5・29 緊急集会への呼びかけ人、賛同者を募ります

2014年5月13日
各  位              
                 呼びかけ人   青島 明生 
                           土井 由三 
                            宮井 清暢
b0245151_16284555.gif
「戦争する国」づくりを、止めましょう!
「 集団的自衛権行使容認阻止、秘密保護法廃止 」
  5・29 緊急集会への呼びかけ人、賛同者を募ります


 安倍首相は、
今週中に行われる首相の私的諮問機関 「安保法制懇」 報告を受け、
従来の政府説明を変えて 「集団的自衛権」 行使を容認する憲法解釈を
「政府方針」 として示そうとしています。 更に与党協議を経て夏までに
閣議決定を行い、関連法案の提出をねらっています。
 「集団的自衛権」 行使は、アメリカなど 「同盟国」 とともに
海外で戦争するものであり、平和憲法に明確に違反し、立憲主義、
「法の支配」 を公然と否定するものです。 
世論調査でも国民多数が反対しており、その声を無視して
憲法の実質改憲、破壊を強行することは到底許されません。
 また昨年12月、国民の反対・慎重審議の声を無視して強行した
特定秘密保護法に対しては、その後も120を超す地方議会で
廃止・凍結を求める意見書が採択されるなど
国民の懸念・批判が広がっています。 
この法律は、政府・行政機関の一存で情報を幅広く統制し、
刑罰で威嚇して国民の目・耳・口をふさぐもので、
「戦争する国」 づくりのための治安立法に他なりません。
「知る権利」、取材・報道の自由、言論・表現の自由等の
基本的人権を大きく侵害し、国民主権、民主主義を根底から覆すものです。
1年以内とされる法律施行は行わず、廃止こそが必要です。
 憲法違反の集団的自衛権行使、解釈改憲を許さず、
特定秘密保護法の廃止を求めるため、昨年末の秘密保護法反対の行動に
結集いただいた方をはじめ、さらに輪を広げた行動をすすめたいと考えています。
当面、次の行動を行います。

  *県民への緊急アピール発表・記者会見
    日時 5月23日(金)11時 県政記者室
  *緊急集会
    日時 5月29日(木)18時30分~19時30分
    会場 富山駅前・CiC前広場
    内容 集会  各界からの訴え     終了後、デモ行進

以後、閣議決定、法案提出などの重要段階に行動を継続して入れる予定です。

 つきましては、下記の要領により、呼びかけ人、賛同者を募ります。

           記

1 主催 「集団的自衛権行使容認阻止、秘密保護法廃止」
                     5・29 緊急集会実行委員会
  構成  呼びかけ人、 富山県平和運動センター、 安保廃棄富山県実行委員会
  事務局 山崎 彰(富山県平和運動センター議長、 
        湊谷 茂(同事務局次長)
        増川利博(安保廃棄富山県実行委員会代表委員)、 
        松浦晴芳(同事務局長)   
2 呼びかけ人について  事務局から要請します。
3 賛同者について   趣旨にご賛同いただける方は、下記までお知らせ下さい。
               TEL/FAX 076-425-1583(松浦) 
               Eメール kmssj296@yahoo.co.jp





[PR]
by 9joukanren | 2014-05-14 14:19 | お知らせいろいろ


<< やだネコのななちゃんの集団的自... アメリカ元高官ハルペリン氏イン... >>