4/29 「3000万署名街頭行動」シール投票と署名呼びかけ

 29日の秘密法市民ネットとやまの街頭行動の報告です。
    ⇩
「秘密法廃止市民ネットとやま」は、
29日午後、富山・総曲輪通り、旧西武デパート前で、
3000万署名シール投票と署名活動をしました。
新しく制作したリーフレット(第4版)も配りました。

 同メンバーのほか、オールとやまの会員や
飛び入りの女性も加わり、13人が
通りかかった人たちに、まず、シール投票を呼び掛け、
ボードの「9条を変えない」にシールを張った人たちには、
アベ9条改憲反対の署名を呼び掛けました。
b0245151_2375516.jpg

傍らで、今回初めてギター・ハモニカをバックに
憲法前文を歌詞にした「決意」をはじめ、
「手をつなごう」、「うたおう命の歌を」など
女性3人の歌があたりを柔らかく包み、
なごやかな雰囲気を醸し出しました。

 家族連れも多く、親子で「変えない」にシールを張り、
父親が二人の男の子らに「戦争しない国にしなければ」
と言い聞かせているのが印象的でした。
若いカップルは、相談しながら「わからない」にシールを張り、
リーフレットを手にしました。
シールを断る人や怒ったような顔で
「変える」にシールを張って立ち去る人もいて、
午後1時から2時半までの90分間、
様々な人間模様を写し出しました。

 署名台の横には、
「戦争は秘密から」の当会ののぼり旗や
3000万署名を呼び掛けるのぼり旗が街頭行動を盛り上げました。
b0245151_238334.jpg

 シール投票の総数は228人で、
「9条変えない」が154人(67・5%)、
「わからない」が66人(28・9%)、
「変える」が8人(3・5%)でした。

 署名数は68人でした。
富山駅前や同地下道でのアクションより、
署名数は格段に多い結果となりました。

 北日本新聞が現場取材、富山新聞が電話取材でした。

[PR]
by 9joukanren | 2018-04-29 23:01 | お知らせいろいろ


<< 5/5 3000万署名街頭活動報告 4/28 射水デモ「安倍政権の... >>