12/10 3000万人署名 スタート集会 報告

 全国3000万署名達成を目指したアクションが
12月10日、11時半から、午後4時ごろまで、
富山市内各所で展開されました。
少し、長いですが、お許しください。

 ▽11時30分から富山駅マリエ前で、
秘密法廃止市民ネットとやまが
シール投票と署名活動に取り組みました。

ハンドマイクで署名を呼び掛け、手づくりのリーフレットを配りました。
リーフレットは約300枚を配布、
シール投票は女子高校生など若者も交えて全体で89人が協力し、
うち憲法9条を
「変えない方がよい」が79人、88・8%に上りました。
「わからない」が8人・8・9%、
「変える」は2人・2・2%-でした。

署名は38人からいただきました。
前回同地下道で行った際は、同じ時間で48人でした。
合わせて東京の連絡先へ送ります。

 ▽12時半からは、同CiC前で、
女性のレッドアクション・スタンディングアピールがありました。
それぞれに赤いものを身に着け、
手に手に安倍改憲NO-などのボードを持っての参加でした。
毎月実施しており、今回が32回目。
それぞれリレートークで、それぞれの思いを訴え、
道行く人たちに呼び掛けました。
「憲法を変えるな」「憲法を生かそう」
「秘密法廃止」「共謀罪法廃止」「安保法廃止」など、
コールや憲法前文と9条を織り込んだ歌声もあり、
約30分の間、気勢を挙げました。

 ▽午後2時から、サンフォルテ会議室で、
「安倍9条改憲NO!」 市民アクションとやま
      3000万署名達成へスタート集会
を開き、130人が参加しました。
b0245151_23192337.jpg

 まず主催者あいさつで、
大学人9条の会代表の広瀬 信さんは、
「憲法9条によって、日本は戦争に巻き込まれずに済んだ。
9条に自衛隊を書き込むと、自衛隊に歯止めがなくなる」と警告しました。
b0245151_2320396.jpg

 次いで、弁護士の水谷敏彦さんが、ミニ講演を行いました。
パワーポイントを使って、わかりやすく説明、
「安倍9条改憲は、日本を戦争をする国にしてしまう、
  違憲の安保法制を追認するだけでなく、
  際限なく軍事国家にしてしまう」と
熱ぽく訴えました。

 引き続き、事務局団体の代表者らが、それぞれの取り組みについて報告。
「きょうノーベル平和賞の授賞式がある。
  核兵器のない世界をつくるためにも、
  憲法9条は守っていかなければならない」
「力を合わせて目標の25万~30万の署名を集めよう」と呼びかけました。

 会場からも報告があり、
小矢部でグループをつくって戸別訪問し、
2日間で80人に署名してもらった。カンパも1万9千円に上った。
あさひ九条の会からは学習会の必要性が述べられ、
レッドアクションのメンバーからは、
自宅に署名用紙を置いておき、
誰かれなく署名をもらっている―などの発言がありました。

 この日までに賛同した市民団体は44。
さらに年末までに50~60団体がこれに加わる予定です。
この日の会場カンパは、9万円を超えました。
いよいよ、本格的に署名活動に入ります。

 事務局になっている9団体は次の通りです。
オールとやま県民連合、県平和運動センター、
安保廃棄県実行委、自由法曹団県支部、
「9条の会」県連絡会、
女性のレッドアクションとやま実行委、
大学人9条の会(富山)、県宗教者平和協議会、
核兵器廃絶をめざす富山医師・医学者の会





[PR]
by 9joukanren | 2017-12-11 20:54 | お知らせいろいろ


<< 12/18 水島朝穂さんの今年... 12/10 「安倍9条改憲NO... >>