3・23 安倍政権 「NO」 集会1万4千人!

情報です。転送します。↓

-----Original Message-----
Subject: 情報----安倍政権「NO」1万4千人!

Ya です。
b0245151_1544213.jpg


道永さんのメールに追加 ・・・これだけの大集会なのに
「朝日」「毎日」では報道されていないとのことです。
*********************************
2015年3月23日(月)付愛媛新聞 5面 社会面

安倍政権「NO」訴え 東京 市民団体デモ

4月の統一地方選を前に、首都圏反原発連合などの市民団体が22日、
現政権の政策への反対を訴える大規模集会「安倍政権NO!大行動」を
東京都内で開き、官邸周辺をデモ行進したり国会議事堂を取り囲んだりした。
主催者によると、参加者は約1万4千人。

日比谷公園の集会で、千葉県内の高校1年の女子生徒(16)が
「政権は集団的自衛権の行使容認で戦争への道を進めているが、
戦争になったら人生を壊されるのは私たちだ。
反対しないことも戦争に加担することになる」 と訴えると、
会場から大きな拍手が上がった。

特定秘密保護法に反対する筑波大2年の本間信和さん(20)は
「民主主義をないがしろにする政権には、徹底的に 『NO』 を
言わなければいけない」 と呼び掛けた。
集会ではほかに、原発再稼動や沖縄県名護市辺野古沿岸部への
米軍基地移設などへの反対も訴えた。

続くデモ行進で参加者らは 「自由を守れ」「主権者は誰だ」 と
気勢を上げた。 埼玉県三芳町の元高校教師愛甲哲郎さん(67)は
「安倍晋三首相は民意を無視してはいけない」 と取材に話した。

【写真】現政権の製作への反対を訴える大規模集会で、
「安倍政権NO」と書かれた紙を掲げる参加=
22日午後、東京・日比谷公園
(大きなカラー写真です)

*********************************
東京新聞ウエブ版 2015年3月23日朝刊

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015032302000145.html

写真と記事が読めます。

集団的自衛権行使のための安全保障法制整備や
沖縄・普天間(ふてんま)飛行場の辺野古(へのこ)移設などが
強硬に進められる中、安倍政権が打ち出すさまざまな政策に抗議する
大規模なデモが二十二日、東京都千代田区の日比谷公園などであった。
参加者約一万四千人(主催者発表)が国会を取り囲み、
「戦争反対」「安保法制認めない」などと叫んだ。

デモは 「安倍政権NO!大行動」 と銘打ち、
原発や環太平洋連携協定(TPP)、労働法制など十一の政治的テーマに関して
普段は別々に活動している団体が共同で企画した。

デモに先立ち、同公園内の野外音楽堂で開かれた集会では、
団体の代表者らが一人ずつスピーチした。

この日、都内の新宿、渋谷、有楽町、上野の四駅周辺でも安倍政権に
「ノー」 を突きつけるデモが催された。 上野で参加した荒川区の
主婦乾美紀子さん(55)は 「憲法九条が骨抜きになっていく。
国民不在で、勝手に決めるなと言いたい。子孫のためにも、
ここで止めなければ」 と声を張り上げた。
b0245151_15344722.jpg

◆戦争加担NO!若者も熱弁
「原発やめろ、特定秘密保護法反対!」。
都心の官公街や国会周辺で、さまざまな主張が飛び交った二十二日の
大規模抗議行動 「安倍政権NO!大行動」には、
日本の行く末を危ぶむ十代、二十代の若者の姿も目立った。

「戦争は自然や命、一人一人の人生を破壊する。幸福を追求
し、社会がより良くなっていくことを妨げます」

日比谷公園での集会で、張りのある声を上げたのは
千葉県内の公立高校一年の女子生徒(16)。日本の平和憲法の価値を
若者の言葉で発信する市民団体「若者憲法集会」に所属。
これまで、弁護士を招いて憲法について語り合う集会やデモなどに
参加し、平和に対する理解を深めてきた。

「集団的自衛権を行使すれば、日本が戦争に加担することになる。
もしここで反対しなければ、それもまた加担したことになる。
私たちは、ただ言われたことに従うだけの人間ではない」

昨年二月ごろから特定秘密保護法への抗議行動をしてきた
「自由と民主主義のための学生緊急行動」 のメンバーで、筑波
大二年の本間信和さん(20)も会場を沸かせた。

「秘密保護法は、一人一人が自由に考え、議論し、行動する
ための土台を破壊する。民主主義をないがしろにする安倍政権
を辞めさせなければなりません」

若者のきっぱりとした主張に、参加者は太鼓を鳴らしたり、
「そうだー」 などと叫んだりして気勢を上げた。

国会前のデモでは、お立ち台の上で、若者がマイクを握った。
野球帽をかぶり、スピーカーからはラップ調の音楽。
安保法制の整備など、強硬な手法で突き進む安倍政権に
「今度は俺たちの言うことを聞かせる番だ」 とまくしたてた。

******************************



[PR]
by 9joukanren | 2015-03-24 22:30 | お知らせいろいろ


<< 3・25 沖縄情報 ヘイトスピーチ規制への取り組み報道 >>