「BS朝日ザ・ドキュメンタリー それでも私は-デモに行く-ここは国会前-変わるか ニッポン」

「BS朝日ザ・ドキュメンタリ
  ー それでも私は-デモに行く-ここは国会前-
          変わるかニッポン 」
が、以下にupしてありました。
音声がダブっているようですが、いちお見れそうです。
朝日新聞のテレビ欄にも紹介してあったものです。
よかったらどうぞ見てください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Morita です。
 26日夜表記の番組をたまたま観て、
都立戸山高校の有名教員の武藤先生がインタビューされていて、ビックリ。
金曜日の国会前行動に欠かさず参加している90歳の男性として
紹介されていました。
 武藤先生は戸山高校に40年勤務し、
戸山のリベラルな校風をつくられました。
戸山は東条英機が一時在校していたことがあります。
1947年の教育基本法を教育現場で実践していくことを校訓としてきました。
私が保護者仲間と続けている「戸山教育基本法勉強会」
は戸山高校が大切にしている校風を保護者の立場で受け継いでいます。
 下記は表記の番組です。
**********************

5月26日(木)
それでも私は、デモに行く
~ここは国会前。変わるかニッポン~

毎週金曜日、国会前で開催される反原発デモ。
そこに参加するのは、家族連れから90歳の老人まで幅広い層。
しかし、そのデモの列をよく見てみると、
その多くが60代から70代のシニア世代である。
60、70年安保を経験、挫折した彼らは再び国会前に集結した。
番組では60年安保に参加したジャーナリストの田原総一朗や、
その後の音楽人生に影響を与えた歌手の加藤登紀子など
時代の証言者へのインタビューを交えながら、
シニア世代が再び立ち上がった背景を検証していく。

毎週金曜の反原発デモに5年間、
1日と休まず、通い続ける90歳の男性がいる。
なぜ彼は通い続けるのか? そこには
彼自身しか語ることのできない青春時代の「ある記憶」があった。

アーティストの坂本龍一から「(この国の)希望」と評された
学生団体「SEALDs(シールズ)」。
ツィッターなどのSNSを利用しながら彼らが確立した現代版デモとは?
ファッショナブルな若者たちがなぜ「反戦」を叫ぶことになったのか?
しかし、安保法制も施行された現在、
シールズが打って出る次なるアクションとは?

2016年現在、日本各地では新たなデモが続々生まれている。
「保育園落ちた日本死ね」ブログへの
共感から始まった「待機児童問題」は全国各地で様々なデモとなり
国会での論戦も白熱。
その中である高校生が「保育士目指しているの私だ」
デモを一人で企画し立ち上げる。
準備も不十分なたった一人の挑戦は果たして成功するのか!?
それ以外にも日夜、ヘイトスピーチの抗議活動や労働問題に
参加する大学生などに密着。
なぜ人は路上で声を上げることをやめないのか?
そして彼らの声が国会へ、そして私たちの社会へ、届く日はやってくるのか?

番組概要

1-3それでも私は、デモに行く~ここは国会前。変わるかニッポン

http://www.dailymotion.com/video/x4csa0h_1-3%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%A7%E3%8

2-3それでも私は-デモに行く-ここは国会前-変わるかニッポン

http://www.dailymotion.com/video/x4cv3a8_2-3%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%A7%E3%8

3-3それでも私は-デモに行く-ここは国会前-変わるかニッポン

http://www.dailymotion.com/video/x4cv9vk_3-3%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%A7%E3%8

 * ドキュメントのリンクがうまくいかない場合は、
    このタイトルでネットで検索してみてください。





[PR]
by 9joukanren | 2016-05-29 22:16 | お知らせいろいろ


<< 沖縄の事件に抗議するサイレント... 藤田早苗さん講演会「日本の表現... >>