5・21「国の暴力を許さない!!レジスタンス大行動・・・」

D です。

 団体賛同署名の呼びかけです。
 賛同したいと思います。ご意見をお願いします。
b0245151_13475178.gif

    ⇩
________________________________________

Subject: 5・21「国の暴力を許さない!! レジスタンス大行動 
               警視庁・海上保安庁・国交省」ご賛同のおねがい

Ohara です。
昨年12月に辺野古リレーからのお知らせで、
会として賛同した
「警視庁機動隊の即時撤退、
   海上保安庁による暴力行為禁止、
      辺野古新基地建設中止の要請」
に引き続き、
5月21日の行動への賛同要請が来ています。
転送メールをお読みなってご検討ください。
意義がなければ、先回同様に団体名公表で賛同したいと思います。

(参考;12月のキャンペーン)

https://henokorelay.wordpress.com/2015/12/07/keisicho-kaettekoi-campaign-2/ (←参照)

なお、富山からは秘密法廃止市民ネットとやまも賛同しています。
そちらの団体としてもご検討いただきますようお願いいたします。

ついでに、
4月13日の三上さんの
   沖縄撮影日記No.47「20年間果たせない約束」

http://www.magazine9.jp/article/mikami/27162/ 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

b0245151_134816100.gif




Subject: 5・21「国の暴力を許さない!! レジスタンス大行動
                警視庁・海上保安庁・国交省」ご賛同のおねがい

ゆいま~る とやま沖縄つなぐ会の皆さま

昨年12月に辺野古リレーの呼びかけで行った
「警視庁機動隊の即時撤退、海上保安庁による暴力行為禁止、
   辺野古新基地建設中止の要請」にご賛同いただきまして、
誠にありがとうございました。

さて、この度は辺野古リレーで
5月21日(土)に企画しております
「国の暴力を許さない!! レジスタンス大行動 
        警視庁・海上保安庁・国交省」に、
再度のご賛同をいただきたくメールを差し上げました。

「レジスタンス大行動」の主な趣旨は、
今後政府が辺野古新基地建設工事の強行と
更なる弾圧を行おうとする場合、もっと多くの人々が集まり、
政府の横暴を許さない行動を起こせるような協力体制をつくっていこう、
という提起と呼びかけを行うことです。
さまざまな問題が私たちの生活を脅かしている現在、
辺野古でも行われているような「非暴力・直接行動」のように、
今後はそれぞれの住む地域で、
皆で一緒になって「直接止める行動」を
起こさざるを得ない事態になるかもしれません
(すでに実践されている諸先輩方もいることと存じますが)

そこで皆さまには、
「レジスタンス大行動」に団体としてご賛同いただき、
可能であれば当日の行動にもご参加くださいますようお願いいたします。
当日は、抗議をしながらも、辺野古のように歌あり・踊りありで、
皆が思いを豊かに表現しながら、
楽しくつながれる場をつくりたいと考えております。

ご賛同いただける場合は、メールにてご連絡くださいますようお願いいたします。
なお、4月20日(水)までに賛同をいただけた場合は、
今後作成するチラシに賛同団体として掲載させていただきます
(賛同団体はネットでも公開の予定ですが、匿名希望も受け付けております)
b0245151_13513254.gif

【当日詳細】

日時:5月21日(土)14時から
会場:警視庁、海上保安庁、国土交通省前
    (丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関」駅A2、A3a、A3b出口、
     有楽町線「桜田門」駅2番出口 )
呼びかけ:辺野古リレー 辺野古のたたかいを全国へ

【賛同方法】
以下についてご回答の上、メールをお送りください。

(1)「レジスタンス大行動」に賛同します。
(2)チラシやブログ等の媒体に、賛同団体として団体名を公表可/公表不可
(3)当日参加できる/参加を検討する/不参加

「辺野古リレー 辺野古のたたかいを全国へ」   担当:宮野 


【呼びかけ文】
b0245151_13532565.gif

「弾圧は抵抗を呼び 抵抗は友を呼ぶ」 (瀬長 亀次郎)

2016年3月4日、辺野古新基地建設は、
政府の「和解案」受け入れによって一時中断となりました。
これは翁長沖縄県知事や、
辺野古のキャンプシュワブゲート前・海上において非暴力の抵抗で直接工事を止めた人々、
そしてそれを支えてきた人々による成果です。

しかし、
非暴力で抗議を続ける人々に対して命を奪いかねない暴力を
ふるい続けてきた海上保安庁や警視庁機動隊、
県知事の権限を無効にし、基地建設代執行手続きに乗り出した国土交通省、
彼らの行いを忘れてはいけません。
また、
工事中断の発表直後にも、
安倍政権は「辺野古移設が唯一の解決策」と主張しています。
いま、私たちは、この状態をただ見守っているだけでよいのでしょうか?

公権力による横暴は、辺野古に限定されるものではありません。
安保関連法案の強行採決、原発事故避難者への支援打ち切りや原発の再稼働、
自衛隊配備の拡大、オリンピック優先の弱者切り捨て、
朝鮮学校の無償化除外、非正規雇用の拡大と差別、
G7サミットでの過剰な厳戒態勢など問題は山積みであり、
それらの問題の根幹は同じだと気付かされます。
そして今、
このような現政権の政策や手法に強く抗議する人々に対し、
警察は過剰警備と不当逮捕を繰り返し、弾圧しています。

公権力による越権行為を許さず、あらゆる人が共存できる社会でありたい。
そのために、さまざまな分野で声を上げている私たちがつながり、
みんなで行動しましょう!
暴力を否定し、豊かな表現を。個々の自由な精神を尊重しながら。
b0245151_13521826.gif






[PR]
by 9joukanren | 2016-04-18 13:32 | お知らせいろいろ


<< 藤田早苗さん講演会「日本の表現... 熊本地震でツイッターにヘイトデ... >>