射水で3000万署名講演会報告

 毎月恒例の共同行動によるいみずアクションが
24日午後、旧小杉町ラポールで行われました。
以下は、転載です。
b0245151_19495414.gif

   ⇩
射水でも実行委と市民アクションいみず共催の
石黒博さん講演会を3月24日午後、ラポール研修室で開き、
講演の後、5つのグループに分かれて、お茶を飲みながら、
くつろいだ形で、活動交流ディスカッションをしました。

 安保法制の強行採決に抗議して
毎月、アクションを行っているもので、
前回から市民アクションとやまに呼応して
立ち上げた市民アクションいみずーとの共催になっています。

 石黒さんは、元自治労県本部執行委員長で、
現在「9条をまもり生かす富山県民の会」の事務担当をしています。
演題は、「国民をだまして『戦争する国』に」。
A3用紙の裏表のレジュメをもとに約60分講演、
40人余の人たちが耳を傾けました。

① 「戦争する国」に向け、本丸の9条改悪へ
②安倍改憲でも国民をだます
③自衛隊員も政治的に利用
④安保以前=9条が軍拡・海外派兵の歯止めに
⑤自民党で検討されている改憲案
⑥安倍9条改憲=「戦争する国」へと「国のかたち」を変える
⑦国民の不安を利用した改憲策動
⑧その他の改憲項目
⑨「安倍9条改憲NO」3、000万人署名運動の成功を
ーの順にわかりやすく話しました。

 ディスカッションでは、
▽9条改憲の恐ろしさを若い人たちにどう伝えるか
▽戦争がどういうものなのか
▽戦争になると楽しみにしているゲームや趣味もできなくなることをどう伝えるか
▽戸別訪問で署名に協力を求めるのには勇気がいる
▽北朝鮮が攻めてきたらどうするのか、などにどう応えるか―
などについて議論。

北朝鮮が暴発したら、対応のしようがなく、そんな愚かな選択はないのだから、
武力を使わないで話し合いで解決する方向へ努力することこそが
憲法9条を持っている日本の役割であることを強調すべきだ
などと意見交換しました。

参加者は41人、会場カンパも1万4千円を超えました。
集会・講演はその都度カンパで運営しています。

 次回4月は、28日(土)午後3時から
旧新湊市庁舎前で集会・リレートークの後、市内をデモ行進します。
 なお、31日(土)には、県民会館401で、
を市民アクションとやまの「みんなでダッシュ!集会」が
予定されています。3000万署名達成へ加速します。

b0245151_19491051.gif





[PR]
by 9joukanren | 2018-03-28 22:54 | お知らせいろいろ


<< キャラバン行動第2日目広告 3/27 キャラバン行動がスタ... >>