レイバーネットTV、中野晃一さん大いに語る

中野晃一さんが「負けないあきらめない闘い」をつくっていこう、
と呼び掛けています。
 勇気が出てきます。転送します。

   ⇊

-----Original Message-----

Subject: レイバーネットTV、中野晃一さん大いに語る

Matsuです。

きのうのレイバーネットTVの報告です。
若干「放送事故」がありましたが、5分ほどで復旧し無事終了しました。
放送後、修正バージョンをアップしなおしました。
中野晃一さんの話は大好評で、投票前に広げていきたいです。
アクセスも多く、修正前と修正後のバージョンをあわせて、
いま現在「500」近くになっています。
なお前段に新企画の「動画ニュース」
「ジョニーと乱のほっとスポット拡大版」をやりました。
こちらもぜひご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●「負けないあきらめない闘い」をつくっていこう
          〜レイバーネットTVで中野晃一さん

「気持ちが明るくなった」「スッキリした」、
10月11日のレイバーネットTVが終わったあとに
ギャラリーから寄せられた感想だった。

この日のテーマは「総選挙をどうみるか、私たちの選択は?」で、
ゲストは「市民連合」世話人の中野晃一さん。
中野さんは「民進党が一夜にして壊され目の前が真っ暗になった」
と述懐。
でも
 「立憲民主党ができたのでホッとした。
  前原氏が党を乗っ取ってしまったので、
  立憲民主党はお金も組織も事務所もない。
  一番厳しいのは時間がなかったことだ。
  でもよくここまで頑張ったと思う。
  それは市民の支えがあったから」と語った。

しかし状況は厳しい。
仮に立憲民主党が全員当選しても「改憲反対勢力」は
今より小さくなり三分の一まで届かない。
中野さんは続けた。
 「安倍政権はいまも三分の二の勢� �をもちながら
  改憲できないのは、国民投票で勝つ自信がないから。
  まだまだ頑張れる。私たちはしぶとく抵抗し、
  勝たなくても“負けない。あきらめない闘い”をつくっていこう」
と呼びかけた。
中野さんの話は、いまの政治状況を考える貴重な問題提起に溢れていた。
                         (M)

・写真速報
http://www.labornetjp.org/news/2017/1011shasin

・放送アーカイブ https://youtu.be/1fDI4LJ0EiA

*特集は25分から

b0245151_23474898.gif





[PR]
by 9joukanren | 2017-10-13 23:35 | お知らせいろいろ


<< 10/9 水島朝穂さん直言「中... 10/5 日比谷集会の報告 >>