iwj からのニュースのつづき

■憲法改正で国会前デモがさらに規制される!

立憲主義を蔑ろにする安倍政権は論外、
即刻退陣を求めたい思いですが、しかし、
この解釈改憲はあくまで 「前フリ」 に過ぎません。
本丸は憲法改正です。

岩上さんが梓澤和幸弁護士、澤藤統一郎弁護士とともに
自民党改憲草案を読み解いた 『前夜』 に、
自民党の目指す驚くべき日本の青写真が描かれています。

例えば、憲法第21条は
「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」 と、
「表現の自由」 を定めていますが、
自民党案は、2項に 「前項の規定にかかわらず、
 公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、
 並びにそれを目的として結社をすることは、認められない」 と新設しています。

何が公益で、何が公の秩序にあたるかは、その時々の権力者が判断するでしょう。

今、国会前でのデモが過剰に規制されています。

※2015/07/24 【岩上安身のツイ録】
歴史の曲がり角となる夏、7万人が国会に集結!
警察の過剰で不当な交通規制も――IWJは6チーム派遣し網羅!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/254729

国民には集会の自由があるはずですが、
現時点で、すでにかなり踏みにじられている印象を受けます。
しかし、自民党案の世界では、うるさいから、邪魔だから…
という理由にもならない理由で 「公の秩序に反する」 と判断され、
デモそのものができなくなる可能性が大いにあります。

特に、反戦に関するデモなどは、
「国民の士気を下げる」 という理由で 「公益に反する」 などとされるかも…

「お前さぁ、70年前と今じゃ違うんだよ」 と言われるかもしれませんが、
自民党改憲草案は70年前まで現存していた憲法に逆戻りするものです。
決して大げさとは言えません。

『前夜』 を読み倒し、
自民党のやることなすことに先回りして 「立憲主義を蔑ろにするな!」
と叱り飛ばしてやってください!

※前夜 ~日本国憲法と自民党改憲案を読み解く

http://iwj.co.jp/wj/open/%E5%89%8D%E5%A4%9C




[PR]
by 9joukanren | 2015-07-27 22:20 | お知らせいろいろ


<< iwj からのニュースのつづき 2 2.安全保障関連法案に反対する... >>