<   2015年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

3 強行採決目前! 安保法案 緊急特集~

 (つづき3)

◆中継番組表◆
本日のIWJの中継番組表をお送りします。
あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。
また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、
ご了承ください。

**2015.9.16 Wed.**

【IWJ_AOMORI1】12:15~
「戦争法案廃案!安倍政権退陣!みんなでとめよう!!『戦争法案』青森集会」

視聴URL: http://www.ustream.tv/channel/iwj-aomori1

※青森県九条の会ほかが主催する、安保関連法案反対を訴える青森集会を中継します。


【Ch4】13:00~
「参議院平和安全法制特別委員会 地方公聴会・神奈川」

視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

※神奈川県内で開催される、平和安全法制特別委員会の地方公聴会を中継します。


【Ch5】13:00~
「戦争法案採決阻止!横浜地方公聴会緊急抗議行動ーカメラ1」

視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

※神奈川県内で開催される、横浜地方公聴会緊急抗議行動を中継します。


【Ch6】13:00~
「戦争法案採決阻止!横浜地方公聴会緊急抗議行動ーカメラ2」

視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

※神奈川県内で開催される、横浜地方公聴会緊急抗議行動を中継します。


【Ch7】13:00~
「日本外国特派員協会主催
  SEALDsメンバー・奥田愛基氏、本間信和氏、芝田万奈氏 記者会見」

視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=7

※「日本外国特派員協会」主催の
 「SEALDs」メンバー・奥田愛基氏、本間信和氏、
               芝田万奈氏らによる記者会見。


【IWJ_OSAKA1】14:00~
「橋下徹大阪市長 定例会見」

視聴URL: http://www.ustream.tv/channel/iwj-osaka1

※橋下徹・大阪市長の定例会見を中継します。


【Ch3】14:30~
「原子力規制委員会 田中俊一委員長 定例会見」

視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=3

※原子力規制委員会 田中俊一委員長による定例会見を中継します。


【IWJ_KYOTO2】18:00~
「止めるぞ安保法制!届けこの声!四条河原町10時間マラソンスピーチ大会」

視聴URL: http://www.ustream.tv/channel/iwj-kyoto2

※四条河原町マルイ前で行われる、
    「10時間マラソンスピーチ大会」を18時より中継します。


【IWJ_NIIGATA1】18:00~
「戦争法案の強行採決を許さない!緊急県民大集会」

視聴URL: http://www.ustream.tv/channel/iwj-niigata1

※「戦争法案廃案!総がかり行動@新潟」が主催の
          県民大集会。新潟駅南口広場で行われる。


【Ch6】18:00~
「立憲デモクラシーの会 緊急リレートーク『違憲の安保法制に抗する!』」

視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

※「立憲デモクラシーの会」主催の緊急リレートークを中継します。
     発言予定者は樋口陽一氏、長谷部恭男氏、高見勝利氏ほか。


【IWJ_AICHI1】18:30~
「SEALDs TOKAI 強行採決に反対する緊急街宣アピール」

視聴URL: http://www.ustream.tv/channel/iwj-aichi1

※名古屋駅西口噴水前広場で行われる、
  「SEALDs TOKAI 強行採決に反対する緊急街宣アピール」を中継します。


【IWJ_OSAKA1】18:30~
「『ほんまやばいでTPP』講演集会」

視聴URL: http://www.ustream.tv/channel/iwj-osaka1

※「ほんまやばいでTPP実行委員会」主催の講演集会。
   講師は同志社大学大学院教授の浜矩子氏。


【IWJ_KYOTO1】18:30~
「戦争をさせない京都1000人委員会デモ」

視聴URL: http://www.ustream.tv/channel/iwj-kyoto1

※京都市役前から行われる、安保関連法案に反対を訴える
   「戦争をさせない京都1000人委員会デモ」を中継します。


【Ch4】18:30~
「安保法案に反対する国会前抗議行動 SEALDs・総がかり行動実行委員会 ―固定カメラ」

視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

※「SEALDs」・「総がかり行動実行委員会」主催の
         国会前抗議行動。こちらは固定カメラです。


【Ch5】18:30~
「安保法案に反対する国会前抗議行動 SEALDs・総がかり行動実行委員会 ―遊軍カメラ」

視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

※「SEALDs」・「総がかり行動実行委員会」主催の
         国会前抗議行動。こちらは遊軍カメラです。

つづく



[PR]
by 9joukanren | 2015-09-16 15:35 | お知らせいろいろ

2 強行採決目前!安保法案 緊急特集~

  (つづき)
 
■SEALDs奥田愛基さんが国会で意見陳述!

【緊急アップ!9.15意見陳述全文掲載】
「今日は、国会前の巨大な群像の中の一人としてここにきています」
 SEALDs奥田愛基さんが参院で堂々意見陳述「安保法案」に反対を表明!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/264668


さて、昨日は中央公聴会が開かれましたね。
言うまでもなく、こちらもNHKは中継せずでした。

後述人として意見陳述した中に、
SEALDsの奥田愛基さんの姿がありました。
茶髪の髪を黒に戻し、スーツでびしっと決めていた奥田さんは
堂々とした姿勢で臨んでいました。

「政治のことをまともに考えることが馬鹿らしいことだと
 思わせないでください。現在の国会の状況を冷静に把握し、
 今国会での成立を断念することはできないのでしょうか」

国会の外、全国各地のデモや集会に参加する市民、
できない国民の反対の声を、奥田さんは堂々と代弁しました。

「仮にこの法案が強行に採決されるようなことがあれば、
 全国各地でこれまで以上に声が上がるでしょう。
 連日、国会前は人で溢れかえるでしょう。
 次の選挙にも、もちろん影響を与えるでしょう。
『三連休を挟めば忘れる』だなんて、国民を馬鹿にしないでください」

IWJは、奥田さんのこの意見陳述を速攻で文字起こしし、掲載しました。
NHKがやらないならIWJがやるのです。
どうか、みなさま、この記事を一人でも多くの方の目に触れるように、
友人、知人に大拡散してください!!

そして、公聴会でのすがたそのままに国会前へ現れた奥田君。
いつもどおり、手際よく進行を行い、さらに最後には、
IWJの最もフレッシュな若手の城石愛麻さんが、
たぶん同い年(23歳?)の奥田君へ直撃インタビュー!

こちらも、別のスタッフが真夜中に鬼のような速攻で、
文字起こしをして、記事化しました! ぜひ、ご覧ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・【緊急アップ!9.15意見陳述全文掲載】
  「今日は、国会前の巨大な群像の中の一人としてここにきています」
  SEALDs奥田愛基さんが参院で堂々意見陳述「安保法案」に反対を表明!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/264668


・【緊急アップ!全文掲載】
   国会での意見陳述の手応えは? 9.15国会前抗議終了後、
   SEALDs奥田さんへインタビュー
   「総理は楽観視し過ぎている、
         国民は忘れるどころか抗議の声はもっと強くなる」

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/264954

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この日の中央公聴会では、もう一人、注目を集めた公述人がいました。
それが、元最高裁判事で弁護士の濱田邦夫氏です。

濱田氏は、プロの法律家としての立場から、
政府が安保法制の「合憲性」の根拠として持ち出す砂川判決について、
「これを理由とするということは非常に問題がある」と指摘。

また、公聴会に出席していた国会議員に対して、
「政治家の皆様には、知性と品性と、
 そして理性を尊重していただきたいし、
 少なくとも、それがあるような見せかけだけでも、
 これはやっていただきたい」と諭すように語りかけました。

さらに濱田氏は、法理論における答弁が破綻している現在の
内閣法制局を皮肉って、「今は亡き内閣法制局」と述べるなど、
ソフトな口調の中にスパイスの効いた表現を散りばめて
政府の対応を批判しました。

IWJでは、この濱田氏の意見陳述全文を
Webで公開していますので、ぜひ、ご一読いただければと思います。

----------------------------------------

・【緊急アップ!意見陳述全文掲載】
   「今は亡き内閣法制局」・ 元最高裁判事・濱田邦夫氏が痛烈皮肉!
     中央公聴会で安保法制の違憲性を指摘

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/264771

つづく2





[PR]
by 9joukanren | 2015-09-16 14:45 | お知らせいろいろ

強行採決目前! 安保法制 緊急特集~対米「属国」戦争法案の正体

D です。

下記が圧巻です。 
転送します。参考まで。
  ( 長いので数回に分けてアップします)

強行採決目前!安保法制 緊急特集 ~対米「属国」戦争法案の正体

http://iwj.co.jp/wj/open/feature-anpo

奥田愛基さんの国会での意見陳述、インタビューも。

-----Original Message-----

■■■ 日刊IWJガイド
  「本日の地方公聴会の後、いよいよ強行採決か!?
  『属国戦争法案』の動向をIWJは今日も徹底可視化!
  公聴会の模様と会場外での抗議、SEALDsのFCCJ記者会見、
  国会 前抗議行動もフル中継します!」
               2015.9.16日号~No.1099号~ ■■■
           (2015.9.16 8時00分)

おはようございます! IWJのぎぎまきです。

夏から秋の季節の変わり目を感じる気持ちのよい朝が続きますね。。。。
と、静かな朝に浸りたいところですが、
悲しいかな、全くそんな余裕がない私です。

昨日、日本を元気にする会、新党改革、次世代の党の、与党寄り野党三党が、
与党との修正協議に応じて、採決に応じることで合意しました。
与党単独での採決ではない、という形式が整った、ということです。

本日は横浜で地方公聴会が開かれますが、
そのすぐあとに安保法案が特別委員会で強行採決されるかもしれません。
与党は、反対が6割を超える法案の決議をやはり強行する気らしい。
しかも一気呵成に事を進めようとしているのではないか。
信じられないという思いとともに、緊張が高まります。

私自身ももう牛歩をするしかないんじゃないか、とさえ思っています。
とんでもないですよね。

今日、13時から行われる安全保障関連法案の地方公聴会。
なんと、昨日の中央公聴会に続き、NHKは中継しないと決めたそうです。
これを書いているのが前日の夜なので、
もしかしたら、クレームの電話が鳴り止まず、
朝になったら中継が決定しているかもしれません。

いや、そんな甘い顔はしていられません。
この、日本の安全保障政策が大きく変わるかもしれないという
歴史的な節目を報道しないなんて、NHKはもう完全に地に落ちました。。。
公共放送として、信じられない愚行です。
もう、メディアとしての最低限の責務さえ
果たそうとしなくなったNHKは放っておきましょう!

一つだけ、話題になっている川内博史元衆議院議員の予言(?)ツィートを
紹介しておきます。NHKは採決直前に世論調査を発表し、
安倍内閣数字をあげてくるだろうと予言し、「茶番」だと喝破しました。

https://t.co/vZ4Oec0euF

実際、川内さんの予言が当たってしまうんだから、
私自身を含めて、ぼんやりNHKを信じてきた人は、愕然とします。
そういう素朴にNHKを信じていた人は、きっと全国にたくさんいて、
これまでずっと騙されてきたんだろうなと思うと、
本当に不愉快で、胸が痛み、悔しくてなりません。

IWJは13時から神奈川県横浜市で行われる地方公聴会と
会場周辺で行われる抗議活動を、もちろん中継します! 当然です。

もし、その後、委員会で強行採決が行われたとしても、
国会周辺では別部隊が待機しています。
私たちは歴史の1ページをしっかりと記録し、
国民の声をリアルタイムでお届けします!
IWJの今日の動きにぜひ注目してください!

そして、今日はなんと、時を同じくして、13時から
SEALDsのメンバー3人が、外国人記者に向けて会見を開く予定です。
奥田愛基さん、本間信和さん、芝田万奈さんの3人が
外国特派員協会で何を訴えるのか。こちらも大注目ですね!
IWJはCh7 で配信します!

SEALDsを始めとする国会前で生まれた安保法制反対の国民世論。
IWJが追い続けた5月末からのデモや集会をカテゴリ分けし、
特集ページとしてまとめましたので、ぜひこちらをご覧ください!
公共性に鑑み、特別に期間限定で非会員の方にも
フルオープンにしています!
ぜひ、拡散やシェアもお願いします!
一人でも多くの人に、広めてください!
つづく





[PR]
by 9joukanren | 2015-09-16 14:33 | お知らせいろいろ

NHKの偏向、見逃せません。

NHKの偏向、見逃せません。
転送します。⇩

-----Original Message-----

Subject: NHK「しまだ鮨」の自民党フォロー

Saka です。

私も見た9月13日放送のNHKスペシャル
『緊急生討論 10党に問う どうする安保法案採決』

の自民党に露骨に肩入れする内容が話題になっています。
この番組の司会を務めたNHK解説委員の島田敏男氏は、
徹底して自民党の高村副総裁をフォローし、ヨイショしました。
山本太郎議員や志位和夫共産党委員長の追求を
ことごとく別の話題にそらしました。

島田氏が高村副総裁をかばったのは、
安倍首相から鮨をおごってもらったからです。
「しまだ鮨」「島田スシロー」のあだ名がついています。

その記事です。

(ここから)

NHK「10党生討論」の偏向がヒドい!
自民党・高村副総裁をフォローしまくる司会の
島田解説委員に山本太郎が放った言葉とは...

http://news.livedoor.com/article/detail/10586968/

ライブドアニュース

NHK『日曜討論』(9月13日放送)の"偏向ツイート"が問題になっているが、
その舌の根も乾かぬうちに、またしてもNHKが"安倍擁護放送"を繰り返した。

昨日、本サイトで既報のとおり、『日曜討論』では、
番組に出演した安保法制反対派の憲法学者・木村草太氏の発言を、
番組公式ツイッターアカウントが
"木村氏は安保法案採決に賛成している"というふうに
ミスリードするツイートを行った。
ネット上ではNHKの"安倍チャンネル"っぷりに批判の声が殺到したが、
本サイトの懸念は的中、同日夜9時から放送された『NHKスペシャル』でも、
NHKは露骨に安倍自民党をアシストする姿勢を見せつけたのだ。

「緊急生討論 10党に問う どうする安保法案採決」と題して
生放送された今回の『Nスペ』は、
国会審議が大詰めを迎えるなか、与野党から10人の代表者が集い
安保法案について生討論する、という触れ込みだった。
野党側からは岡田克也民主党代表、松野頼久維新の党代表、
志位和夫共産党委員長のほか
「生活の党と山本太郎となかまたち」の山本太郎参議院議員などが出演。
対する与党側からは北側一雄公明党副代表、そして、
高村正彦自民党副総裁が出演した。

おい、安倍首相はトンズラか?という素朴な疑問は置いておくとしても、
とにかく番組の内容は"酷い"の一言だった。
というのも、司会を担当するNHK解説委員の島田敏男氏による仕切りが
明らかに"自民党寄り"。
高村副総裁が逆ギレぎみにダラダラと喋り続けるのを見守る一方、
野党側からの追及には割って入っていちいち議論の腰を折るなど、
とうてい公正中立とは呼べないシロモノだったのである。

たとえば、高村副総裁が先日青森県での講演で
「国民の理解が得られなくても
 法案を成立させねばならない」と発言したことについて
志位委員長が追及し、論戦の火蓋が切られたかと思いきや、
すかさず島田氏がこう口を挟んだのだ。

「はい! はい! ちょっと待ってくださいね! 高村さん、
 全体の政治論はまた後でやるとして(略)
 今週中の法案の参院での採決に踏み切る方針ですか?」

ようするに、島田氏は、苦しい言い訳に終始する高村副総裁を見かねて、
国会のスケジュールの話題にすり替えてしまったのだ。

このように高村副総裁が興奮したり返答に窮すると、
すかさず島田氏が割って入り、発言者を変えるなどして、
高村副総裁に冷静さを取り戻させるというシーンが
幾度となく繰り返されたわけだが、そのなかでも、
とりわけ邪険とも言える扱いを受けたのが山本太郎議員だ。

そもそも与えられた発言機会自体がごくわずか。
90分の放送時間のうち、たったの3回である。
まず1回目、山本議員は
「戦争法案はアメリカのリクエストであることは
 間違いないわけですよね。高村さん、
 あの最高裁の砂川判決もアメリカのリクエストでしたもんね」と、
日米密約という"爆弾質問"を投下したのだが、
高村副総裁はごまかしの返答。

すると、すぐさま島田氏は
「はい。その指摘についてはまた別の、後の機会で。
(日本を)元気(にする会)、松田(公太)さんお願いします」と、
そそくさと次へ進めてしまう。

2回目の発言の際にはもっと露骨だった。
山本議員は
「集団的自衛権の行使容認、誰が必要としているか、
 要求しているかという話ですけれども、
 さきほどはそれは米軍だという話をしました。
 それは国内にもいます。誰なのか。経団連です」
と、自民党の支持母体について突っ込んだのだが、

これにはなんと、
高村副総裁が一言も発するまでもなく、
島田氏が「はい、山本さん! 各党のご意見も聞いていきましょう」と、
話題を一方的に打ち切ってしまったのだ。

案の定、その後、島田氏が番組の最後まで砂川判決や経団連に
触れることはなかった。
このように、与党が劣勢になりそうな質問には
徹底して論点を白紙化するような島田氏による仕切りを見ていて、
いったいなんのための生討論なのか、
首を傾げた視聴者がほとんどだろう。

そして、この島田氏による"高村アシスト"の最たるものが、
番組開始から1時間が経過しようとしていたときに行われた。

安保法制で自衛隊の活動範囲が「非戦闘地域」から
「現に戦闘行為が行われている場所ではない場所」に
事実上拡大されることのリスクが俎上に載せられたのだが、
そのとき高村副総裁の本音がポロリと漏れた場面があった。

「いままで、自衛隊の活動期間中、たとえば6カ月とか1年とか、
 そういう間に戦闘が行われないと見込まれる地域といっても、
 こんなの神様じゃなきゃわかんないんですよ」
「現実にわかんないからね、安全性を同じように確保するために、
 防衛大臣に安全確保義務として、5日とか2週間とかそういう期間、
 やっている間は戦闘が見込まれない地域ってこと、
 ちゃんと定めてますから。
 それほど(リスクは)高まりません」

つまり、高村副総裁はこう説明しているのだ。
これまでの「非戦闘地域」という概念も
本当に戦闘が行われないかというと
「神様じゃなきゃわかんない」ものだったが、
安保関連法改正で、防衛大臣が活動地域について
一定期間を決めて自衛隊員の安全確保の義務を負う、と。

だが、高村副総裁が言うところの「安全確保義務」は、
あらたな安保関連法案のなかの「重要影響事態法」
「米軍等行動関連措置法」の条文のなかで
明記されていないのである。

つまり、高村副総裁は、
従来の「非戦闘地域」を曖昧なものと印象づけ、
逆に、誰が見ても明らかに
自衛隊の活動範囲が広がる安保法制下でこそ
規定されるかのように発言しているが、
実は真っ赤なウソなのだ。

むしろ、安保法制下では「戦闘地域」という線引きが廃されるうえに、
自衛隊の活動地域が安全かどうかを判断するのが
ときの政権だというのだから、高村副総裁の発言は、
まるで"安倍が神様だ!"と言わんばかりの妄言と言わざるをえない。

しかし、この高村副総理の愕然とするような発言に対して、
やはり島田氏が、かぶせぎみに割って入る。

「高村さんは『より現実的な仕組みにしているんだ』と言う。
 それを目指しているんだというんですが、
 それを踏まえて共産党志位さん、いかがでしょう」

......え? 「神様じゃなきゃわかんない」ことを
政府が決めるのが「現実的」ってどういうこと?
無茶苦茶なまとめ方、もとい、凄まじいアシスト。
この『Nスペ』を見て、安保法案について理解が深まる国民は、
はっきり言ってゼロだろう。

しかし、島田氏の露骨な政権寄りの仕切りも、
考えてみれば当然なのかもしれない。

首相動静を見ると、
安倍首相は、昨年の衆院選投票日の2日後、
複数の新聞社編集委員やテレビ局幹部と
東京・西新橋の鮨屋で会食している。
首相いきつけのこの店はひとり1万5千円以上かかるという
高級寿司店で、完全なオフレコが条件の"祝勝会"だったとも
言われているが、実はそのメンバーのなかに島田氏もいたのだ。

また直近では、まさに安保法案が国会審議中の今年6月24日に、
今度は銀座の日本料理店で安倍首相と夕食をともにしている。
一人当たりの予算2万円以上とされる高級割烹である。
タイミングを考えると、これは明らかに安倍政権の安保法制
に関するマスコミ対策と見ていいだろう。

そんな首相との会食に参加した島田解説委員は
ネットで、「しまだ鮨」「島田スシロー」なんていうあだ名まで
つけられているが、本サイトでも再三指摘しているように、
「権力の監視」が責務であるメディアが
首相と会食するなんていうことは欧米ではありえないし、
ジャーナリズムとしては完全な自殺行為だ。

時の首相に招待されて嬉々として会食に出かけていくような
解説委員が司会をつとめたらどんな番組ができあがるか。
今回、視聴者はそのことまざまざと見せつけられたといっていいだろう。

しかし、そんな島田氏にも天敵がいた。
他でもない、山本太郎だ。山本議員は今年初め、
その島田氏も参加した安倍首相とのメディアの会食を厳しく追及し、
質問主意書まで提出しているが、
今回も偏向司会を続ける島田解説委員とNHKに痛烈な一撃を食らわせた。

番組の最後、出席者には一人ずつ発言する機会が与えられたのだが、
そこで山本氏はこんなことを熱っぽく語りはじめたのである。

「大きな問題のひとつは強行採決だと思っています。
 衆議院でも強行採決されました。
 参議院でも間違いなく強行採決されるだろうと。
 で、これ強行採決というのは民主主義とは真逆ですよね。
 暴挙と言ってもいいと思うんですよ。で、
 これがどうして行われるかというと、
 やはり、安倍政権が卑怯だからという言葉だけでは片付けられない。
 やはり"第三の目"が入っていない。
 NHKには公共放送としての役割を果たしてもらいたい。
 "第三の目"として監視する役割を放棄しないでもらいたい。(
 略)有権者への裏切り行為、その瞬間を生中継しないなら、
 公共放送を名乗る資格はないと思うんですよね──」

この痛烈なダメ出しに、
島田氏はあきらかに不機嫌そうに
「はい! 様々なご意見受け止めます、はい!」と打ち切ろうとしたが、
山本議員は止まらず
「安保特別委員会での採決、くれぐれも生中継お願いします!
 受信料を払っている皆さんのために」。

ご存知のとおり、
NHKは衆院特別委での強行採決が行われた7月15日、
国会中継をしなかった。
NHKが受信料を徴収している理由のひとつは、
国家から独立した不偏不党の放送を国民に届けるためであるはず。
島田解説委員も、NHKの幹部も、
山本議員の言葉を深く噛みしめなければならないだろう。
(小杉みすず)

(ここまで)

[PR]
by 9joukanren | 2015-09-16 07:23 | お知らせいろいろ

5 強行採決へひた走る安倍政権!『独裁国家』の誕生を防ぐことはできるか

 つづき5

■「真の自尊」は何処へ…
   福岡大教授が提示する憲法と日本人のあり方

「原爆の問題について
   アメリカに何も言えない日本に、真の自尊はない」--。

これは、「安全保障関連法案に反対する学者の会」
   賛同者 福岡大学教授・大嶋仁さんから
   IWJに送っていただいた寄稿の一文です。

IWJでは、こうした全国の学者の方々、そして一般の市民の皆様から、
この「戦争法案」に対する寄稿・コメント・声明文を募っています!
これまでにお寄せいただいた寄稿・コメントは、
下記のページに集約していますので、ぜひご一読ください。

※安倍政権の集団的自衛権にもとづく
   「安保法制」に反対するすべての人からのメッセージ

http://bit.ly/1Dctmg0

※宛先はこちら!

office@iwj.co.jp

大嶋教授は、ご自身の「憲法についての意見」を、
21項目にして送ってくれました。
以下、その一部を紹介させてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

(15) 日本人は軍隊のない国として
    世界に誇ることができるのに、その自覚がない。

(16) 今回の法案は、日本がアジアから抜け出し
    アメリカと手を結ぶという脱亜入欧の現代版である。

(17) アジアのなかの日本であるという意識がないと、
    今後の日本は非常に苦しくなる。


(18) 近隣諸国の意向に合わせるのは卑屈だという議論は、
    つまらない自尊心にもとづく。

(19) 近隣諸国と連携してこそ日本は存在できる。

(20) アジア全体を見て日本の行き方を決めるべきで、
    アメリカの圧力によって決めるべきではない。

(21) 原爆の問題についてアメリカに何も言えない日本に、
    真の自尊はない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

…厳しく、的確な指摘ですね。
特に先にも紹介した、「真の自尊」という言葉、重く突き刺さります。
自尊を辞書で引くと、以下のようにでてきます。

1、自分で自分を偉いと思い込むこと。 「 -の念が強い」
2、自分の人格を尊重し,誇りをもち品位を保つこと。

安倍総理を含め、総理周辺の面々は紛れも無く前者ですよね。
しかし後者の、大嶋教授が指摘する「自尊」は
安倍政権にはないように思います。

大嶋教授の寄稿全文は以下の記事でご覧下さい。

・【安保法制反対 特別寄稿 Vol.252】
  原爆の問題についてアメリカに何も言えない日本に、真の自尊はない
 「安全保障関連法案に反対する学者の会」賛同者 福岡大学教授・大嶋仁さん

http://iwj.co.jp/wj/open/anti-war-msg-00252

ということで、IWJはまだまだ寄稿を募集しています!
どしどしお寄せください!

※宛先はこちら!

office@iwj.co.jp



IWJでは事務スタッフ、テキストスタッフを大募集中です。
【スタッフ応募フォーム】

http://bit.ly/1ALJypQ

以下略


おわり


[PR]
by 9joukanren | 2015-09-10 22:35 | お知らせいろいろ

4 強行採決へひた走る安倍政権!『独裁国家』の誕生を防ぐことはできるか

 つづき4

◆明日(9/11)の中継番組表◆

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。
また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、
ご了承ください。

**2015.9.11 Fri.**

【Ch未定】13:30~
「環境エネルギー政策研究所 設立15周年記念シンポジウム
      ~環境エネルギーの大転換期に未来を構想する~」

※「認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所」主催のシンポジウムを中継予定。


【IWJ_AICHI1】17:30~
「安保関連法案に反対する東海・大学人の集会・共同行動&街頭宣伝」

視聴URL: http://www.ustream.tv/channel/iwj-aichi1

※主催は、「愛大九条の会」、「安保法案に反対する愛知大学人有志の会」、
     「自由・平和・民主主義を愛し戦争法案に反対する名古屋大学人の会」、
     「『九条の会』愛知・大学人の会」。


【IWJ_OSAKA1】18:30~
「SEALDs KANSAI 戦争立法に反対する金曜街宣アピール」

視聴URL: http://www.ustream.tv/channel/iwj-osaka1

※「SEALDs KANSAI」主催の街頭宣伝アピールを中継予定。


【Ch未定】18:30~
「フードバンクかわさき講演会その2」
※「フードバンクかわさき」主催の講演会を中継予定。


【Ch未定】18:30~
「安保法案に反対する国会前抗議行動
    SEALDs・総がかり行動実行委員会 ―固定カメラ」

※「SEALDs」・「戦争させない・9条壊すな!
    総がかり行動実行委員会」主催の国会前抗議行動。
    こちらは固定カメラです。


【Ch未定】20:30~
「安保法案に反対する国会前抗議行動
    SEALDs・総がかり行動実行委員会 ―遊軍カメラ」

※「SEALDs」・「戦争させない・9条壊すな!
    総がかり行動実行委員会」主催の国会前抗議行動。
    こちらは遊軍カメラです。


▲▽▲▽官邸前抗議関連 ▽▲▽▲


【Ch未定】18:30~
「再稼働反対!首相官邸前抗議(首相官邸前/国会正門前)」


【IWJ_AOMORI1】17:30~
「青森駅前金曜日行動」

視聴URL: http://www.ustream.tv/channel/iwj-aomori1


【IWJ_TOKYO8】18:00~
「原発反対八王子行動」
視聴URL: http://www.ustream.tv/channel/iwj-tokyo8


【IWJ_IBARAKI1】19:00~
「第150回原電いばらき抗議アクション」
視聴URL: http://www.ustream.tv/channel/iwj-ibaraki1

つづく

[PR]
by 9joukanren | 2015-09-10 22:32 | お知らせいろいろ

3 強行採決へひた走る安倍政権!『独裁国家』の誕生を防ぐことはできるか

(つづき3)

以下、安倍政権が国会で積み残している宿題一覧(の一部)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・【安保法制国会ハイライト】
 「宗主国様には何も言えないのか!」―
  ―安倍総理が山本太郎議員との「一騎打ち」から遁走!
   イラク戦争、広島、長崎への原爆投下…米国の戦争犯罪に“沈黙”!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/259641

・【安保法制国会ハイライト】
  対イスラム国空爆への支援、法理上可能か否か~
  福島みずほ議員の追及に中谷防衛相、「判断しない」と逃げ続ける

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/258970

・【安保法制国会ハイライト】
  核兵器の輸送問題で安倍総理
 「非核三原則の上に法律を運用するのは当然」と否定するも、
  広島・原爆の日式典で挨拶文から「非核三原則の堅持」をあえて削除!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/258262

・【スクープ!】
 「集団的自衛権行使容認の閣議決定」が覆る決定的根拠!
 「昭和47年政府見解」の知られざる真実を小西洋之議員が暴露!!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/246547

・「狂信的な官僚集団」が支える安倍政権の「戦争法案」
  解釈改憲、専守防衛、日米安保…「嘘」と「デタラメ」の数々を暴く
 ~福島瑞穂×小西洋之×岩上安身による戦争法案特別鼎談

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/246885
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

…(後半へ続く)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆
本日のIWJの中継番組表をお送りします。
あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。
また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

**2015.9.10 Thu.**

【IWJ_KYOTO1】9:00~
「9.7~10 安冨歩先生の大谷大学での集中講義・1~2限目」

視聴URL: http://www.ustream.tv/channel/iwj-kyoto1

※東京大学教授の安冨歩氏の集中講義の1~2限目を中継します。


【Ch1】10:00~
「岩上安身による総がかり行動実行委員会
     高田健さん・菱山南帆子さんインタビュー」

視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=1

※総がかり行動実行委員会 高田健さん・菱山南帆子さんに岩上安身がインタビューします。


【Ch4】12:00~
「ママの会から自民党本部へ メッセージ提出アクション」

視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

※「安保関連法案に反対するママの会」が自民党本部へのメッセージ集を提出するアクション。


【Ch5】15:45~
「『安全保障法制に反対するNGO 国際共同声明』記者会見」

視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

※賛同団体および非営利で公に利する活動を組織として
 行っている国内外の団体計約300団体による
 「安全保障法制に反対するNGO 国際共同声明」の発表。
 スピーカーは、伊藤和子氏
 (ヒューマンライツ・ナウ事務局長/弁護士/NGO非戦ネット呼びかけ人)ほか。


【再配信・Ch1】16:30~
「<税の不公正 マイナンバー&タックス・ヘイブン緊急特集>1,
 巨額の税金を回避する『タックスヘイブン』の闇に迫る―
 岩上安身による元大蔵官僚志賀櫻氏インタビュー」

視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=1

記事URL: http://iwj.co.jp/wj/open/archives/96288


※2013年8月14日に行われた、岩上安身による
 元大蔵官僚志賀櫻氏インタビューを、
 <税の不公正 マイナンバー&タックス・ヘイブン緊急特集>と題し、
 再配信します。

【Ch6】17:00~
「国会内外の声をひとつにして
   『戦争法案』を廃案に ~『戦争法案』を葬ろう 9.10集会」

視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

※落合恵子氏(作家)、山口二郎氏(立憲デモクラシーの会)らが
 登壇予定の集会を中継予定。


【Ch2】17:30~
「東京電力 定例会見」

視聴URL:http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

※東京電力による定例会見の模様を中継します。

【IWJ_NIIGATA1】18:00~
 「第7回 憲法カフェ」

視聴URL: http://www.ustream.tv/channel/iwj-niigata1

※「新潟県憲法会議」主催のイベントを中継します。


【IWJ_KYOTO1】18:30~
「9.10 戦争させない!左京フォーラムー
 藤原辰史氏講演『思い上がった権力にくさびを!-
 -「京大有志の会」の理論と実践』&左京市民によるリレートーク」

視聴URL: http://www.ustream.tv/channel/iwj-kyoto1

※「戦争をさせない左京1000人委員会」主催の
 藤原辰史氏講演と左京市民によるリレートークを中継します。


【Ch4】18:30~
「安保法案に反対する国会前抗議行動
   SEALDs・総がかり行動実行委員会 ―固定カメラ」

視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

※「SEALDs」・「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」主催の
 国会前抗議行動。こちらは固定カメラです。


【Ch5】20:30~
「安保法案に反対する国会前抗議行動
    SEALDs・総がかり行動実行委員会 ―遊軍カメラ」

視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

※「SEALDs」・「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」主催の
 国会前抗議行動。こちらは遊軍カメラです。

===========

 つづく





[PR]
by 9joukanren | 2015-09-10 22:31 | お知らせいろいろ

2 強行採決へひた走る安倍政権!『独裁国家』の誕生を防ぐことはできるか

(つづき2)

そこで、本日はこの後まもなく10時よりCh1で、
毎週木曜の国会前抗議や8.30の抗議を主催している、
「総がかり行動実行委員会」の高田健さんと菱山南帆子さんに、
岩上さんが緊急インタビューを行います。

連日の国会前抗議について、自民党の谷垣幹事長が
「60年安保の方がすごかった」などと強がりを言ってみたり、
菅官房長官が8.30の抗議行動について
(主催者発表12万人と「警察関係者」の3万人余りという報道をあげ)
「大きな開きがあるな」などと、矮小化したりと必死な様子です。

しかし、60年安保も経験し、これまで様々な市民運動に携わってきた高田さんは
「今回の国会前の動きはかつてないものだ」と断言しています。
以下は、衆院で強行採決があった当日、7月16日の国会前抗議での高田さんの言葉です。

「私は60年安保の時に高校1年生だった。
 ずーっと運動を見てきた、ずーっと運動に関わってきた。
 今日のデモや集会のように、自分の力、時間を使って、
 自立した個人として集まってきてるこの行動は、かつてない行動だ!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・2015/07/16 「この抗議はかつてないものだ!」
 60年安保から運動を見続けた高田健氏が証言
 国会前抗議の若者ら「私たちはあきらめない。必ずひっくり返す」

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/253450#idx-4
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

60年安保と現在の抗議は、どこがどう違うのか。
国民のこうした結集が、どの程度、国会や官邸に影響を与えているのか。
そして、これから16日までの「決戦」をどう闘うべきなのか。
短い時間ですが、岩上さんがおうかがいします。

ちなみに、本日はインタビュー後に
13時から国会正門前で座り込みをし、
さらに18時半からはSEALDsと共同して
同じく国会正門前で抗議行動が行われます。
そしてもちろん明日も、SEALDsと共同して国会前抗議が行われます。

ちなみに「総がかり行動実行委員会」は、
一昨日8日から18日(金)まで、毎日夜の国会前抗議を行います。
今日から18日までは昼の座り込みも毎日行われます。
これまでデモや抗議を生で見たことがないという方も、
仕事の休み時間に、仕事終わりに、たまの休みに、
なんなら仕事や学校を休んで、参加してみていただきたいと思います。

IWJも、夜の国会前抗議を今日明日もちろん中継します。
その他にも、全国各地の抗議、国民の声をとにかく可視化し、伝えまくります。
とにかく多くの国民に届くように。
NHKの「何も報じない」という強大なプロパガンダ、
偏向報道に抗い、覆したいと思います。

今後は、これまでのIWJの安保法制に関する様々な抗議、
シンポジウム、インタビューなどの動画・記事をすべて、
会員の方以外にも無料で全公開します。
もうIWJの経営や財政を気にしている場合ではありません。
どうか、どの動画記事でも良いので、
多くの人への拡散にご協力いただければ幸いです。
そして、こうしたIWJの活動をどうかお支えください!

※会員登録はこちら!
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

※カンパも受け付けています!
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html


( つづく)






[PR]
by 9joukanren | 2015-09-10 22:30 | お知らせいろいろ

1 強行採決へとひた走る安倍政権! 『独裁国家』の誕生を防ぐことはできるか!?

D です。
重要情報です。参考まで。
できれば、IWJを支えてください。
転送です。⇓
(とても長いので数回に分けてアップします)

-----Original Message-----
Subject : 日刊IWJガイド
     「膨大な宿題を積み残しながら強行採決へとひた走る安倍政権!
      『独裁国家』の誕生を防ぐ事はできるか!?
      本日朝10時より、『総がかり行動実行委員会』
      高田健さん菱山南帆子さんに緊急インタビュー!」
         2015.9.10日号~No.1093号~
                  (2015.9.10 8時00分)

おはようございます!IWJで記者をしている佐々木隼也と申します。

昨日、東京は台風に見舞われましたが、それが霞んでしまうほど、
日本の中枢ではめちゃくちゃな暴風雨が吹き荒れています。

いよいよ安保法制の与党による「強行採決」が
秒読みとなってきました。秒読みといっても、
国会の論議が「佳境」を迎え、煮詰まった末の採決ではありません。

「昭和47年見解」のインチキ、存立危機事態の曖昧な定義、
「法的安定性は関係ない」と発言した礒崎総理補佐官の再度の参考人招致、
イラク戦争の総括ができず、侵略の定義も曖昧な安倍総理、
核や非人道兵器の輸送はしないと言いながら「明文化」をしない問題、
小池晃議員が暴露した自衛隊「内部資料」の問題、
仁比聡平議員がさらに明らかにした新たな「内部資料」の問題、
その資料で米国と「軍軍間」で勝手に約束していた河野統幕長の参考人招致などなど…

他にもあげればキリがありませんが、
とにかくたくさんの問題、矛盾が置き去りのままです。
上にあげたどれ一つとして、安倍政権から国民に対して
納得のいく説明はなされていません。

国会中継を一度でもご覧になった方なら分かると思いますが、
質疑は何度も何度も中断しています。なぜ中断するかと言うと、
野党の質問に対し、安倍総理や中谷大臣などが
「一切まともに答えない」からなんです。
何を聞いても「大丈夫です」としか答えない。
その根拠は?と聞くと、「大丈夫と言ったからです」という調子が、
この数ヶ月、ずーっと続いています。

一昨日の参議院理事会では、
9月2日に共産党の仁比議員が暴露した「内部資料」について紛糾しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・米国に忠誠を誓う「軍人政治家」が
 ペンタゴンで交わした「密談」の衝撃の全容!
 防衛省内部文書・第二弾を暴露した共産党・仁比聡平議員に
 岩上安身が緊急インタビュー!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/261463

・【全文公開!】「安保法制は?」「来年夏までに」
        「辺野古移転は?」「変更ない」--
        米軍への忠誠示す防衛省
        「属国」日本の現状が明らかに!
 新たな「内部資料」を入手!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/261545
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この資料は、日本の「軍人」のトップが、米軍幹部らに
「安保法制は夏までに成立します」
「辺野古移転の方針転換はありません」
「高価な戦闘機のあれやこれやを買います」
「その他にも色々軍事的な協力します」と勝手に約束していた、
という会談内容が記録されたものです。

日本国民も国会も文民統制も憲法も、ぜんぶすっとばした暴挙です。
これをすべてうやむやにして良いわけはありませんよね。

しかし防衛省側は、
「会談の記録は省内に存在するが、暴露資料と同じかどうかは答えられない」
という意味不明な回答に終始しました。

こんな状態にも関わらず、自民・公明は昨日、都内のホテルで会談して
「16日の成立を目指すことを確認した」そうです。
もし16日の採決が実現できなかったら、
衆議院に差し戻して採決する「60日ルール」も適用するそうです…。
もはや何でもアリ。
民主主義・立憲主義を潰しにかかっているとしか思えませんね。

自民党が安保法制の次に目論む
本丸「憲法改正」の青写真である、改憲草案を見れば一目で分かります。
この草案を現行憲法と比較し、
その異常性、危険性、独裁性をことごとく解説し、批判し、
分析した書籍『前夜』をぜひお読みいただければと思います。

※『前夜』の購入はこちら

http://iwj.co.jp/wj/open/%E5%89%8D%E5%A4%9C

僕ら国民も、本気で「これからの独裁国家をどう生きるか」を
考えなければいけない現実的な局面に来ていると思います。
もちろん、そんな未来は阻止しなければなりません。

つづく




[PR]
by 9joukanren | 2015-09-10 22:29 | お知らせいろいろ