医連・作業療法士がリレートークし、
集会アピールを採択、自治労県委員長の発声でガンバローを三唱しました。

 「オールとやま」からも、
「28日解散前にも、市民と野党の共闘に向け、
       中断している政党間協議を再開したい」
と発言しました。

 北朝鮮からミサイル発射や水爆実験があり、
これに呼応した日米韓の共同訓練など挑発に挑発を重ね、
煽るばかりの政権では、問題の解決には程遠く、
一触即発の危険が増すばかり、
こんな政権はやめさせなければ平和的国際関係を築けないのは明白です。

衆院選は、これらの課題に明確に応えた論戦で、
アベ政権を打倒することが大事でしょう。
b0245151_11223672.jpg

 集会とデモには、秘密法廃止市民ネットとやまも、
「戦争は秘密から」と記された青色ののぼり旗を持って参加しました。






[PR]
# by 9joukanren | 2017-09-19 23:06 | お知らせいろいろ

憲法会議の「戦争する自衛隊」パンフレット、あります。

 解散総選挙が急浮上しています。
 森友・加計学園疑惑・国政私物化を封印し、
9条加憲のごまかしを推し進めようとの 目論見です。
とりわけ改憲策動が目に余ります。
b0245151_1325195.jpg

 そこで、安倍9条改憲を解説したパンフを取り寄せました。
わかりやすく解説しています。
目次とパンフ表紙を添付します。1部100円です。
とりあえず、20部手元にあります。
 様子を見て、さらに取り寄せます。
b0245151_1332029.jpg
 
 事態は急です。
野党のまとまりが全国的に見えない中ですが、
できるだけ早くみんなで力を合わせていきましょう。

[PR]
# by 9joukanren | 2017-09-17 23:34 | お知らせいろいろ

9/14 反戦川柳人・鶴彬の獄死80年、顕彰碑建立10周年記念碑前祭

 反戦川柳人・鶴彬の獄死80年、
 顕彰碑建立10周年記念碑前祭の動画です。
 転送します。 
    ⇊

 Maです。
9月14日の鶴彬の碑前祭には東京から16名が参加し、
滋賀からは会員の斗周さんが合流しました。
以下、甲斐淳二さんの報告です。

 報告(写真あり) http://www.labornetjp.org/news/2017/0914hokoku
 
 動画(4分半) https://youtu.be/_tH4NnNsS3M

 
● あの時代を繰り返してはならない~
   緊張感の中で「反戦川柳人・鶴彬」碑前祭
         甲斐淳二(レイバーネット川柳班)

「手と足をもいだ丸太にしてかえし」
この川柳で治安維持法違反の容疑で特高警察に逮捕され、
29歳の若さで帰らぬ人となった鶴彬(つるあきら)。
日中戦争が始まった1931年、
彼が23歳の頃、軍隊内で反戦活動を行ったとされ
大阪城内の陸軍の衛戊(えいじゅ)監獄に1年8カ月収監された。
その地に10年前この顕彰碑が建てられた。
これは地元大阪の「あかつき川柳会」の
並々ならぬ努力によって建てられたもの。
顕彰碑には「暁を抱いて闇にいる蕾」の句が刻まれている。

9月14日、
鶴彬の獄死80年、顕彰碑建立10周年記念の碑前祭が
鶴彬顕彰碑の前で行われた。
晴れ渡った青空のもと9月半とは思えぬ強い日差しの下での碑前祭。
東京からレイバーネット川柳班はじめ十数人、
鶴彬の生誕地金沢からも多数参加し、
全体で80人を超える碑前祭となった。

秘密保護法、戦争法、共謀罪成立後の現在、
そして米朝の緊張関係を利用して戦争モードが煽られている時だけに、
主催者や関係者のあいさつにも緊張感が漂っていた。
戦争に反対した鶴彬や小林多喜二が殺された、あの時代を
繰り返してはならない、
スピーチで語られるこの言葉も、以前にもまして現実感がある。

たかが17文字、されど17文字。
川柳で軍国主義と闘った鶴彬。
その川柳をおそれ治安維持法で殺した軍国主義の時代、
それは過去の事ではない。
会場で句箋が配られ、参加者の献句が行われた。

b0245151_1320216.jpg






[PR]
# by 9joukanren | 2017-09-17 22:38 | お知らせいろいろ

9/15 共謀罪は廃止!日比谷音楽堂に3000名

 15日の日比谷野音集会の動画の紹介です。
  ⇊
-----Original Message-----

Subject: 9 ・ 15 共謀罪廃止!日比谷野音に 3000 名

みなさま

昨日はご苦労様でした。
日比谷野音が満杯の3000名の参加となりました。

2000名参加があれば成功と考えていたので、
3000名の参加は大きな意味があります。
共謀罪廃止の一点で立場の異なる多くの団体が団結した
ことが多くの参加を可能にしたと考えています。
9・15日比谷野音集会の成功は
廃止運動に大きな弾みをつけると思います。
共謀罪廃止へ!頑張りましょう。

東京新聞の記事を添付します。
b0245151_13101464.jpg


下記毎日新聞の動画がみれます。

共同通信 https://this.kiji.is/281392046093206625

毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170916/k00/00m/040/125000c







[PR]
# by 9joukanren | 2017-09-16 21:53 | お知らせいろいろ

9/15 「共謀罪は廃止できる!」街頭行動 その2 北朝鮮のミサイル発射について

きのうの街頭行動では、ハンドマイクで
北朝鮮のミサイル発射について も触れ、

 「挑発に挑発で応えていたのでは、解決にはならない。
  アメリカに追随し、危機をあおるのではなく、
  日本国憲法が指し示しているように、
  国際紛争を解決するためには、武力を使わない、
  威嚇もしない姿勢を保ちつつ、
  平和的な話し合いで解決する外交努力を
  し続けるべきである 」

などと訴えました。
東アジアを平和ゾーンにする努力が急務です。

 32度目の訪朝から帰ったばかりの
アントニオ猪木参院議員(無所属クラブ)が
日本外国特派員協会で、記者会見、
日本政府に独自外交を要求しています。

 「核戦争まで起こりうる状況に来ている」との懸念を示し、
 「どちらが拳をより高く振り上げるかを競い合っているように見える。
  日本には唯一の被爆国として、
  両者の拳を少しでも下げるような仲介役をしてほしい」ー。
      (日刊IWJガイド9月15日)

 海上自衛隊で司令官を務めた元海将の香田洋二さんは、
15日朝のNHKニュースの中でー

 「その脅威は、対抗武装だの改憲だので解決されるものではない。
  結局のところ、朝鮮戦争が正式に終戦し
  米朝の平和協定が結ばれない限り、
  日本を含む北東アジアは核廃絶の端緒すらつかめない
  ということである。
  日本の市民が本気で怖いと思うのなら、
  なすべきはJアラートで騒動したり、
  『ダンゴムシ』訓練をすることではない。
  朝鮮戦争を終わらせる外交に日本政府が
  本気で乗り出すように促すことだ。
  日本だって実質的な戦争当事者なのだから。」

と発言しています。
b0245151_9591518.gif

 なお、きのう15日は、東京でもアクションを起こしています。
 参考まで。
    ⇊ 
 ★2017年9月15日 21時33分
 「共謀罪」廃止訴え3千人集会 
 「テロ対策とうそつくな」

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017091501002164.html







[PR]
# by 9joukanren | 2017-09-16 09:59 | お知らせいろいろ

9/15 「共謀罪は廃止できる!」街頭行動

 15日夕、富山駅周辺で、
「私たち市民は『共謀罪』に負けません」の声明文と
「必要ですか?共謀罪」、
「どうなの?安倍改憲」のリーフレットを配りました。
 
   ⇊

 「私たち市民は『共謀罪』に負けません」-
9月15日夕、富山駅マリエ前周辺で、
チラシと共謀罪・9条改憲のリーフレットを
組み込んで、行き交う人たちに配布しました。
「~負けません」は、県内40団体が賛同しています。

 依然として無関心を装う人のいる半面、
署名したいと積極的に対応する人たちもいて、
世論を反映した人の動きを体験しました。
思考停止の方々も多く見られ、
「おやおや」という思いも抱き、
改めて運動の必要性を強くしました。

 メンバーの弁護士らがハンドマイクで、
今を取り巻く状況のほか、
配布しているチラシやリーフレット「必要ですか?共謀罪」、
「どうなの?安倍改憲」-について説明、
一緒にアベ政権”ノー”の声を挙げましょうと呼びかけました。

 「秘密法廃止市民ネットとやま」主催で、
「オールとやま」や市民活動している仲間らが助っ人で参加、
用意した約350部を50分ほどで配り切りました。
手に「共謀罪はいらない」「九条守る 平和日本」の
手作りプラカードを掲げるメンバーもいて、
法律施行後も委縮しない気概を示しました。

b0245151_9441935.jpg

 19日夕には、CiC前広場で、
共同行動による集会とデモが予定されています。







[PR]
# by 9joukanren | 2017-09-16 06:33 | お知らせいろいろ

9/15 「共謀罪は廃止できる!」声明

  9/15 「共謀罪は廃止できる!」抗議声明

b0245151_20224167.jpg


b0245151_20255892.gif

[PR]
# by 9joukanren | 2017-09-13 20:20 | お知らせいろいろ

コリアP 2017サンフェスワークショップ「韓国キャンドル革命」上映会報告 

コリアP 2017サンフェスワークショップ
   「キャンドルに誓う私たちの未来」ふりかえり 

●ドキュメンタリー「韓国キャンドル革命」  
       制作・編集 Little Hands
       監修:北村めぐみ
        (韓国手話通訳者・手話講師
          /日本韓国の社会運動に関心を持つ)

● 参加者 17人   スタッフ 5人

● キャンドルデモの諸相
 1.2014年4月16日 セウォル号沈没 304人が犠牲に
                「国家は私たちを守る家」
 2.農村の疲弊と抗議デモする農民の惨死 ぺク・ナムギ氏死亡 
 3.THAAD配備に抗議する星州市民
 4.梨花女子大新学部設置に抗議し、
      学長退陣に至る運動を繰り広げる学生たち
 5.中高生の抗議集会 
      受験競争・親の負担の懸念・希望のない未来   
                「選挙権はなくとも…」
 6.セウォル号 救出された同級生9人の言葉      
                「私たちは自ら脱出した…」
 7.セウォル号 1000日光化門追悼集会 
      (惨事から、人々の生活や政治の在り方を問う)
 8.文在寅大統領就任演説(5月10日)   
          「大統領の在り方・国民との関係を模索」

 * 民主主義国家にあって、希望の持てない現在、
   主権者である国民が自分たちで問題を解決するのだ
   というメッセージと、
   国は国民の安全や福祉のためにあるのだという主張。
 * 文大統領の誓約 
   理想-差別のない社会 
   プロセスの透明性・機会の公平性・結果の正義

●アンケート
1 「闇は光に勝てない」「ウソは真実に勝てない」
  「あきらめず頑張る」このセリフを胸に刻む。
   でも、日本はこんなひどい状況でも、こんなには行動していない。
2 「尊敬する国民のみなさん!」と呼びかける大統領。
   アベに文大統領のツメのアカでも煎じて飲ませたい。
   韓国では言葉が生きていると思いました。
   貴重な映像を見せていただき、ありがとうございました。
3 若い世代を動かすことのできる韓国をうらやましく思った。
  日本に住む私たちは、もっと若い世代に伝えなくてはいけないし、
  それは、若い世代の保護者世代の責任だと思った。
4 日本人には、まだ朝鮮を植民地にしていたことによる
  差別感が残っている。
  差別されたがゆえに反発する力が湧くのか? 
  その見方は失礼とは思いますが。。。
5 これだけの人、とくに若者が動くのは、
  どのような教育がなされているのだろうと思った。
  文大統領の言葉による差別、正義、正直などの言葉で、
  日本の政治家からは聞くことができない概念が多くあった。
  /民主制が強調されていたのを見て、
      天皇制も若干関係していると思った。
6 ワークショップに参加されている皆さんが、
  ご自身の意見をもっていろいろなことに向かい合って
  おられることを素晴らしいと思いました。
  聞かせたいただきありがとうございます。

  ネットにはたくさんの韓国の動画があるとのことでしたが、
  最新の日本語の字幕を付けていただいたものを見ることができて、
  大変佳い時間になりました。
  ビワのこころづかいになごやかな空気が作られて、
  会もより意義が増していったようにも感じました。
7 日本のメディア(新聞・TV・ラジオ)では
  紹介されていないinf.があり、見てよかった。
  日本は平和ボケしていて、安倍自民党が与党で、
  マスコミがコントロールされているらしいので、
  このような機会に映像が見られてよかった。
  韓国の人たちのパワーがすごいと思いました。

*日本の運動には歌が足りない!という意見に
  大いに沸きました。    
                 (文責 Ho)
b0245151_10141360.jpg





[PR]
# by 9joukanren | 2017-08-28 23:00 | お知らせいろいろ

9/3、9/18 「ニュースの真相」上映会の資料

b0245151_9552330.jpg
b0245151_955444.jpg
b0245151_9555864.jpg


b0245151_9541023.jpg
b0245151_9543512.jpg

[PR]
# by 9joukanren | 2017-08-25 09:36 | お知らせいろいろ

8/22 改憲の阻止!違憲の三法は廃止!共同行動による スタンディングアピール

22日の共同行動の報告です。⇊

 8月22日昼、富山駅CiC前広場で
共同行動によるスタンディング・アピールがありました。
安倍改憲阻止!、違憲の三法は廃止、
暴走する安倍政権を倒そう―との呼びかけで、
手にプラカード・ボードなどを持った約70人が参加しました。
三法とは、秘密法、安保法制、共謀罪法のこと。

いずれも憲法違反であることは明確で、
とりわけ、9条改憲によって、
現行9条に自衛隊を明記することを許せば、
違憲の安保法制を追認することになる、との危機感から、
全国で市民連合を中心に、総がかりの取り組みが続行中です。

 スタンディングでは、
安保廃棄県実行委員会の松浦事務局長が司会進行を務め、
レッドアクション、県教組、自由法曹団、新日本婦人の会
-などからメッセージがあり、道行く人たちに訴えました。

傍らで、「共謀罪は必要ですか?」や「どうなの?安倍改憲」
-のリーフレットを配る人もいて、
約30分間、アベ暴走政権ノーの意思をアピールしました。

 「オールとやま県民連合」からも、
市民と野党の共闘の現状について報告、
民進党が代表選を展開中で、結果は野党共闘に微妙
に反映することも併せお伝えしました。
いずれにしても、
野党の共闘なくして、状況は切り開かれないことは明白です。

b0245151_10563566.jpg


 9月10日には、
市民連合の全国市民意見交換会があります。

 27日には、
女性のレッドアクション・アピールが同所で予定されています。



[PR]
# by 9joukanren | 2017-08-23 12:44 | お知らせいろいろ

8/20「9条改憲反対!」射水でも の報告

きょう、射水でも実行委員会の集会とデモを行いました。
以下、その模様です。

 8・20「9条改憲反対!射水デモが
20日午後4時、旧新湊庁舎駐車場で集会を開き、
同市内をデモ行進しました。
射水でも実行委員会による月1回の共同行動です。
来月は、23日(土)午後3時から、
大門総合会館第3駐車場です。

 射水市議の澤村理さんの司会進行で開会、
私がいつものようにオールとやまの取り組みについて報告、
市民と野党の共闘の現状についてお伝えしました。
立憲野党4党のうち、民進党県連を除く3党には、
7月に直接代表らにお会いし、趣旨を説明、同意をいただいていますが、
民進党は代表選が9月1日にあることから、
態度を明確にできないとしています。

 このため、盆明けの8月17日、
民進党県連事務所をお訪ねし、たまたま居合わせた幹事長に趣旨を説明、
協力をお願いしました。共闘には基本的に異論は挟まないものの、
今は態度を明確にできないと繰り返していますので、
代表が決まった段階で改めて協力をいただきたいことをお伝えしました。
衆院選各選挙区で、野党が並び立つことは得策ではないことは一致しています。
市民と野党の共闘については、9月10日に
「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」の
「第4回全国意見交換会」があり出席する予定です。
 
 集会ではこの後、浄土真宗本願寺派の浜野信宏さんがスピーチしました。
北朝鮮に拉致された人が射水市内におられ、その母親が先日亡くなった。
拉致問題が一向に進まない状態のまま、
「敵基地先制攻撃」などと防衛大臣が口にする。
防衛強化より、やるべきことがたくさんある。
嘘ばかり言い募る安倍政権。私たちの課題は、
お任せ民主主義からの脱皮だ。
主権者としての意思表示を選挙でしっかりと示さなければならない
―などと力強く話されました。

 続いて、参加者のフリートークに移り、
核兵器の廃絶や孫が戦争に行くような国にしてはならない
―などの発言が相次ぎました。

 このあと、浜野さん、澤村さん、射水市議の津本二三男さんを先頭に
デモ行進に移り、同共同代表の坂本ひろしさんのリードで
「戦争法は今すぐ廃止」「共謀罪は絶対反対」
「自由に話せる社会を守れ」「憲法守れ・人権守れ、平和を守れ」
-などとコールしました。

b0245151_9531257.jpg



 

 
[PR]
# by 9joukanren | 2017-08-20 22:43 | お知らせいろいろ

佐川国税庁長官の罷免を求める1万人署名運動:森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会 事務局

みなさま
すでに署名をした方もいらっしゃるかもしれませんが、
下記の署名呼びかけのメールを転送します。
よろしければ署名をお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
このメールは安倍昭恵氏ほかの国会証人喚問を求める要望署名

http://bit.ly/2rdgyXe

の賛同者に加わって頂いた方々にBCCでお送りしています。

(署名済みの方や重複の場合はご容赦ください。)
(発信者:森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会 事務局

http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/   )

佐川宣寿国税庁長官(前財務省理財局長)は
国会で「森友問題」の答弁で「知らぬ存ぜぬ」「資料はハイキ」
「売却価格を決める前に具体的金額を出して交渉していない」
と明言していました。
しかしNHKのスクープや籠池氏の録音データにより
この答弁が完全な虚偽であることが明らかになってしまいました。

そこで私達 森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会では
「佐川国税庁長官(前理財局長)の罷免を求める1万人署名運動」
をやっています。
(詳しくは 佐川国税庁長官(前理財局長)の
 罷免を求める1万人署名運動にご協力ください。  
 : 森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会

http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/1-2e8c.html   )

8/1日から8/14日の2週間で1万人を目標にしています。
皆様方にもご検討いただき
ご賛同及び知人・友人に拡散希望していただければ幸いです。
ネット署名フォームのURLは

http://bit.ly/2uCtQkK 

です。
8月7日現在 署名数は1923筆(ネット署名)となかなか拡がっていきません。
ご配慮のほどよろしくお願いいたします。
--------------------------------------
日刊ゲンダイと田中龍作ジャーナルで紹介されました。

佐川国税庁長官に森友“虚偽答弁”疑惑
     市民団体が罷免活動|日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/210877

田中龍作ジャーナル |
    【森友疑惑】佐川国税庁長官 罷免求める署名

http://tanakaryusaku.jp/2017/08/00016430

-----------------------
■署名運動のポイント■
国税庁長官の任命権者である麻生財務大臣宛に
次のことを申し入れるというものです。
 日本国憲法第15条第2項が
「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、
          一部の奉仕者ではない」
と定めた公務員の適格性を
著しく欠く佐川宣寿国税庁長官を直ちに罷免すること

■なぜ佐川氏の罷免要求をするのか?■
 下記の署名用紙に3つの理由を挙げていますので、ご覧ください。
署名用紙は、

http://bit.ly/2ub1F8W 

をダウンロードしてご覧のうえ、お使いください。

■なぜ今、罷免要求なのか?■
 *真相を隠したウソの国会答弁は許されない!
7月25日以降のNHKほかの報道により、
佐川氏が国会で虚偽答弁をしたことが明らかになりました。
(詳しくは署名用紙の(1)をご覧ください。)

 *トカゲのしっぽ切りは許されない!
籠池夫妻を逮捕、取り調べるだけで
国有財産を不当な格安で売却した近畿財務局の違法行為、
そうした行為の証拠となる交渉記録を廃棄した行為を
かばい続けた佐川氏を糾さないまま、
佐川氏を、国民の納税財産を預かる国税庁長官にとどめるのは
カゲのしっぽ切りであり、許されません。

■署名の方法は?■
 *署名の集約日は8月14日です。署名は次のいずれかでお送りください。

用紙の郵送:〒134-0083
        江戸川中葛西五郵便局局留 視聴者コミュニティ
                         渡邉 力 宛 

 *ネット署名:下記URLの<以下はネット署名です>のところに記入して
        「送信」をクリックしてください。メッセージもお願いします。
ネット署名フォームの短縮URLは

http://bit.ly/2uCtQkK

です。

 *この署名に関するお問い合わせは次へお願いします。
E・メール:

   moritomosimin@yahoo.co.jp
 
お急ぎの場合は、電話:070-4326-2199(10時~20時) へお願いします。
詳細は 

http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/1-2e8c.html
 
国政と国有財産を私物化した政府、近畿財務局を
必死にかばい続けた佐川前理財局長に対する
私たち主権者の怒りの声を結集しましょう!








[PR]
# by 9joukanren | 2017-08-08 21:48 | お知らせいろいろ

7/22 共謀罪廃止の集会と射水でもデモの報告

 7・22「共謀罪廃止!射水デモ」が
7月22日午後3時から、
射水市の歌の森運動公園広場で集会を開き、
炎天の下、一条町内までの約2キロをデモ行進しました。
共謀罪法が施行されて1週間、
「私たち市民は『共謀罪』に負けません」の気概を示しました。

 集会で、
「オールとやま」からは、
21日に行った野党・社民、自由、共産3党の幹部に要請した件について報告、
衆院3選挙区で、オールとやまと各野党の地区委員長らと定期・不定期
に協議する場を設けることの合意について説明しました。
各党で組織討議ののち、オールとやまに各党の「責任者名」などを
教えていただくことになりました。
民進・政策チーム光とは日程調整ののち、要請します。

 次いでリレートークに移り、
富山大名誉教授・渡邊信さん、同・穴山彊さんのほか、
射水でも実行委員で僧職の菊池正人さん、津本二三男さんらが
スピーチしました。
安倍政権のうそとデタラメの答弁などが続いており、
政治が劣化していること、
この70年、平和憲法によって私たちの生活が守られてきたこと、
市民と野党の共闘によって安倍政権を打倒しなければならないこと
など、力強くアピールしました。
b0245151_9305439.jpg

 デモ行進は、
射水でも実行委員の坂本洋史さんのリードで
小太鼓なども入れて軽快なタッチでコールしました。
「アベやめろ」の連呼にはみな力が入り、
通りかかったドライバーからは、クラクションを鳴らすケースもあり、
思いを共有しました。

 来月8月は、20日(日)午後4時から
旧新湊庁舎前で集会ののち、デモ行進します。






[PR]
# by 9joukanren | 2017-07-23 23:24 | お知らせいろいろ

7/16 報告:レッドアクションと憲法24条関連学習会

 きょうの女性のレッドアクション実行委主催による
スタンディングと学習会の模様をお伝えします。

 思想・信条の自由を侵す「共謀罪」に抗議!
-ー7月16日昼、富山駅周辺で
 女性のレッドアクションとやま実行委のスタンディングが行われ、
 引き続き、CiCビル3階で
 「憲法24条を変えさせない!」のタイトルで
 学習会が開かれました。

 この日のアクションは、2015年5月以来26回目。
リレートークでそれぞれが、共謀罪法が施行されても市民は委縮せず、
これまで以上に活動を続けていくことを強調、
「9条改憲は許さない」
「市民と野党の共闘で改憲阻止」
「アベ政権は直ちに退陣」
などとコールしました。

b0245151_2114310.jpg

 学習会では、同世話人の斉藤正美さんが
「~政府が家族の形を決めたらどうなる!?」と題して
パワポイントを使って説明。
安倍政権の後ろ盾になっている日本政策研究センターの改憲戦略では、
9条に3項を入れ、緊急事態条項の新設などと並び、
13条、24条に家族保護規定を入れているなどと紹介。
個人より家族を優先する動き、
家族の中の序列や役割分担にこだわる傾向が強いと警告しました。

安倍政権の婚活支援策もこの流れの中にあり、
自治体の三世代同居奨励や子宝モデル表彰など、
「家族の形」の押しつけがすでに始まっている、と注意喚起しました。

 この後、学習会に参加した各分野で活動しているメンバーらが
関連した状況について 報告、意見交換しました。
 それぞれ体験に基づく報告だけに説得力があり、
なるほどとうなずくことばかりでした。感謝。






[PR]
# by 9joukanren | 2017-07-16 22:49 | お知らせいろいろ

Nスペ動画・南スーダンでの自衛隊現地状況:自衛隊員の遺書等


転送します。参考まで。
     ⇊

-----Original Message-----

Subject: Nスペ動画・南スーダンでの自衛隊現地状況:自衛隊員の遺書等

みなさん
お世話様
既にご覧になった方が多いと思いますが、Nスペ動画を再送します。
南スーダンから帰ってきた兵士が憲法9条の大切さを語っています。

また先日、
高見利勝(北大・上智大)名誉教授は
「もし、自衛隊が安倍政権によって加憲されたら、
   日本国憲法は、平和憲法と言えなくなって しまう」
と述べています。

NHKスペシャルのスタッフは素晴らしいです。
前川喜平前文科省事務次官も超素晴らしい方です。
良心を持ち勇気ある、日本人、市民、勤労者は少なくありません。

安保法制違憲訴訟埼玉・原告 石垣敏夫

以下転送
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

皆さまへ
南スーダンでの自衛隊PKO派遣部隊の現地状況について
以下のサイトで見ることができます。
NHKスペシャル
  「変貌するPKO 現場からの報告」 2017年5月28日

https://www.youtube.com/watch?v=EeNLhXNSm5s




[PR]
# by 9joukanren | 2017-07-15 19:45 | お知らせいろいろ

7/11 富山の「共謀罪法施行」抗議行動

 Dです。
 共謀罪法施行の11日の富山での行動です。
市民は怒っています。
Facebook にあげたメッセージを転載します。

 共謀罪法が施行された11日昼、
富山駅CiC前広場周辺で、
共同行動による抗議のスタンディングアピールが行われました。
主催者発表で約80人が参加しました。実数です。

 共謀罪法は、テロ等準備罪となっていますが、
テロとは全く無関係です。
ところが、アベ政権のうそとデタラメの主張に、
まんまと騙され続けている人たちがいまだにいることも事実です。
こちら側の力不足と反省もしなければなりませんが、
今日はそれでも熱く語り、抗議のボードなどを力強く掲げてアピールしました。

「国民を監視・抑圧する共謀罪を許すな」
「守ろうモノ言える社会」
「廃止求め闘い続けるぞ」のほか
「国政私物化、横暴政治、安倍政権の退陣求める」の
横断幕もあって、主権者市民の怒りがいかんなく発揮されていました。

b0245151_2381652.jpg


 リレートークでは、
共同行動の実行委員メンバーをはじめ、
政党関係者・労働組合役員、
レッドアクション実行委のほか、
「オールとやま」からも、
共謀罪で「私たち 市民は『共謀罪』に負けません」の抗議声明を発したこと、
共謀罪法の廃止を求めるためにも、
市民と野党の共闘が大切であることを強調しました。

 「オールとやま」は、アベ政権の憲法改悪攻勢もにらみ、
近く改めて野党との共闘に向けた具体策を話し合います。
これとは別に、市民団体のスクラムづくりも急がねばなりません。






[PR]
# by 9joukanren | 2017-07-11 23:08 | お知らせいろいろ

【抗議声明】 私たち市民は「共謀罪」に負けません

【抗議声明】 私たち市民は「共謀罪」に負けません
 の賛同団体を募っています、
 と先にお知らせがありました。(7月4日)

b0245151_11325981.jpg

 この呼びかけに答えた団体は県内で39団体となりました。
 短い期間の呼びかけだったために間に合わなかったけれど、
 これから参加できる団体がさらに10数団体あります。

 10日(月)10:00~
 県政記者室で発信します。

b0245151_1134381.gif







[PR]
# by 9joukanren | 2017-07-09 12:17 | お知らせいろいろ

「安倍退陣!」声をあげる会 のよびかけ


転送します
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆全国・全世界の皆さん、     大拡散大歓迎
「安倍退陣!」声を挙げる会 を結成しませんか◆

第1 入会の条件(記載は日本語に限ります)
1 必須;
・メアド
・居住自治体名
・あなたのメッセージ(50字以内)
2 任意
・氏名
・肩書(所属も)  
・年代
3 上記1・2を、6月30日までに、
毛利メアド 

mouri-m@joy.ocn.ne.jp

までお送り下さい。
4 順次、FBなどで公表していきます
第2 結成の条件
本年6月30日までに、入会者が1000名に到達したとき
(到達しなかったときは、結成しません)
第3 結成後どうするのか
結成後も、上記条件での入会募集とその公表を行います。
それ以外のことは、入会者全員に異議がない場合に限り、実施します。

●例としての毛利の入会の記載
・mouri-m@joy.ocn.ne.jp
・毛利正道(すわこ文化村代表理事) 60代 長野県岡谷市
・国民主権を破壊する「国家の私物化」は、国民が主権を行使して声を挙げてこそ対抗できる

FBはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008306530326

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1951272005159665&set=a.1444682515818619.1073741828.100008306530326&type=3&theater

===================================================== 
毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp
出張相談も大いに承りますhttp://www.lcv.ne.jp/~mourima/
〒394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは
tel0266-75-1512 fax0266-75-1513 携帯090-4096-7065
=====================================================




[PR]
# by 9joukanren | 2017-06-23 23:17 | お知らせいろいろ

7/1 全国憲法研究会シンポジウムのお知らせ

Mi先生から下記の連絡が入りました。
 転送します。
 内閣打倒の展望も見え、
 反転攻勢の機会にーとのメッセージです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Subject: 全国憲法研究会シンポジウムのお知らせ

おはようございます。Miです。
私が所属する学会の公開シンポジウムの案内です。
一般の参加歓迎です。
今後の運動に向けた学習会という意味もありますので、
皆様にもご案内いただければ幸甚です。

共謀罪は、形上は通ってしまいましたが、
国会法56条の2の要件を満たしておらず、
有効に成立したといえるか甚だ疑問です。

憲法改正に動き出した安倍自民党ですが、
加計問題などで、内閣打倒の展望も見えてきました。
反転攻勢の機会を是非とも生かしたいものです。

________________________________________

件名: 全国憲法研究会シンポジウムのお知らせ

みなさま
下記のシンポジウムを開催します。
共謀罪は国会を通りましたが、
これから始まる改憲の動きに関わって、
何をどう考え、いかに取り組むか大事な夏になると思います。
そのための準備の場としていただければ幸いです。
僭越ながら、私が司会をいたします。
拡散大歓迎です。
            (Ozawa)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

全国憲法研究会・憲法問題特別委員会
       第4回公開シンポジウムのお知らせ


テーマ :「いまこそ立憲主義の意義を問う―
        ―共謀罪と安保法制をみすえて――」

日時 :2017年7月1日(土)13:30?17:00(予定)
     (一般公開、入場無料、事前予約不要)

会場 :日本大学法学部大講堂
     〒101-8375 東京都千代田区三崎町2丁目3番1号

  * 挨拶と問題提起:長谷部恭男(早稲田大学、本会代表)
  * 報告 ① 国民が担う立憲主義 
           佐々木弘通(東北大学・本会会員)
  * 報告 ② 共謀罪の何が問題か 
           高山佳奈子(京都大学・ゲスト・スピーカー・刑法学者)

  * パネルディスカッション
      佐々木弘通・高山佳奈子・西原博史(早稲田大学・本会会員)

司会 :小沢隆一(東京慈恵会医科大学・本会会員)、
    高佐智美(青山学院大学・本会会員)

※ 配布用チラシが、
   全国憲法研究会のHPにございますので、
   ご利用いただければ幸いです。

  http://zenkokuken.org/4th_symposium2017.html

※ 本会とは、全国憲法研究会のことを指します。
※ ご報告内容については、
  ・ 佐々木報告につき、
    同「〈国民が担う立憲主義〉に関する考察」
     (糠塚康江編『代表制民主主義を再考する』ナカニシヤ出版、所収)を、
  ・ 高山報告につき、
    同『共謀罪の何が問題か』(岩波ブックレット966)を
    ご参照ください。
b0245151_2312651.gif





[PR]
# by 9joukanren | 2017-06-22 23:02 | お知らせいろいろ