アベ改憲の真の狙いは?

 安倍首相は、
 28日に解散総選挙を表明することを明らかにしました。
 暴挙です。

 自分の保身・自己の難局を国難にすり替えて
総選挙に持ち込むのは、国政私物化の極みです。

 北朝鮮のミサイル発射を利用して、
新幹線を止め、子どもたちを“ダンゴ虫“にして避難させるのは、
国のリーダーのすることではありません。

 やるべきことは、
休戦状態の北朝鮮とアメリカに不戦条約を結ばせ、
戦争をなくす努力を続けることです。
東アジアを戦争しない地域にすることにこそ汗をかくべきです。
平和を求める世界の目標である日本国憲法9条が生きてきます。

 ミサイルを飛ばさせない努力こそが、平和国家日本の役割でしょう。

 IWJは、日刊ガイドで
アベ改憲の真の狙いは、緊急事態条項―だと警告しています。
 長くなりますが、下記ご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  アベ改憲真の狙いは、緊急事態条項
              日刊IWjガイド 2017・9・26 

この選挙、リベラル系メディアの多くは
「森友・加計問題隠し」として報じ、
「9条の危機」を危惧する姿勢を見せていますが、
安倍政権の真の狙いは「緊急事態条項」の加憲です!

 瀬戸際とはいえ、日本は現状「民主主義国家」です。
しかし選挙で改憲勢力が2/3を超え、改憲が現実のものとなれば、
政権は私達の「主権」そのものを奪いにかかってきます。
それが、
麻生副総理がかつて「ナチスの手口に学べ」と口をすべらせた、
事実上の独裁条項というべき「緊急事態条項」の加憲です。

この条項が成立し運用させてしまったら、
私たちは自由を失い、もう後戻りはできなくなります。
しかしマスメディアも野党も、その多くはこれを口にはしません。
政権とメディア、そして共闘を拒む野党のいずれにも、
岩上さんは激しい危機感を感じ、連投ツィートをしています。
少し長くなりますが引用します。

 「危機を煽りながら、その危機の最中に政治空白を作る。
  解散権を濫用した安倍総理に、政治家としての資格はない。
  森友・加計隠しだけが狙いではない。
  この解散総選挙の公約に、
  自民党は4つの改憲項目を掲げる見込みである。
  これが要注意だ。

  その公約には9条への自衛隊の明記とともに、
  緊急事態条項が盛り込まれる。
  教育の無償化、参院の合区という
  改憲せずとも実現可能そうな話とともに、
  緊急事態条項という、最も究極的な永久独裁条項を
  こそーっと混ぜて出しているところを見逃してはならない。

  政治家もマスコミも、有権者も、
  改憲といえば9条の話ばかりに飛びつく。
  そして9条の護持か、改正かが、
  最も大きな政治的対立軸であるかのように論じ合う。
  その結果、前原氏のように9条改正論者は、
  共産党とは組めないなどと野党共闘にブレーキを踏む。

  だが、それは端的にいっておかしい。
  より深刻で、緊急性があるのは、自民党案の緊急事態条項である。
  各国の憲法に同様の緊急事態条項がある、
  などというのはまやかしである。
  どんな国にも、緊急事態宣言発令を限定する
  厳しい要件と期間と解除の規定がある。

  自民党の緊急事態条項の草案には、
  それらの厳格な要件も期限も解除の規定もない。
  いったん総理が緊急事態だ、と判断すれば、
  議会の事前承認なく発令できてしまい、
  発令されたが最後、国会も地方自治も無力化され、
  全国民の基本権が否応なく制約されてしまう。」

 全文を以下に記事化していますので、
 ぜひこちらもお読みになり、
 拡散をお願いいただきたいと思います!

※【岩上安身のツイ録】
  解散総選挙で安倍政権の真の狙いは
  緊急事態条項という「永久独裁条項」の加憲!!
  ファシズムはすべての人を蝕む。
  今は小異を捨てて大同につき、
  改憲勢力の2/3確保を阻止すべし!!
                  2017.9.25

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/398877

 また緊急事態条項について、
 IWJは長く取材、報道を続けています。
 9月25日には、
 ナチス研究の第一人者の石田勇治東大教授との対談
        『ナチスの「手口」と緊急事態条項』

        ( http://amzn.to/2huV1pK )

を出版した気骨の憲法学者、長谷部恭男・早稲田大学教授に
インタビューを行いました。
こちらは9月28日21時からの配信予定です! ぜひ御覧ください!

----------------------------
【録画配信・IWJ_Youtube Live】

https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

衆院解散でいよいよ現実に!? ナチスの「手口」と緊急事態条項
岩上安身による早稲田大学教授 長谷部恭男氏インタビュー
[配信日時] 2017年9月28日(木)21:00~
----------------------------

 こちらは特集ページもあります。
こちらもぜひご視聴いただき、ご自身の目で
その恐るべき真の姿をお確かめになっていただきたいと思います!

※これこそ「ナチスの手口」! 
  9条を含めすべての現行憲法秩序を眠らせ、
    日本改造を行う「緊急事態条項」 この上ない危険性!!

http://iwj.co.jp/wj/open/%E7%B7%8A%E6%80
%A5%E4%BA%8B%E6%85%8B%E6%9D%A1%E9
%A0%85%E7%89%B9%E9%9B%86


b0245151_2150263.jpg




[PR]
by 9joukanren | 2017-09-27 21:41 | お知らせいろいろ


<< 安倍か小池ではありません 9/23 改憲を許さない! 射... >>