10/29「安倍9条改憲NO! 3000万署名」報告

秘密法廃止市民ネットとやま主催で、
「安倍改憲NO! 3000万人署名」を
29日午後1時から2時までの日程で行われました。

 当初、富山駅マリエ前周辺を予定していましたが、
雨天のため、地下道に場所を移して、
地下道のため、ハンドマイクは使わず、肉声で呼びかけましたが、
声がこだまして行き交う人たちに、しっかり届けることができました。
b0245151_001793.jpg
b0245151_003650.jpg

 この日は、富山マラソンがあり、
いつもより地下道は人であふれ、署名する人たちの中には、
マラソンに参加した兵庫や長野、京都、倉敷からの人たちもいて、
「長野でも(署名活動を)やっているよ」などと声をかけられ、
エールを交換しました。
b0245151_01720.jpg

 約300枚のチラシは、約40分で配り終え、
以降、当会で購入した「どうなの?安倍改憲」のリーフレットを配りました。
ボードを持って署名してもらう人、
ひたすらチラシを配る人、
シール投票の協力を求める人など、
当会のほか、呼びかけに応えたオールとやまや、
「ゆいま~る💛とやま沖縄つなぐ会」などのメンバー約10人が
手分けして行いました。

 1時間で署名数は48筆、シール投票は68人から協力をいただきました。
シール投票の結果は、
「憲法9条を変えない」が49人(72・1%)、
「わからない」が8人(11・8%)、
「変える」が11人(16・2%)-でした。

 3000万署名は、
第1次集約が12月20日、
第2次は2018年の月25日、
第3次は2018年5月末になっています。

これに先立って、12時30分から
レッドアクションが取り組まれました。
b0245151_013047.jpg
 
b0245151_0145100.jpg

 レッドアクションは、この日は30回目。
雨で傘をさしてのスタンディングでしたが、
衆院選後初のこととあって、リレートークでは、
小選挙区制により民意が反映されない結果での
自公勝利であることを強調、
市民の力で、安倍改憲を阻止する決意が次々に表明されました。
b0245151_025464.jpg

 確かに、比例での各党の得票率をみると、
自民党は、33・3%に過ぎないのに、
議席数は選挙区と併せ、284で61%を占めています。
全有権者数で比較すると、
自民党の(絶対)得票率は17%でしかありません。
議席数は、民意の反映ではないのです。
ここに市民力の発揮する余地があります。

 民主主義は、選挙がすべてではなく、
選挙と選挙の間での市民の力の発揮がその熟度を高めます。
憲法12条が国民の不断の努力を求めているのは、
そのことを指し示しているといえるでしょう。





[PR]
by 9joukanren | 2017-10-29 23:48 | お知らせいろいろ


<< 11/25 安倍9条改憲NO!... 市民と立憲野党との連携・共闘を... >>