7/11 富山の「共謀罪法施行」抗議行動

 Dです。
 共謀罪法施行の11日の富山での行動です。
市民は怒っています。
Facebook にあげたメッセージを転載します。

 共謀罪法が施行された11日昼、
富山駅CiC前広場周辺で、
共同行動による抗議のスタンディングアピールが行われました。
主催者発表で約80人が参加しました。実数です。

 共謀罪法は、テロ等準備罪となっていますが、
テロとは全く無関係です。
ところが、アベ政権のうそとデタラメの主張に、
まんまと騙され続けている人たちがいまだにいることも事実です。
こちら側の力不足と反省もしなければなりませんが、
今日はそれでも熱く語り、抗議のボードなどを力強く掲げてアピールしました。

「国民を監視・抑圧する共謀罪を許すな」
「守ろうモノ言える社会」
「廃止求め闘い続けるぞ」のほか
「国政私物化、横暴政治、安倍政権の退陣求める」の
横断幕もあって、主権者市民の怒りがいかんなく発揮されていました。

b0245151_2381652.jpg


 リレートークでは、
共同行動の実行委員メンバーをはじめ、
政党関係者・労働組合役員、
レッドアクション実行委のほか、
「オールとやま」からも、
共謀罪で「私たち 市民は『共謀罪』に負けません」の抗議声明を発したこと、
共謀罪法の廃止を求めるためにも、
市民と野党の共闘が大切であることを強調しました。

 「オールとやま」は、アベ政権の憲法改悪攻勢もにらみ、
近く改めて野党との共闘に向けた具体策を話し合います。
これとは別に、市民団体のスクラムづくりも急がねばなりません。






[PR]
by 9joukanren | 2017-07-11 23:08 | お知らせいろいろ


<< Nスペ動画・南スーダンでの自衛... 【抗議声明】 私たち市民は「共... >>