藤田早苗さん講演会「日本の表現の自由の危機的状況」

藤田早苗さんが一時帰国し、富山へ来られます。
お知らせページ 5/27 の続きです。

秘密ネットの Kon さんからのメールを転送します。

「日本の表現の自由の危機的状況を世界に伝えよう」
   カンパのお礼ならびに今後の活動について
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ARTICLE19の声明((藤田早苗さんによる和訳)を

日本の表現の自由を伝える会

http://hyogen-tsutaeru.jimdo.com/

にアップしました。

D・ケイさん訪日に関する情報をまとめてあります。

http://hyogen-tsutaeru.jimdo.com/2016-4-d-ケイさん訪日-関連/


カンパをよろしく。

郵便振替 口座番号:00870-7-216543
  加入者名:日本の表現の自由を伝える会

****************************

「もの言う」自由を守る会
http://monoiujiyu-ogaki.jimdo.com/

****************************

From: 全国市民オンブズマン連絡会議事務局
「日本の表現の自由の危機的状況を世界に伝えよう」
      カンパのお礼ならびに今後の活動について

秘密法に反対する全国ネットワーク 各位

日本の表現の自由を伝える会の Uchi です。

先日は「日本の表現の自由の危機的状況を世界に伝えよう」
交通費・滞在費カンパを多くの方から
いただき、まことにありがとうございます。

2016年4月、国連「表現の自由」特別報告者が
日本公式訪問を行いました。
国連特別報告者に対し、特定秘密保護法をはじめとする
「表現の自由」の危機的現状をより正確に伝えるため準備してきた
イギリス在住の国際人権基準の研究者である藤田早苗さんや
日本の多くのNGO・報道関係者が
国連特別報告者に正しい情報を伝えた結果、

【別紙1】のとおり日本政府にとって厳しい中間報告が
発表されました

・2016/4/19 国際連合広報センター プレスリリース
 日本:国連の人権専門家、報道の独立性に対する重大な脅威を警告

 http://www.unic.or.jp/news_press/info/18693/
 
今回の経緯ならびに世界から日本の「表現の自由」がどう見られているか、
藤田さんが全国各地で講演会を行いました。
各地での講演の詳細は、藤田さん本人が

【別紙2】のとおりまとめてくださいましたのでご覧ください。 

http://bit.ly/25lh04u

また、ケイ氏の訪問に際しては、
藤田さんらの働き掛けで国際NGOのARTICLE19や国境なき記者団が
声明を発表してくださいました。
藤田さんがARTICLE19の声明を和訳してくださいました。

【別紙3】

http://www.nagoya.ombudsman.jp/himitsu/160419article19.pdf

藤田さんの帰国・滞在費用のカンパの呼びかけにつきましては、
2016年5月25日現在、49人・4団体から、
あわせて208,293円集まりました。
その他にも全国各地でカンパが寄せられています。重ねて御礼申し上げます。
今後、6月、9月にジュネーブで国連人権理事会が行われます。
藤田さんは6月中旬にもジュネーブを訪れ
公式訪問のフォローアップなど各種働きかけを行います。
重ね重ねで申しわけございませんが、
10万円を目標にして再度の交通費カンパを行いますので
ぜひともよろしくお願いいたします。 

郵便振替 口座番号:00870-7-216543
  加入者名:日本の表現の自由を伝える会

なお、最新情報は当「日本の表現の自由を伝える会」ウェブページに
随時公開させていただきます。

http://hyogen-tsutaeru.jimdo.com/

日本の表現の自由の危機的状況を何とか改善させるため、
力を合わせてがんばりましょう。

------------------
日本の表現の自由を伝える会
〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-7-9
チサンマンション丸の内第2 303
TEL:052-953-8052 FAX:052-953-8050
 http://hyogen-tsutaeru.jimdo.com/  seiko.unhr.foe@gmail.com



[PR]
by 9joukanren | 2016-05-29 10:09 | お知らせいろいろ


<< 「BS朝日ザ・ドキュメンタリー... 5・21「国の暴力を許さない!... >>