「 秘密保護法 」 で憲法がなくなる!~レイバーネットTVで新聞記者語る

Dです。
安倍内閣が目論んでいる秘密保護法は、
国民の知る権利・報道する権利を奪うことは明白で、
憲法がなくなることです。
 「 レイバーネットTVで新聞記者語る 」 を転載します。
     ↓

● 「 秘密保護法 」 で憲法がなくなる!~レイバーネットTVで新聞記者語る

「取材記者 初の逮捕」の大見出し。新聞労連が出した「架空新聞」を広げて、
米倉外昭記者は10月9日のレイバーネットTVで語った。
「こんな新聞を出さないために秘密保全法に反対している。
今でさえ、情報が隠されているときにこの法律は“ 知る権利 ” と
“ 報道の自由 ” を完全に奪う。それは憲法がなくなるということだ。 」
東海林智記者は 「 最初は秘密保全法と言っていたが今は秘密保護法に
名前を変えた。 これは安倍の手口で、批判が高まってきたので柔らかい
イメージの言葉に変えただけ。
この法律で怖いのは、情報を取り扱う人の管理徹底が日常的に始まり、
それはその人の借金・通院歴・交友関係にまで及ぶ。 実際、
国家公務員53000人が本人の同意なしに身辺調査が行われた事実もある。 」
行き着く先は監視社会、萎縮社会、ファシズムか。 「 この法律は絶対つぶす」
東海林記者は語気を強めた。(M)

↓写真速報

http://www.labornetjp.org/news/2013/1009shasin

↓放送アーカイブ(特集は33分から)

http://www.ustream.tv/recorded/39679162


b0245151_713280.gif
[PR]
by 9joukanren | 2013-10-10 07:02 | お知らせいろいろ


<< 「 本当のこと言って何か不都合... 九条の会の記者会見 >>