5/10 秘密法廃止市民ネットとやま 共謀罪法案の危険性街頭行動報告

10日夕、「秘密法廃止市民ネットとやま」は、
共謀罪反対の街宣活動をしました。
 なお、写真は当会の伊藤厚志さん撮影によるものです。
     ⇩ 
b0245151_1032294.jpg

  共謀罪の国会審議が再開されようとしている前の
 5月10日夕方5時半から、
 「秘密法廃止市民ネットとやま」は、
 富山駅マリエ前で、反対の街宣活動をしました。
 当会がつくったリーフレットを、
 参加した当会とオールとやまのメンバーら10数人で
 帰りを急ぐ人たちに配布、
 約1時間で450部以上を手渡しました。

 雨の中、心を込めての配布に、
 ときには、受け取りを拒む人たちもいましたが、
 めげずに手渡し、高校生らも含めて受け取りました。
 ハンドマイクを使い、
 当会の旗をバックにメンバーら5人が代わる代わる
 共謀罪の危険性について触れ、廃案に持ち込もうと訴えました。
b0245151_1032493.jpg

 共謀罪が怖いのは、共謀や準備行為の取り調べのために
 警察が恣意的に盗聴したり、密告を促したりすることによって、
 疑心暗鬼の社会になることです。
 市民・組合活動などが委縮し、監視社会になってしまうことが
 予想されること、戦前の治安維持法の再来になることです。

 12日にも、同じ時間帯にCiC前で、
 オールとやま主催で街宣活動を計画しています。




[PR]
by 9joukanren | 2017-05-11 10:26 | お知らせいろいろ


<< 5/12 オールとやまの共謀罪... 「希望のたね基金」発足のお知らせ >>