「 憲法を学ぼう 」 連続講座のお知らせ

「 憲法を学ぼう 」 連続講座
                     「 9条の会 」 富山県連絡会・主催
b0245151_20563519.gif

  いま、憲法が危ない! 9条が危ない!
自民党は日本維新の会やみんなの党と連携して、まず憲法96条を改定して、
国会発議のハードルを低くし、改憲の入口をつくろうとしています。
それから、これまでずっと狙いつづけて来てもできなかった、9条をはじめとした
憲法全面改憲を一挙に実現することをめざしています。
 すべての高裁判決が「1票の格差」は違憲・違憲状態だとしました。
現在の国会は、国民の声を反映していない選挙で選ばれた議員によって
構成されている《違憲国会》です。その議員たちのほぼ9割が
改憲に賛成して蠢いているというとても危険な状態にあります。

  憲法を学び直し、改憲の策略を押しとどめよう
 第2次安倍内閣成立以降、改憲派の動きは急速です。
私たちの運動も急がなければなりません。最も大事なことは、
改憲派の策略の狙い、「改憲案」が目指している恐ろしい内容、改憲の目的は何か、
などについて学習をすることです。
周りの人々との対話・会話を拡げ・深めていくためにも、
もういちど日本国憲法を学び直しましょう。

 日々の暮らしにお忙しいと存じますが、
ぜひ時間をつくって学習会に足をお運びください。

 学習会の開催日時とテーマ(第1回と第2回が決定しました)

【第1回学習会】
   ■学習テーマ:自民党の「憲法改正草案」と96条改憲が狙うもの
           講師:宮井 清暢さん(富山大学教授・憲法学)
■6月16日(日)14時-17時、教育文化会館1階集会室

【第2回学習会】
■学習テーマ:日本国憲法第9条が持つ大きな意義
           講師:水谷 敏彦さん(弁護士・富山中央法律事務所)
■8月24日(土)14時-17時、サンフォルテ303・304号室

【3回以降の学習会テーマ】(順不同、日程・講師・会場が決まり次第ご案内します)
○国民主権と天皇主権
○領土問題と日本国憲法
○侵略戦争の結果つくられた日本国憲法
○地方自治と日本国憲法
○基本的人権・生存権と日本国憲法
○安保条約と日本国憲法
○日本の軍隊の実態と日本国憲法
○立憲主義の歴史と意義


b0245151_2058860.gif

[PR]
by 9joukanren | 2013-05-11 20:46 | お知らせいろいろ


<< 橋本氏の発言について 富山コリ... 大阪憲法しんぶん速報版248号 >>