共謀罪反対のキャラバン行動3日目

オールとやまの共謀罪反対キャラバン行動第3日の報告です。
    ⇩

 5月29日から始めている「オールとやま」の
共謀罪反対キャラバン行動の第3日は、
6月2日、射水市太閤山のパスコ前からスタート。
旧小杉・大島・新湊を経て、
午後からは、氷見、高岡、射水市大門―など
8地区を順に回りました。

各地で、オールとやまのメンバーら延べ80人前後が迎え、
プラカードを掲げたり、リーフレットを配ってアピール しました。

b0245151_2374215.jpg

各地区で、オールとやま共同代表の水谷敏彦さん、
立憲野党の自由党県連代表・広野ただしさん、
日本共産党呉西地区委員長の坂本ひろしさんほか、
各市の議員やオールとやま世話人らがマイクを手に、
「共謀罪法案は内心の自由を警察が監視することになる。
  憲法でも第19条で“侵してはならない”と明記している。
  密告も奨励し、 冤罪を生むことになる。
  国連からもプライバシーを侵す恐れありと指摘されており、
  テロ防止とは無縁の法案だ。廃止するしかない」と、
口々に訴えました。

 通りかかったドライバーからクラクションを鳴らしたり、
 手を振るなどの応援もあり、

時折雨も降る中、
午後3時半過ぎまでの日程を予定通り実行しました。
アベ政権は、参院でも強行採決する構えのようです。
数多くの疑念が指摘され、議論も深まらないまま、
“慎重に”との世論も無視して強行となると、
民主主義が破壊されます。
 何としても、国会内外の力を結集して、
廃案に持ち込みたいものです。
 
 キャラバン第4日は5日、砺波・小矢部を回ります。

b0245151_2316035.gif







[PR]
by 9joukanren | 2017-06-02 23:01 | お知らせいろいろ


<< 共謀罪反対のキャラバン行動4日目 共謀罪反対のキャラバン行動2日目 >>