<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

裁判所に公正な裁判を求める署名

お伝えするのが遅くなりましたが、
慰安婦の実態を研究してこられた吉見義明さんの
桜内文城衆議院議員に対する名誉毀損裁判の判決が
1月20日に東京地裁で言い渡されます。
裁判所に公正な裁判を求める署名が行われています。
詳しくは下記をご覧ください。
第二次集約が1月5日です。

http://www.yoisshon.net/







[PR]
by 9joukanren | 2015-12-31 22:53 | お知らせいろいろ

「オールとやま市民会議」(仮称)への賛同とお願い



                       2015年12月25日
 各 位
                            
  アベ政治を許さない!戦争法反対!野党共闘を求める
  「オールとやま市民会議」(仮称)への賛同と
  1月8日の「相談会合」への出席のお願い

                発起人 土井 由三(元・小杉町長)

 各位におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、安倍自公政権は、戦後70年の節目に「戦争法」を可決・成立させ、
戦争できる国へと大きく舵を切りました。こうした危険な流れに
終止符を打つべく、全国各地で野党共闘への動きが見受けられるように
なってきました。
しかし、富山県においては、そういった動きが、まだつくられていません。
このままでは野党が各々候補者を擁立し、結果として安倍自公政権に抗する
私たちの声が分散、共倒れの道を辿ることが強く懸念されます。そのような
事態を何としても避けるために、富山でも市民の動きをつくろうではありま
せんか。
 そこで、来年7月に行われる第24回参議院議員通常選挙において

①2014年7月1日の「集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回すること」
②2015年9月19日に国会で可決・成立した「11の安全保障関連法を廃止すること」
③一刻も早く日本の政治に「民主主義と立憲主義を取り戻すこと」

 上記3点を目的として野党統一候補を擁立し、一致協力して次期参院選に
臨むことを野党各党及び市民団体(グループ)や労働団体、個人に要請し、
選挙勝利・安倍自公政権打倒を目指していきたいと考えております。
 つきましては、趣旨に賛同いただける方に、個人・団体を問わず、
あらゆる垣根を取り払い、広く結集していただきたく切にお願いするとともに、
賛同される方(団体はオブザーバーでも)につきましては下記にご署名して、
FAXかメールをいただきたくお願いいたします。
 また、取り組みのすすめ方および具体的な行動について、賛同いただける
皆さんと相談・打ち合わせする機会を下記の通り設けさせていただきますので、
ご都合をつけて参加いただきたく、加えてお願いいたします。

             記

1.賛同される方のお名前:          ( 個人 ・ 団体 )

2.相談会合
  日 時:2016年1月8日(金) 午後3時 ~
  場 所:ボルファートとやま 10階 1007会議室
      (富山市奥田新町8-1、Tel:076-431-1113)

  参加される方のお名前:                         

3.Fax送信先: 076-441-6131(9条をまもり憲法をいかす富山県民の会)

 *お手数ですが、2016年1月6日(水)までにFaxをお願いいたします。
 *メールの場合… 
          E-mail; mamoru9@peace-toyama.jp松井)
          E-mail; info@fureai.tv (吉田)



[PR]
by 9joukanren | 2015-12-27 20:22

12/6 NO WAR 日比谷集会など

転送です。

 佐高信さんの「TBS岸井キャスター守ろう」アピールの動画があります。
   ⇩

-----Original Message-----
Subject: 12.6 NO WAR! 日比谷集会報告

Matsu さまへ

出稿の早かった産経を読んでいましたが、
NO WAR!日比谷集会の、
雰囲気と感動が伝わる速報に、
感激しました。ありがとうございます。

Teraより
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
> Matsuです。
>
> きのうの集会報告です。
 佐高信氏の「TBS岸井キャスター守ろう」アピールも重要でした。
 動画をご覧ください。
>
> ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
> ●32ある参院選1人区は「野党共闘」で勝とう!
         ~NO WAR!日比谷集会に4500人
>
> 好天とはいえ、すっかり冬めいた12月6日、
  東京・日比谷野音の大集会にやってきた参加者は、
  厚手のジャンパー・コートを羽織っていた。
  しかし熱気は十分。
  「憲法を守れ!自由を守れ!
   そんなあたりまえのことを言わなければいけない社会は、
   もう終わりにしよう!」、
  シールズ学生の力強い発言に、惜しみない拍手が送られた。

  野党代表が異口同音に語ったのは、来年の参院選のことだ。
> 「32ある1人区はなんとしても互角の勝負に」(福山哲郎議員)、

 「きのう熊本では市民団体が野党に
  共同候補擁立を呼びかける会見を開いた。
  こうした動きを全国に広げよう」(志位和夫議員)。

  それを受けて会場から「野党は共闘」の大コールが起きた。
  32の1人区でどう野党共闘を実現するのか、
  もうたたかいは始まっている。
  この日の集会は、学生・学者・市民の共同行動として取り組まれ、
  4500人が集まった。
  会場付近で一時右翼の妨害もあったが、
  参加者は元気に銀座の街を練り歩いた。
  なお、集会には石田純一氏も駆け付けた。(M)
>
> ↓写真速報

> http://www.labornetjp.org/news/2015/1206shasin

> ↓動画(全体)

> https://youtu.be/8rVRSVAOVdo

> ↓動画(佐高信)

> https://youtu.be/qL5AUhRxjqM







[PR]
by 9joukanren | 2015-12-09 19:20 | お知らせいろいろ