5/18 座り込みと沖縄キャラバン隊の動きについて

b0245151_2126692.gif18日の座り込みと、沖縄キャラバン隊の動きについて報告します。

       ⇩
 平和運動センターなど主催の共謀罪反対座り込みが
5月18日、県庁前噴水公園にテントを張って始まりました。
b0245151_21451867.jpg

午前10時過ぎから、組合員や市民らが駆け付け、
共謀罪反対のゼッケンを付けて座り込みに入り、
リレートークやアピールで、共謀罪法案の危険性に触れ、
何としても阻止しなければならないと、訴えました。
b0245151_21442325.jpg

 午後1時過ぎには、
沖縄意見広告運動のキャラバン隊一行4人が
テントを訪問、キャラバン隊の趣旨を説明、
沖縄の闘いを本土のみなさんに知ってもらい
共有していきたいなどとアピールしました。
b0245151_214336.jpg


 ついで、キャラバン隊のつなぎ役を担った
「ゆいま~る??とやま沖縄つなぐ会」がつくったパネルを使って、
沖縄の置かれた実情について説明、
沖縄にある基地すべてを富山市に当てはめると、
旧市内が埋まってしまうほどの面積を占めていること
などを明らかにしました。

b0245151_21225242.gif
 このあと一行は、場所を富山駅マリエ前に移し、
道行く人たちに、共謀罪の危うさと併せ、
沖縄について理解を深めてほしいと訴えました。

 「オールとやま」や
「男女賃金差別をともにたたかう会」のメンバーらも加わり、
「ゆいま~る」がつくった、沖縄の米軍基地や
辺野古埋立て計画の実情などを解説したチラシと共謀罪リーフを
配りました。
共謀罪リーフは、約300枚手渡しました。
受け取る割合が、4月末ごろから比べると、次第に多くなってきており、
法案
の問題の深刻さが日を追って理解されていく感じがしています。

 県庁前の座り込みは19日も予定しています。

 20日には、射水市大門で集会とデモ、
 21日には 富山駅前で女性のレッドアクション、
      共同行動実行委による集会とパレードが計画されています。


b0245151_21232153.gifb0245151_21234226.gifb0245151_21235995.gif
b0245151_2125302.gif






[PR]
by 9joukanren | 2017-05-19 21:08 | お知らせいろいろ


<< 共謀罪反対行動。正念場の闘いが... 【報ステ】テロ対策か?“共謀罪... >>