5/19 射水デモ・安倍9条改憲ストップの集会とデモ

今日のアクションの報告です。

 射水でも実行委員会と市民アクションいみず共催の
「5・19射水デモ」が、
19日午後4時から、射水市大門防災広場で開かれ、
集会の後、旧大門町内をデモ行進しました。

 集会では、
同共同代表の住職・Kikuさんが開会あいさつ、
「今日の新聞で、大阪地検が
 公文書を改ざんした佐川前国税庁長官らを
 不起訴とするとしていることに腹立たしい思いでいる。
 国有地を8億円も値引きし、その背景にあることを
 明確にしないようにするために文書を改ざんしているのに、
 そのことを問わないなんて、
 この国は一体どうなっているのか」と話し、
市民アクションいみずのWa事務局長は、
この間の3000万署名の取り組みについて報告、
参加者らがリレートークしました。

「署名のため家庭訪問すると、
 問題の膿は、安倍首相自身であることが
 次第に明確になってきている、との意見が多い」
「富山弁のだら、と関西弁のアホ、をくっつけて、
 私はアベを“だほ”ということにした」
などの発言が相次ぎました。
b0245151_9382337.jpg

この後、ドラムをたたきながらのデモに移り、
「戦争したがる総理はいらない」
「安倍政権は直ちに退陣」
「憲法守れ」
「平和を守れ」
「市民の税金暮らしに使え」
「野党は共闘、市民と共闘」-などとコールしました。

 来月6月は、17日(日)午後3時から、
旧小杉町を会場に開きます。






[PR]
by 9joukanren | 2018-05-19 22:31 | お知らせいろいろ


<< 5/25、29 3000万署名... 市民アクションいみずからの連絡 >>