キャラバン行動第2日目広告

キャラバン第2日の報告です。
     ⇩
 立憲野党とのコラボで始めたアベ9条改憲反対キャラバン行動第2日は、
3月29日午前10時から、旧小杉町太閤山のパスコ前でスタート、
       小杉駅アルプラザ前、カモン新湊前、伏木駅前、
昼食をはさんで、氷見バロー前、高岡駅ウイング前、イオン前、
射水市大門サンコー前―の合わせて8か所で、
3000万署名への協力を訴え、アピールしました。

 各所で、社民・共産の県議や市議らがスピーチし、
安倍9条改憲・加憲のごまかしについて触れ、
「自衛隊員の命を守ってきたのは、憲法9条です。
 現憲法9条に自衛隊を書き込むことは、自衛隊員の命を危険な状態に
さらすことになります。歯止めがきかなくなります」と、
次々に訴えました。

 駆け付けたオールとやまのメンバーや党関係者ら延べ約60人が
道行く人にチラシを配り、
「安倍首相退陣せよ」「9条改憲NO」などのボードや
「オールとやま」などののぼり旗を掲げました。

 あす30日は、砺波・小矢部を回ります。
 31日(金)は、午後2時から、
     「3000万署名達成へ みんなでダッシュ!集会」を、
県民会館401で開きます。安倍9条改憲NO! 市民アクションとやま―
の主催です。
弁護士・坂本義夫さんが「自民党改憲案を斬る」と題して講演、
各地からと市民団体から活動報告があります。


[PR]
by 9joukanren | 2018-03-29 21:07 | お知らせいろいろ


<< 市民アクション、ダッシュ集会報告 射水で3000万署名講演会報告 >>