カテゴリ:お知らせいろいろ( 334 )

9/15 「共謀罪は廃止できる!」街頭行動 その2 北朝鮮のミサイル発射について

きのうの街頭行動では、ハンドマイクで
北朝鮮のミサイル発射について も触れ、

 「挑発に挑発で応えていたのでは、解決にはならない。
  アメリカに追随し、危機をあおるのではなく、
  日本国憲法が指し示しているように、
  国際紛争を解決するためには、武力を使わない、
  威嚇もしない姿勢を保ちつつ、
  平和的な話し合いで解決する外交努力を
  し続けるべきである 」

などと訴えました。
東アジアを平和ゾーンにする努力が急務です。

 32度目の訪朝から帰ったばかりの
アントニオ猪木参院議員(無所属クラブ)が
日本外国特派員協会で、記者会見、
日本政府に独自外交を要求しています。

 「核戦争まで起こりうる状況に来ている」との懸念を示し、
 「どちらが拳をより高く振り上げるかを競い合っているように見える。
  日本には唯一の被爆国として、
  両者の拳を少しでも下げるような仲介役をしてほしい」ー。
      (日刊IWJガイド9月15日)

 海上自衛隊で司令官を務めた元海将の香田洋二さんは、
15日朝のNHKニュースの中でー

 「その脅威は、対抗武装だの改憲だので解決されるものではない。
  結局のところ、朝鮮戦争が正式に終戦し
  米朝の平和協定が結ばれない限り、
  日本を含む北東アジアは核廃絶の端緒すらつかめない
  ということである。
  日本の市民が本気で怖いと思うのなら、
  なすべきはJアラートで騒動したり、
  『ダンゴムシ』訓練をすることではない。
  朝鮮戦争を終わらせる外交に日本政府が
  本気で乗り出すように促すことだ。
  日本だって実質的な戦争当事者なのだから。」

と発言しています。
b0245151_9591518.gif

 なお、きのう15日は、東京でもアクションを起こしています。
 参考まで。
    ⇊ 
 ★2017年9月15日 21時33分
 「共謀罪」廃止訴え3千人集会 
 「テロ対策とうそつくな」

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017091501002164.html







[PR]
by 9joukanren | 2017-09-16 09:59 | お知らせいろいろ

9/15 「共謀罪は廃止できる!」街頭行動

 15日夕、富山駅周辺で、
「私たち市民は『共謀罪』に負けません」の声明文と
「必要ですか?共謀罪」、
「どうなの?安倍改憲」のリーフレットを配りました。
 
   ⇊

 「私たち市民は『共謀罪』に負けません」-
9月15日夕、富山駅マリエ前周辺で、
チラシと共謀罪・9条改憲のリーフレットを
組み込んで、行き交う人たちに配布しました。
「~負けません」は、県内40団体が賛同しています。

 依然として無関心を装う人のいる半面、
署名したいと積極的に対応する人たちもいて、
世論を反映した人の動きを体験しました。
思考停止の方々も多く見られ、
「おやおや」という思いも抱き、
改めて運動の必要性を強くしました。

 メンバーの弁護士らがハンドマイクで、
今を取り巻く状況のほか、
配布しているチラシやリーフレット「必要ですか?共謀罪」、
「どうなの?安倍改憲」-について説明、
一緒にアベ政権”ノー”の声を挙げましょうと呼びかけました。

 「秘密法廃止市民ネットとやま」主催で、
「オールとやま」や市民活動している仲間らが助っ人で参加、
用意した約350部を50分ほどで配り切りました。
手に「共謀罪はいらない」「九条守る 平和日本」の
手作りプラカードを掲げるメンバーもいて、
法律施行後も委縮しない気概を示しました。

b0245151_9441935.jpg

 19日夕には、CiC前広場で、
共同行動による集会とデモが予定されています。







[PR]
by 9joukanren | 2017-09-16 06:33 | お知らせいろいろ

9/15 「共謀罪は廃止できる!」声明

  9/15 「共謀罪は廃止できる!」抗議声明

b0245151_20224167.jpg


b0245151_20255892.gif

[PR]
by 9joukanren | 2017-09-13 20:20 | お知らせいろいろ

コリアP 2017サンフェスワークショップ「韓国キャンドル革命」上映会報告 

コリアP 2017サンフェスワークショップ
   「キャンドルに誓う私たちの未来」ふりかえり 

●ドキュメンタリー「韓国キャンドル革命」  
       制作・編集 Little Hands
       監修:北村めぐみ
        (韓国手話通訳者・手話講師
          /日本韓国の社会運動に関心を持つ)

● 参加者 17人   スタッフ 5人

● キャンドルデモの諸相
 1.2014年4月16日 セウォル号沈没 304人が犠牲に
                「国家は私たちを守る家」
 2.農村の疲弊と抗議デモする農民の惨死 ぺク・ナムギ氏死亡 
 3.THAAD配備に抗議する星州市民
 4.梨花女子大新学部設置に抗議し、
      学長退陣に至る運動を繰り広げる学生たち
 5.中高生の抗議集会 
      受験競争・親の負担の懸念・希望のない未来   
                「選挙権はなくとも…」
 6.セウォル号 救出された同級生9人の言葉      
                「私たちは自ら脱出した…」
 7.セウォル号 1000日光化門追悼集会 
      (惨事から、人々の生活や政治の在り方を問う)
 8.文在寅大統領就任演説(5月10日)   
          「大統領の在り方・国民との関係を模索」

 * 民主主義国家にあって、希望の持てない現在、
   主権者である国民が自分たちで問題を解決するのだ
   というメッセージと、
   国は国民の安全や福祉のためにあるのだという主張。
 * 文大統領の誓約 
   理想-差別のない社会 
   プロセスの透明性・機会の公平性・結果の正義

●アンケート
1 「闇は光に勝てない」「ウソは真実に勝てない」
  「あきらめず頑張る」このセリフを胸に刻む。
   でも、日本はこんなひどい状況でも、こんなには行動していない。
2 「尊敬する国民のみなさん!」と呼びかける大統領。
   アベに文大統領のツメのアカでも煎じて飲ませたい。
   韓国では言葉が生きていると思いました。
   貴重な映像を見せていただき、ありがとうございました。
3 若い世代を動かすことのできる韓国をうらやましく思った。
  日本に住む私たちは、もっと若い世代に伝えなくてはいけないし、
  それは、若い世代の保護者世代の責任だと思った。
4 日本人には、まだ朝鮮を植民地にしていたことによる
  差別感が残っている。
  差別されたがゆえに反発する力が湧くのか? 
  その見方は失礼とは思いますが。。。
5 これだけの人、とくに若者が動くのは、
  どのような教育がなされているのだろうと思った。
  文大統領の言葉による差別、正義、正直などの言葉で、
  日本の政治家からは聞くことができない概念が多くあった。
  /民主制が強調されていたのを見て、
      天皇制も若干関係していると思った。
6 ワークショップに参加されている皆さんが、
  ご自身の意見をもっていろいろなことに向かい合って
  おられることを素晴らしいと思いました。
  聞かせたいただきありがとうございます。

  ネットにはたくさんの韓国の動画があるとのことでしたが、
  最新の日本語の字幕を付けていただいたものを見ることができて、
  大変佳い時間になりました。
  ビワのこころづかいになごやかな空気が作られて、
  会もより意義が増していったようにも感じました。
7 日本のメディア(新聞・TV・ラジオ)では
  紹介されていないinf.があり、見てよかった。
  日本は平和ボケしていて、安倍自民党が与党で、
  マスコミがコントロールされているらしいので、
  このような機会に映像が見られてよかった。
  韓国の人たちのパワーがすごいと思いました。

*日本の運動には歌が足りない!という意見に
  大いに沸きました。    
                 (文責 Ho)
b0245151_10141360.jpg





[PR]
by 9joukanren | 2017-08-28 23:00 | お知らせいろいろ

9/3、9/18 「ニュースの真相」上映会の資料

b0245151_9552330.jpg
b0245151_955444.jpg
b0245151_9555864.jpg


b0245151_9541023.jpg
b0245151_9543512.jpg

[PR]
by 9joukanren | 2017-08-25 09:36 | お知らせいろいろ

8/22 改憲の阻止!違憲の三法は廃止!共同行動による スタンディングアピール

22日の共同行動の報告です。⇊

 8月22日昼、富山駅CiC前広場で
共同行動によるスタンディング・アピールがありました。
安倍改憲阻止!、違憲の三法は廃止、
暴走する安倍政権を倒そう―との呼びかけで、
手にプラカード・ボードなどを持った約70人が参加しました。
三法とは、秘密法、安保法制、共謀罪法のこと。

いずれも憲法違反であることは明確で、
とりわけ、9条改憲によって、
現行9条に自衛隊を明記することを許せば、
違憲の安保法制を追認することになる、との危機感から、
全国で市民連合を中心に、総がかりの取り組みが続行中です。

 スタンディングでは、
安保廃棄県実行委員会の松浦事務局長が司会進行を務め、
レッドアクション、県教組、自由法曹団、新日本婦人の会
-などからメッセージがあり、道行く人たちに訴えました。

傍らで、「共謀罪は必要ですか?」や「どうなの?安倍改憲」
-のリーフレットを配る人もいて、
約30分間、アベ暴走政権ノーの意思をアピールしました。

 「オールとやま県民連合」からも、
市民と野党の共闘の現状について報告、
民進党が代表選を展開中で、結果は野党共闘に微妙
に反映することも併せお伝えしました。
いずれにしても、
野党の共闘なくして、状況は切り開かれないことは明白です。

b0245151_10563566.jpg


 9月10日には、
市民連合の全国市民意見交換会があります。

 27日には、
女性のレッドアクション・アピールが同所で予定されています。



[PR]
by 9joukanren | 2017-08-23 12:44 | お知らせいろいろ

8/20「9条改憲反対!」射水でも の報告

きょう、射水でも実行委員会の集会とデモを行いました。
以下、その模様です。

 8・20「9条改憲反対!射水デモが
20日午後4時、旧新湊庁舎駐車場で集会を開き、
同市内をデモ行進しました。
射水でも実行委員会による月1回の共同行動です。
来月は、23日(土)午後3時から、
大門総合会館第3駐車場です。

 射水市議の澤村理さんの司会進行で開会、
私がいつものようにオールとやまの取り組みについて報告、
市民と野党の共闘の現状についてお伝えしました。
立憲野党4党のうち、民進党県連を除く3党には、
7月に直接代表らにお会いし、趣旨を説明、同意をいただいていますが、
民進党は代表選が9月1日にあることから、
態度を明確にできないとしています。

 このため、盆明けの8月17日、
民進党県連事務所をお訪ねし、たまたま居合わせた幹事長に趣旨を説明、
協力をお願いしました。共闘には基本的に異論は挟まないものの、
今は態度を明確にできないと繰り返していますので、
代表が決まった段階で改めて協力をいただきたいことをお伝えしました。
衆院選各選挙区で、野党が並び立つことは得策ではないことは一致しています。
市民と野党の共闘については、9月10日に
「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」の
「第4回全国意見交換会」があり出席する予定です。
 
 集会ではこの後、浄土真宗本願寺派の浜野信宏さんがスピーチしました。
北朝鮮に拉致された人が射水市内におられ、その母親が先日亡くなった。
拉致問題が一向に進まない状態のまま、
「敵基地先制攻撃」などと防衛大臣が口にする。
防衛強化より、やるべきことがたくさんある。
嘘ばかり言い募る安倍政権。私たちの課題は、
お任せ民主主義からの脱皮だ。
主権者としての意思表示を選挙でしっかりと示さなければならない
―などと力強く話されました。

 続いて、参加者のフリートークに移り、
核兵器の廃絶や孫が戦争に行くような国にしてはならない
―などの発言が相次ぎました。

 このあと、浜野さん、澤村さん、射水市議の津本二三男さんを先頭に
デモ行進に移り、同共同代表の坂本ひろしさんのリードで
「戦争法は今すぐ廃止」「共謀罪は絶対反対」
「自由に話せる社会を守れ」「憲法守れ・人権守れ、平和を守れ」
-などとコールしました。

b0245151_9531257.jpg



 

 
[PR]
by 9joukanren | 2017-08-20 22:43 | お知らせいろいろ

佐川国税庁長官の罷免を求める1万人署名運動:森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会 事務局

みなさま
すでに署名をした方もいらっしゃるかもしれませんが、
下記の署名呼びかけのメールを転送します。
よろしければ署名をお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
このメールは安倍昭恵氏ほかの国会証人喚問を求める要望署名

http://bit.ly/2rdgyXe

の賛同者に加わって頂いた方々にBCCでお送りしています。

(署名済みの方や重複の場合はご容赦ください。)
(発信者:森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会 事務局

http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/   )

佐川宣寿国税庁長官(前財務省理財局長)は
国会で「森友問題」の答弁で「知らぬ存ぜぬ」「資料はハイキ」
「売却価格を決める前に具体的金額を出して交渉していない」
と明言していました。
しかしNHKのスクープや籠池氏の録音データにより
この答弁が完全な虚偽であることが明らかになってしまいました。

そこで私達 森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会では
「佐川国税庁長官(前理財局長)の罷免を求める1万人署名運動」
をやっています。
(詳しくは 佐川国税庁長官(前理財局長)の
 罷免を求める1万人署名運動にご協力ください。  
 : 森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会

http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/1-2e8c.html   )

8/1日から8/14日の2週間で1万人を目標にしています。
皆様方にもご検討いただき
ご賛同及び知人・友人に拡散希望していただければ幸いです。
ネット署名フォームのURLは

http://bit.ly/2uCtQkK 

です。
8月7日現在 署名数は1923筆(ネット署名)となかなか拡がっていきません。
ご配慮のほどよろしくお願いいたします。
--------------------------------------
日刊ゲンダイと田中龍作ジャーナルで紹介されました。

佐川国税庁長官に森友“虚偽答弁”疑惑
     市民団体が罷免活動|日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/210877

田中龍作ジャーナル |
    【森友疑惑】佐川国税庁長官 罷免求める署名

http://tanakaryusaku.jp/2017/08/00016430

-----------------------
■署名運動のポイント■
国税庁長官の任命権者である麻生財務大臣宛に
次のことを申し入れるというものです。
 日本国憲法第15条第2項が
「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、
          一部の奉仕者ではない」
と定めた公務員の適格性を
著しく欠く佐川宣寿国税庁長官を直ちに罷免すること

■なぜ佐川氏の罷免要求をするのか?■
 下記の署名用紙に3つの理由を挙げていますので、ご覧ください。
署名用紙は、

http://bit.ly/2ub1F8W 

をダウンロードしてご覧のうえ、お使いください。

■なぜ今、罷免要求なのか?■
 *真相を隠したウソの国会答弁は許されない!
7月25日以降のNHKほかの報道により、
佐川氏が国会で虚偽答弁をしたことが明らかになりました。
(詳しくは署名用紙の(1)をご覧ください。)

 *トカゲのしっぽ切りは許されない!
籠池夫妻を逮捕、取り調べるだけで
国有財産を不当な格安で売却した近畿財務局の違法行為、
そうした行為の証拠となる交渉記録を廃棄した行為を
かばい続けた佐川氏を糾さないまま、
佐川氏を、国民の納税財産を預かる国税庁長官にとどめるのは
カゲのしっぽ切りであり、許されません。

■署名の方法は?■
 *署名の集約日は8月14日です。署名は次のいずれかでお送りください。

用紙の郵送:〒134-0083
        江戸川中葛西五郵便局局留 視聴者コミュニティ
                         渡邉 力 宛 

 *ネット署名:下記URLの<以下はネット署名です>のところに記入して
        「送信」をクリックしてください。メッセージもお願いします。
ネット署名フォームの短縮URLは

http://bit.ly/2uCtQkK

です。

 *この署名に関するお問い合わせは次へお願いします。
E・メール:

   moritomosimin@yahoo.co.jp
 
お急ぎの場合は、電話:070-4326-2199(10時~20時) へお願いします。
詳細は 

http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/1-2e8c.html
 
国政と国有財産を私物化した政府、近畿財務局を
必死にかばい続けた佐川前理財局長に対する
私たち主権者の怒りの声を結集しましょう!








[PR]
by 9joukanren | 2017-08-08 21:48 | お知らせいろいろ

7/22 共謀罪廃止の集会と射水でもデモの報告

 7・22「共謀罪廃止!射水デモ」が
7月22日午後3時から、
射水市の歌の森運動公園広場で集会を開き、
炎天の下、一条町内までの約2キロをデモ行進しました。
共謀罪法が施行されて1週間、
「私たち市民は『共謀罪』に負けません」の気概を示しました。

 集会で、
「オールとやま」からは、
21日に行った野党・社民、自由、共産3党の幹部に要請した件について報告、
衆院3選挙区で、オールとやまと各野党の地区委員長らと定期・不定期
に協議する場を設けることの合意について説明しました。
各党で組織討議ののち、オールとやまに各党の「責任者名」などを
教えていただくことになりました。
民進・政策チーム光とは日程調整ののち、要請します。

 次いでリレートークに移り、
富山大名誉教授・渡邊信さん、同・穴山彊さんのほか、
射水でも実行委員で僧職の菊池正人さん、津本二三男さんらが
スピーチしました。
安倍政権のうそとデタラメの答弁などが続いており、
政治が劣化していること、
この70年、平和憲法によって私たちの生活が守られてきたこと、
市民と野党の共闘によって安倍政権を打倒しなければならないこと
など、力強くアピールしました。
b0245151_9305439.jpg

 デモ行進は、
射水でも実行委員の坂本洋史さんのリードで
小太鼓なども入れて軽快なタッチでコールしました。
「アベやめろ」の連呼にはみな力が入り、
通りかかったドライバーからは、クラクションを鳴らすケースもあり、
思いを共有しました。

 来月8月は、20日(日)午後4時から
旧新湊庁舎前で集会ののち、デモ行進します。






[PR]
by 9joukanren | 2017-07-23 23:24 | お知らせいろいろ

7/16 報告:レッドアクションと憲法24条関連学習会

 きょうの女性のレッドアクション実行委主催による
スタンディングと学習会の模様をお伝えします。

 思想・信条の自由を侵す「共謀罪」に抗議!
-ー7月16日昼、富山駅周辺で
 女性のレッドアクションとやま実行委のスタンディングが行われ、
 引き続き、CiCビル3階で
 「憲法24条を変えさせない!」のタイトルで
 学習会が開かれました。

 この日のアクションは、2015年5月以来26回目。
リレートークでそれぞれが、共謀罪法が施行されても市民は委縮せず、
これまで以上に活動を続けていくことを強調、
「9条改憲は許さない」
「市民と野党の共闘で改憲阻止」
「アベ政権は直ちに退陣」
などとコールしました。

b0245151_2114310.jpg

 学習会では、同世話人の斉藤正美さんが
「~政府が家族の形を決めたらどうなる!?」と題して
パワポイントを使って説明。
安倍政権の後ろ盾になっている日本政策研究センターの改憲戦略では、
9条に3項を入れ、緊急事態条項の新設などと並び、
13条、24条に家族保護規定を入れているなどと紹介。
個人より家族を優先する動き、
家族の中の序列や役割分担にこだわる傾向が強いと警告しました。

安倍政権の婚活支援策もこの流れの中にあり、
自治体の三世代同居奨励や子宝モデル表彰など、
「家族の形」の押しつけがすでに始まっている、と注意喚起しました。

 この後、学習会に参加した各分野で活動しているメンバーらが
関連した状況について 報告、意見交換しました。
 それぞれ体験に基づく報告だけに説得力があり、
なるほどとうなずくことばかりでした。感謝。






[PR]
by 9joukanren | 2017-07-16 22:49 | お知らせいろいろ