5/12 オールとやまの共謀罪反対街宣の報告、今後の日程

 オールとやま県民連合は
5月12日夕、JR富山駅CiC前広場で、メンバーら20人が参加し、
共謀罪反対の街宣とリーフレット配布、
署名活動に取り組みました。
リーフレットは約50分の間に400枚超を配りました。
b0245151_1943697.jpg

 初めに共同代表で弁護士の水谷敏彦さんがマイクを持ち、
テロ等準備罪という名の共謀罪法案は
市民の反対で過去3度廃案になっているものと
本質的には変わっておらず、
内心の自由・思ったり考えたりすることが罰せられ、
警察の恣意的取り調べを許すことになる―などの問題点を指摘。

上田俊彦共産党県委員長、
自由党県連の広野ただし代表らが、
「アベ首相 が憲法9条の改悪に言及し、
  戦争する国づくりにまっしぐらに突き進んでいる」
「市民と野党の共闘で安倍政権を打倒しなければならない」など
と訴えました。
b0245151_9553652.jpg
b0245151_9555232.jpg

ついで、
b0245151_19435846.jpg

泊・横浜事件の研究者・金澤敏子さんが、
泊町(現朝日町)の旅館・紋左で撮影した1枚の記念写真を掲げ、
治安維持法違反として関係者を次々逮捕し、
拷問で4人が獄死した事例を挙げ、
「共謀罪は、かつての治安維持法と同じで、冤罪を生む」と警告しました。

 共謀罪法案の国会審議は週明けから本格化し、
与党はまた強行採決を目論んでおり、正 念場を迎えます。

 県内では、全国の反対運動の動きに呼応して

13日午後にも、高岡でデモ行進が計画されています。
16日に富山でCIC 前を拠点に昼デモ、
18,19日には、県庁前広場で座り込み、
20日には、射水市で集会とデモ行進、
21日には、同CiC前広場で女性のレッドアクションアピールに続き、
     共同行動実行委主催で集会・パレードが予定されています。





[PR]
by 9joukanren | 2017-05-13 06:36 | お知らせいろいろ


<< 5/13 高岡で共謀罪反対のデ... 5/10 秘密法廃止市民ネット... >>