7・1付活動報告のつづき 1

日曜日夜の焼身自殺と集団的自衛権行使への抗議

IWJで記者や記事編集や斥候をやっている、S と申します。
b0245151_19223951.gif

昨日午後1時頃、人でごった返すJR新宿駅南口で、
一人の男性が焼身自殺を図ったという痛ましい事件がありました。
報道や、現場に居合わせた人のTwitter上での報告では、
男性は歩道橋の上で拡声器を使い、
集団的自衛権や安倍政権に反対を訴えた直後、
ガソリンで自らに火を放ったそうです。

男性は救急車で運ばれましたが、容態はいまだ不明です。
実際の詳しい言動や、行動の背景など、まだまだ不明な点が多いので、
このニュースをもって安倍政権や集団的自衛権の
是か非かを論じるつもりはありません。

問題なのは、このニュースをメディア(特にテレビ)が
ほとんど報じていないことです。
新聞は辛うじて報じていますが、NHKは僕の知る限りでは
さらっと報じたくらいで、男性の主張については報じていません。
ネット上では大騒ぎとなり、
海外メディアも一斉に大事件として報じているにも関わらず、です。
この凄まじい情報統制を肌で感じている人はどれくらいいるのでしょうか。

明日7月1日は、
安倍政権が集団的自衛権の行使容認の閣議決定を目論んでいる日です。
これは「自分の国が攻撃されていなくても、
同盟国が攻撃されれば戦争する」というものです。
安倍政権は、本当に戦争を始めるつもりなのでしょうか。
とあるキャリア官僚は、「うちの省の上層部はもう、戦争を覚悟しており、
その方向へ進もうとしている」と岩上さんの取材で告白しています。

・【岩上安身のツイ録】
官邸前抗議行動に加わった現役キャリア官僚の
危機感「日本は戦争へ向かう。自分は日本から逃げる」

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/140101

戦争の当事国になるというのは、
原発を抱えたまま、国土をミサイルの攻撃対象にさらすということです。
また、旅行や仕事で海外へ出ている方々も、あるいは国内のどこにいても、
テロの標的になりうるでしょう。
そういう恐ろしさ、遥か見知らぬ外国の地で人を殺し、
自分も憎まれて殺されるということ、
それが自分や家族や恋人や友人や親戚の身にふりかかるかもしれないということを、
今、肌で実感している人はどのくらいいるでしょうか。

安倍政権はNHKの経営委員や会長に「お友だち」を送り込み、
大手マスコミの幹部や政治部記者らと毎日「会食」をして、
マスコミを操縦しようとしています。
極端かもしれませんが、もはやテレビや新聞から流れてくるものは
バーチャルで、その裏で着々と不都合な現実が進行している、
と言っていいかもしれません。
これが、日々現場で取材をしている僕らの正直な実感です。

今日の夕方、総理官邸・国会前では、
大規模な集団的自衛権の反対抗議行動が行われます。
IWJは徹底的に中継します。
一方でこの国民の声を、既存の主要メディアは
どの程度、どのくらいの尺で、どのように報じるでしょうか。
ぜひ、その点も注目してみてください。

このガイドをご覧になっている方の中には、
今日官邸前に参加する、という方も多いかもしれません。
その際は、ぜひ周りの人間に、ほんの数分でもいいから、
と「見物」をオススメしてみてください。

IWJでは、メインチャンネルの5、6、8を使って、
バッテリーの続く限り中継し続けます。
遠方で参加できない、という方は、ぜひこちらを視聴してください。
その際に、普段はネットをみなかったり、ニュースに関心がなかったり、
IWJを知らないという方にも、ぜひこの中継を紹介してみてください。

僕らも現場の状況をできるだけ分かりやすくレポートし、伝えます。
官邸前でお祭り騒ぎをしたって効果なんてないよ、
という声もあるかもしれません。
ただ、それをまったく知らなかった人に紹介し、観てもらうことで、
何か深刻な事が現実に起きているということを、
肌で実感してもらう効果はあると思っています。…(後半へ続く)

   次のページへ続く

b0245151_1921483.gif




[PR]
by 9joukanren | 2014-07-02 06:51 | お知らせいろいろ


<< 7・1付活動報告のつづき 2 小森陽一さん講演のテープお越し... >>