<   2017年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

共謀罪反対のキャラバン行動2日目

「オールとやま」の共謀罪反対キャラバン行動の第2日は、
5月31日、県東部で行いました。
午前10時の泊を皮切りに、入善、黒部、魚津の順で午前を終わり、
午後からは滑川、上市、立山の順に各商店街などで街宣し、
プラカードを掲げ、リーフレットを配りました。
b0245151_2245302.jpg

 各地区で、オールとやまのメンバーらが待ち受け、
飛び入りでマイクを握りアピール しました。
立憲4党から共産党の議員らが参加、
市民と野党の共闘にも触れ、
共謀罪を何としても廃案に持ち込もうと、訴えました。

 ドライバーの中には、
クラクションを鳴らすもののほか、
手を振っていく人たちもいて、
共謀罪阻止に向け、エールを交換しました。

 6月2日は、射水・高岡・氷見、
 6月5日は、庄川、城端、福光、福野、砺波、石動
 を回ります。




[PR]
by 9joukanren | 2017-05-31 23:41 | お知らせいろいろ

共謀罪反対のキャラバン行動を開始しました

きょう29日、共謀罪反対のキャラバン行動を開始しました。
 6月5日まで、続けます。
     ⇩

「安保法制の廃止と
    立憲主義の回復を求めるオールとやま県民連合」は、
共謀罪審議が参院に舞台を移した5月29日、
反対を明確にしたキャラバン
行動をはじめました。
b0245151_7141917.gif

 午前10時、JR富山駅前に「共謀罪反対」の横看板を
掲示した宣伝カーを止め、マイクを握って訴えました。
共謀罪は内心の自由を奪う、
内心とは思ったり考えたりすること、
これに警察が土足で踏みこむことになり、
自由にモノが言えなくなる、監視社会になり、
密告を奨励することから密告社会にもなるー。

 国際条約を批准するためとか、
オリンピックのためとかは、嘘偽りであり、
現に国連人権委員から
プライバシーの侵害になるとの指摘文書が
首相に出されているのに

まともに応えず、
逆に抗議する姿勢は国際社会では通用しない、
恥ずかしい行為だ―などと指摘、
何としても、廃案に持ち込まなければならない、
と訴えました。
 
 立憲野党の自由党県連代表・広野ただしさんや
共産党県委員会書記長・高橋渡さんらも駆けつけ、
それぞれ廃案にと主張、
立憲野党の共闘で安倍政権を倒さなければと強調しました。
この日は、午前・午後各4か所で街宣。
オールとやまのメンバーも加わり、ボードを掲げ、
道行く人たちにリーフを配りました。
b0245151_773339.jpg
 
5月31日は、県東部、
6月2日は、射水・高岡・氷見、
6月5日は、小矢部・砺波で計画しています。



[PR]
by 9joukanren | 2017-05-30 06:30 | お知らせいろいろ

共謀罪法案の強行採決とこれに続く参院での審議を前に

転送します。
b0245151_1165765.gif

「オールとやま」は、
共謀罪法案の強行採決とこれに続く参院での審議を前に、
緊急事態と受け止め行動を提起しました。

 この際、あらゆる困難を乗り越え、
県内でも志ある市民総がかりで、これに立ち向かい、
何としても阻止廃案にすべく、最大の力を発揮したいと思っています。
 
 各位のみなさんには、
それぞれのMLなどで広げていただき、
県内各地で、反対の声を挙げていただきますようお願いいたします。
 
 添付スケジュールを参考に、
それぞれの地区でスピーチ、リーフの配布などご協力ください。
ともに闘い抜きましょう。
b0245151_648941.jpg







[PR]
by 9joukanren | 2017-05-27 22:56 | お知らせいろいろ

共謀罪反対行動。これからが踏ん張りどころ

 b0245151_20171241.gif

 闘いはこれからです。

 「秘密法廃止市民ネットとやま」に山口さんが発信しました。
 趣旨を考え、転載します。
 人権理事会の理事国なのに、「わかっていない」振る舞いですね。

 オールとやまは、26日に事務局会議を開き、
 当面の共謀罪阻止の行動について、意思統一します。
 ご意見をお寄せください。
      ⇩

 既にご覧になった方もいらっしゃると思いますが、
 海渡弁護士等が記者会見したものがFBに出ていたので紹介します。

 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2129

 
b0245151_2019996.gif

 プライバシー権に関する国連特別報告者ジョセフ・カナタチ氏が
 共謀罪法案について懸念を表明した書簡をめぐり、
 NGO関係者らが23日記者会見を開き、
 国連人権高等弁務官事務所に抗議した日本政府を批判。
 法案の審議をストップし、国連の懸念にきちんと対応するよう訴えた。
 
 会見を開いたのは、国内の人権団体や国際NGOなど6団体。
 「共謀罪NO!実行委員会」の代表の海渡雄一弁護士はまず、
 国連特別報告者のジョセフ・カナタチ氏が
 「日本政府の抗議は、私の懸念や法案の欠陥に向き合っておらず、
 拙速に法案を押し通すことの正当化は絶対にできない」と
 反論していると紹介。
 「国連からのこのような問いかけに、いったん採決手続きを中止して、
   きちんとした協議をして欲しい。」と述べた。
 
 また、ヒューマンライツ・ナウ事務局長の伊藤和子弁護士は、
 「政府の態度に遺憾に思っている。
   特別報告者は、日本だけをターゲットにしているわけではない。
   日本政府は昨年立候補して、人権理事会の理事国になり、
   今後3年間、人権理事会規約や特別手続きを重視することを
   約束している。
   国際社会から出された声にきちんと、耳を傾ける必要がある。」
 と非難した。

                  (D)
b0245151_20201578.gif



[PR]
by 9joukanren | 2017-05-24 20:20 | お知らせいろいろ

5/21 共謀罪阻止・廃案のためのレッドアクションと共同行動

きょうのレッドアクションと共同行動・集会とパレードの報告です。
   ⇩
 5月21日、CIC 前広場で
 女性のレッドアクション主催のスタンディングアピールがあり、
 前回を大幅に上回る人たちが集まり気勢を上げました。
 参加者が次々にリレートークし、
 内心の自由を奪う共謀罪は、監視社会、密告社会になると訴えました。
 中には、
 「食事の際は、おしゃべりしながら食べるのが楽しみなのに、
  この楽しみを奪うことは許せない」とのアピールも。
b0245151_9375912.jpg

 その後、
 同じCIC前広場で
 共謀罪阻止、戦争法廃止!富山県民集会が
 衆院法務委員会で強行採決したことに抗議する労組員や
 市民ら約300人が集まりました。
 きょうの集会は、各団体ののぼり旗が目につきました。
b0245151_9371541.jpg
b0245151_9395241.jpg

 共同行動実行委主催で、
 集会の後、3グループに分かれてパレードしました。
 街頭では、シュプレヒコールに手を振って応える人たちもいて、
 随所でエールが交換されました。
 
 県民集会では、
 はじめに主催者を代表して
 増川利博安保廃棄県実行委員会代表委員が、
 「国会審議で法務大臣が説明できない法案を数を頼りに
  採決を強行するのは、民主主義の破壊行為だ」と
 強く抗議、廃案にするまで闘い抜くとの決意を
 明らかにしました。

 ついで、社民・共産両党の代表からあいさつがあり、
 オールとやまの水谷敏彦さん(共同代表)が
 法案の矛盾点を解き明かしました。
 最後に、集会アピールを採択、
 「私たちはアベ政権をいつまでも継続させるわけにはいかない。
  衆院選での政権交代をめざす」とし、
 市民と野党の共同の輪をさらに広げることを確認しました。






[PR]
by 9joukanren | 2017-05-21 21:26 | お知らせいろいろ

5/20 射水でも実行委員会主催の共謀罪阻止・廃案を求める集会とデモ

 20日は、射水でも実行委主催で、
 射水市大門で共謀罪阻止・廃案を求める
 集会とデモを行いました。

 次回の集会・デモは、
 6月24日(土)午後3時から、
 射水市小杉・歌の森運動公園広場です。
     ⇩
 射水でも実行委員会は
 5月20日午後3時から、
 射水市大門総合会館第3駐車場を会場に集会を開き、
 市内中心部からあいの風越中大門駅まで
 デモ行進しました。

 前日衆院法務委員会で共謀罪法案を強行採決した後を受けての
 集会だけに、参加者には、暴走を続け論議すべき国会が
 形だけになっていることの怒りが満ちていました。
b0245151_9183799.jpg

 初めにオールとやまの動きなどを紹介、
 5月7日、12日に共謀罪阻止の街宣活動をし、
 立憲野党からも参加をいただいたことなどを報告。

 射水市議らが共謀罪の危険性を訴え、
 飛び入りで参加した女性が、
 もの言えぬ社会はごめんだと訴えました。
b0245151_9185912.jpg

 デモ行進では、
 「共謀罪は今すぐ廃案」「テロ対策とうそをつくな」
 「平成の治安維持法反対」ーなどとシュプレヒコールし、
 道行くドライバーの中には、手を振って応える人もいました。

 参加者の中には、ネットで調べてきた、との
 氷見からの女性もおり、約30人がアピールしました。

 21日は、12:30~富山駅前で、レッドアクションに続き、
      13:00~、共同行動による集会とパレードが計画されています。






[PR]
by 9joukanren | 2017-05-20 22:50 | お知らせいろいろ

「共謀罪」法案、衆院委で可決 与党が強行採決(5月19日、日経)

 情報です。拡散歓迎
   ⇩
b0245151_8493932.gif

『許せないNHK』
採決強行の見出しを見て、
新聞をひっくり返す「共謀罪」の大一番に
NHKの中継はなし。
誰かのご意向か忖度か。
【19日朝日夕刊・素粒子】

横浜事件から学んだこと
共謀罪の法律が通ると、警察(旧特高警察)に
共謀罪担当の刑事が置かれ、
彼等はプライドを持って仕事をする。
その成果をあげる為に無実を含め容疑者を捕まえることです。
彼等にとって法律が唯一で憲法など頭にないのです。
しかも、彼等の生活は国民の税金で保障されることです。

●安倍首相の三つの毒矢 「違憲」の【共謀罪・戦争法・特定秘密保護法】で  
  日本は事実上独裁国家となります。
                   石垣敏夫
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
b0245151_852713.gif

以下転載
【拡散希望】
 共謀罪:国連特別報告者(プライバシーの権利)強い懸念表明

東京の杉原浩司(「秘密保護法」廃止へ!実行委員会)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

歴史的暴挙を体感しておこうと、
19日、約3年半ぶりに衆議院を傍聴しました。
見るに耐えない強行採決でした。
傍聴者多数により入れ替り制となり、
委員会室ではなく控え室のテレビモニターでしたが。

法務委員でもない維新の丸山穂高議員が
「ピント外れの質疑を繰り返し、
 足を引っ張るだけの質疑はもう必要ない」と
野党をののしり、採決の引き金を弾きました。
なんと哀れな姿でしょうか。

今日の審議では、論点がいくつも明瞭になりました。
例えば、
山尾志桜里議員が、
致死性のある毒物の準備は現行法で対応可能ではないかと指摘。
自民党が文書で
「処罰することは出来ません」としているのは誤りだと追及しました。

金田法相は結局、抗弁できず
最後は「立法事実はあくまでも条約である」と答弁。
「立法事実からテロ対策が消えた」(山尾議員)以上、
採決どころか出し直して当然です。

また、
山尾議員は、
2016年にLINEが警察の要請を受けて、
令状無しで22件を情報開示しているとして、
捜査機関の判断が適正なのかが担保できないと論証。

金田法相は
「一般に捜査は適正に行われている」との空文句を述べるだけでした。

夜の国会正門前には、前半の、
総がかり行動と共謀罪NO!実行委などが主催した行動だけで
約9000人が集まりました。
もう後がありません。何が何でも廃案という結果を出しましょう。

「共謀罪」法案、衆院委で可決 与党が強行採決(5月19日、日経)

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS19H1L_Z10C17A5MM0000/


----------------------------------------------
b0245151_8533449.gif
皆様

国連プライバシー権に関する特別報告者 ジョセフ・ケナタッチ氏が、
5月18日、共謀罪(テロ等準備罪)に関する法案は
プライバシーや表現の自由を制約するおそれがあると懸念を示す書簡を
安倍首相宛てに送付しました。

書簡では、
法案の「計画」や「準備行為」の文言が抽象的であり
恣意的な適用のおそれがあること、
対象となる犯罪が幅広く、
テロリズムや組織犯罪と無関係のものを含んでいることを指摘し、
いかなる行為が処罰の対象となるかが不明確であり
刑罰法規の明確性の原則に照らして問題があるとしています。

さらに、
プライバシーを守るための仕組みが欠けているとして、
次の5つの懸念事項を挙げています。

1 創設される共謀罪を立証するためには
  監視を強めることが必要となるが、
  プライバシーを守るための
  適切な仕組みを設けることは想定されていない。

2 監視活動に対する令状主義の強化も
  予定されていないようである。

3 ナショナル・セキュリティのために行われる監視活動を
  事前に許可するための独立した機関を
  設置することが想定されていない。

4 法執行機関や諜報機関の活動が
  プライバシーを不当に制約しないことの監督について懸念がある。
  例えば、警察がGPS捜査や電子機器の使用の
  モニタリングをするために
  裁判所の許可を求める際の司法の監督の質について懸念がある。

5 特に日本では、裁判所が令状発付請求を認める件数が
  圧倒的に多いとのことであり、
  新しい法案が、警察が情報収集のために令状を得る機会を
  広げることにより、プライバシーに与える影響を懸念する。

 書簡の全文はこちらからごらんいただけます。

http://www.ohchr.org/Documents/Issues/Privacy/OL_JPN.pdf


特別報告者は、
  国連の人権理事会によって、特定の問題について調査し
  報告するために個人の資格で任命される独立の専門家です。
  ジョセフ・ケナタッチ氏はIT法の専門家で、
  2015年7月に
  初めてのプライバシー権に関する特別報告者に任命されました。

http://www.ohchr.org/EN/Issues/Privacy/SR/Pages/SRPrivacyIndex.aspx
b0245151_855617.jpg





[PR]
by 9joukanren | 2017-05-20 22:41 | お知らせいろいろ

共謀罪反対行動。正念場の闘いが続きます

予想されたこととはいえ、暴挙が繰り返されています。
b0245151_21591488.gif

 舞台は変わっても、引き続き、反対・阻止の闘いは続きます。
 共謀罪法案の危険性についての理解が、次第に市民に広がってきています。
 リーフレットの受け取りに変化が見られます。
 挫けず奮闘しましょう。

 20日、21日の行動に続き、以降の取り組みについて、
 各市民団体で具体化することが求められています。

 20日(土)15:00~射水市大門総合会館第3駐車場 
           集会とデモ、射水でも実行委主催

 21日(日)12:30~富山駅CIC前広場、
           女性のレッドアクションスタンディングアピール

       13:00~同所 集会とパレード、共同行動実行委主催
b0245151_22121946.gif

 オールとやまも、21日以降なるべく早く事務局会議を開き、
 二の矢、三の矢を放ちましょう。
 会議が無理なら、メール会議で、実現させましょう。

 きょうの情報です。
   ⇩
━━━━━━━━━━━━━
毎日新聞ニュースメール

https://mainichi.jp/

2017年5月19日(速報)
━━━━━━━━━━━━━

▽共謀罪:衆院法務委で可決 与党側が採決強行

https://l.mainichi.jp/rdGClN

▽共謀罪:「ふざけている」ヤジと怒号 採決強行・衆院委

https://l.mainichi.jp/t8dZxx

▽共謀罪:4野党、徹底抗戦へ 採決強行に反発

https://l.mainichi.jp/kozck0










[PR]
by 9joukanren | 2017-05-19 21:49 | お知らせいろいろ

5/18 座り込みと沖縄キャラバン隊の動きについて

b0245151_2126692.gif18日の座り込みと、沖縄キャラバン隊の動きについて報告します。

       ⇩
 平和運動センターなど主催の共謀罪反対座り込みが
5月18日、県庁前噴水公園にテントを張って始まりました。
b0245151_21451867.jpg

午前10時過ぎから、組合員や市民らが駆け付け、
共謀罪反対のゼッケンを付けて座り込みに入り、
リレートークやアピールで、共謀罪法案の危険性に触れ、
何としても阻止しなければならないと、訴えました。
b0245151_21442325.jpg

 午後1時過ぎには、
沖縄意見広告運動のキャラバン隊一行4人が
テントを訪問、キャラバン隊の趣旨を説明、
沖縄の闘いを本土のみなさんに知ってもらい
共有していきたいなどとアピールしました。
b0245151_214336.jpg


 ついで、キャラバン隊のつなぎ役を担った
「ゆいま~る??とやま沖縄つなぐ会」がつくったパネルを使って、
沖縄の置かれた実情について説明、
沖縄にある基地すべてを富山市に当てはめると、
旧市内が埋まってしまうほどの面積を占めていること
などを明らかにしました。

b0245151_21225242.gif
 このあと一行は、場所を富山駅マリエ前に移し、
道行く人たちに、共謀罪の危うさと併せ、
沖縄について理解を深めてほしいと訴えました。

 「オールとやま」や
「男女賃金差別をともにたたかう会」のメンバーらも加わり、
「ゆいま~る」がつくった、沖縄の米軍基地や
辺野古埋立て計画の実情などを解説したチラシと共謀罪リーフを
配りました。
共謀罪リーフは、約300枚手渡しました。
受け取る割合が、4月末ごろから比べると、次第に多くなってきており、
法案
の問題の深刻さが日を追って理解されていく感じがしています。

 県庁前の座り込みは19日も予定しています。

 20日には、射水市大門で集会とデモ、
 21日には 富山駅前で女性のレッドアクション、
      共同行動実行委による集会とパレードが計画されています。


b0245151_21232153.gifb0245151_21234226.gifb0245151_21235995.gif
b0245151_2125302.gif






[PR]
by 9joukanren | 2017-05-19 21:08 | お知らせいろいろ

【報ステ】テロ対策か?“共謀罪”とパレルモ条約(2017/05/16 23:30)

 共謀罪が新たな展開です。
 転載します。
b0245151_20393451.gif

 【報ステ】テロ対策か?“共謀罪”とパレルモ条約(2017/05/16 23:30)

 http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000100921.html 

   ⇩
Ko です。
衆議院法務委員会は、本日は開かれないようです。
民進・共産・自由・社民の4党が金田大臣の不信任決議案を提出。
あす、不信任案の本会議採決。
衆院法務委員会の再会は19日にずれ込む予定。

以下は、昨日の報道ステーションの録画です。
国際組織犯罪防止条約(パレルモ条約)の
「立法ガイド」を書いたニコス・パッサス氏へのインタビューです。
「再生する」をクリックしてお聞きください。

衆院法務委員会の参考人発言で、
パレルモ条約がテロ防止のための条約のようなことを
言っている与党推薦の弁護士や教授がいますが、
海渡雄一さんが言っていることが正しいと分かります。

ニコス・パッサス氏へのインタビュー記事は、
5月1日の朝日新聞にも載っていました。

b0245151_20404736.gif




[PR]
by 9joukanren | 2017-05-17 20:41 | お知らせいろいろ