「戦争をさせない1000人委員会」 から声明

みなさんへ
b0245151_14151584.gif

「戦争をさせない1000人委員会」 から声明です。
改憲を断念させるためにがんばりましょう。
                            ( Ni )
                             
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【声明】 戦争法案の閣議決定を弾劾する
                         2015年5月14日

戦争をさせない1000人委員会は、
5月14日に行われた戦争法案の閣議決定に対する抗議声明を発表しました。

5月14日午後開催された臨時閣議において、
「集団的自衛権」 行使に踏み込むための10法一括改「正」案と
外国軍の戦闘を支援するための1法案からなる戦争法案が、
閣議決定されました。

私たち戦争をさせない1000人委員会は、
「集団的自衛権」 行使容認の閣議決定(昨年7月)の
実体化に向けて行われてきた安倍政権の策動について、
満腔の怒りをもって弾劾するとともに、
戦争法案成立を阻止するためのたたかいに、
全力でとりくむことを表明します。

「平和安全法制整備法案」、「国際平和支援法案」などと言う、
嘘に嘘を重ねた名称でごまかそうとしていますが、
その内容が戦争加担のためのものであることは明らかです。
自衛隊を、恣意的な判断基準によっていつでも、
さらに地理的制約をとりはらってどこへでも、
戦争参加させることができるようになります。

b0245151_14163314.gif
このことによって、いったい誰の「平和」が、誰の「安全」が、
担保されるというのでしょうか? 

まずもって戦地に派遣される自衛隊員が攻撃対象になりかねません。
そして、明確に戦争加担に踏み込んだこの日本そのものの立場が
問われることでしょう。

侵略戦争の果ての敗戦の後の70年間、
平和憲法と安保体制の狭間で積み重ねた
この日本の歴史の総決算として、
どの道を選択するのか。 
いままさに、重大な分岐点に至っているのです。

平和的外交手段の追求より、軍事的手段を優先するという転換こそが、
むしろ危険な事態をもたらすのだという厳然たる事実には
一切向き合うことなく、一貫して欺瞞の手口と議会内多数という優位によって
事を成そうとする安倍政権は、
このまま押し通すことができると考えているのでしょう。

b0245151_1418486.gif
b0245151_14174641.gif
しかし、それは大きな間違いです。
いま、全国各地で、憲法破壊・人権破壊・生活破壊の
安倍政権の暴虐に対する怒りが、大きくひろがりつつあります。
3万を超える人びとが参加した 「5・3憲法集会」 を思い起こして下さい。

人びとが手をとりあい、ともに怒りの声を上げたならば、
社会全体を揺り動かすことは可能です。
議会内でがんばる野党の皆さんとも協力しながらも、
議会外の私たち一人ひとりが、
徹底的に力を尽くしてがんばるべきときが
やってきたことを、ここで確認したいと思います。

「戦争をさせない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会」 が
これからの行動を提起しています。
戦争をさせない1000人委員会はその一翼を担い、
たたかいぬく決意です。

全国の皆さん! 
子どもや孫の世代、
そしてほかならぬ私たち自身の平和な未来をつくるために、
いまこそ、ともにがんばりましょう!
b0245151_11111316.jpg






[PR]
by 9joukanren | 2015-05-14 21:34 | お知らせいろいろ


<< 21日、国会前行動 「九条の会」 メールマガジン ... >>