6/19 共謀罪反対 県民集会第2弾

19日夕の共同行動の報告です。
    ⇩

 「ウソつき政権がつくった法律は認められない」
―6月19日開いた共謀罪阻止、戦争法廃止!
         県民集会第2弾(共同行動)で、
主催者あいさつに立った坂本義夫弁護士が、
強行採決に厳重抗議しました。
 午後6時半、富山駅CiC前広場に集まった約200人が
連帯あいさつ、リレートークに拍手し、
集会アピールを採択しました。

b0245151_2349293.jpg


終わりに「共謀罪NO!」のボードを一斉に掲げ、
共謀罪と秘密法、安保法制・戦争法の各廃止と
アベ暴走政権打倒を確認しました。

集会の後、パレードに移り、
「共謀罪は絶対反対」「自由に話せる社会を守れ」
「憲法改悪絶対反対」-などとコールし、市民に訴えました。

 連帯あいさつに立った「オールとやま」の
川原登喜の共同代表は、
「オールとやま」が、5月末から6月16日まで、
県内各地へ街宣車で出かける共謀罪反対のキャラバン行動を敢行、
合わせて8日間をかけ巡回したことを報告しました。

 このキャラバン行動は、
4月26日開いた立憲4野党間協議で問題提起を受け
企画したものです。

 集会からパレードへ。
労働組合や市民団体ののぼり旗が林立し、
かなり幅広い団体・個人の集まりであることがうかがえました。





[PR]
by 9joukanren | 2017-06-19 23:43 | お知らせいろいろ


<< 7/1 全国憲法研究会シンポジ... 6/18 「共謀罪」に NO!... >>