市民連合の見解

解散総選挙に伴い、情勢が混とんとしています。

 市民と野党共闘の立ち位置はびくともしませんが、
市民連合が、見解を発表しましたので添付します。
b0245151_22591323.jpg

オールとやまも、この見解と同じです。

 したがって、富山1区で、希望の党候補とは、スクラムを組めません。
 2区、3区は、先の確認通りですが、
 1区は新たに候補者をどうするかの議論が必要です。
 4日に政党間協議が開かれますので、議論します。

 民進党のリベラルの方々は、
 早急に新しい政党を立ち上げ、
 市民と野党の共闘の輪に加わっていただきたいものです。






[PR]
by 9joukanren | 2017-09-30 22:42 | お知らせいろいろ


<< 新しい動き 安倍か小池ではありません >>