カテゴリ:お知らせいろいろ( 403 )

翁長樹子(みきこ)さんが  夫 故 翁長雄志・前沖縄県知事 について語ったインタビュー記事、動画

転送転載歓迎とのことですので、転載します。
重複の場合もありましょうが、お許しください。

-----Original Message-----
Subjec t: 翁長樹子(みきこ)さんが
夫 故 翁長雄志・前沖縄県知事 について語った
インタビュー記事、動画(「女性自身」、IWJ ほか) を、

京都のKiです。

新聞が、いくつか行いましたが、週刊誌でも、
光文社発行の「女性自身」の今週号2018/9/25号が、

翁長樹子(みきこ)さんが 夫 故 翁長雄志・前沖縄県知事
について語ったインタビュー記事
を掲載し、
( 雑誌の新聞 [雑誌別速報] 女性自身
◆女性自身 [9月25日号] 2018年9月11日(火曜日)更新

http://www.zasshi.com/zasshiheadline/joseijishin.html

翁長雄志の妻が語る遺言
「『沖縄の人は心をひとつに』が夫の願いでした」
◆ 翁長樹子、沖縄県・翁長雄志元知事/辺野古基地建設阻止構想
女性自身(2018/09/25), 頁:46 )

ウェブにも、
本誌掲載そのまま全部ではなく、
重複ありつついくつかに分けてアップされました。

辺野古問題に弱音吐かず・・・故・翁長知事へ妻からの言葉
投稿日:2018/09/13 11:00 更新日:2018/09/13 11:00
| 女性自身

https://jisin.jp/domestic/1663939/

対立した自民議員も涙・・・故・翁長知事の“沖縄愛”妻明かす
投稿日:2018/09/13 11:00 更新日:2018/09/13 11:00
| 女性自身

https://jisin.jp/domestic/1663933/

妻語る亡き翁長知事“死闘”の日々「僕の命沖縄に任せたい」
投稿日:2018/09/13 06:00 更新日:2018/09/13 06:00
| 女性自身

https://jisin.jp/domestic/1663927/

「辺野古の撤回までは立たせて」 翁長知事の妻、主治医へすがる
投稿日:2018/09/07 12:00 更新日:2018/09/07 13:06
| 女性自身

https://jisin.jp/region/1662658/

(後略)
b0245151_14464032.gif



[PR]
by 9joukanren | 2018-09-15 22:27 | お知らせいろいろ

9/9(日)「やり抜こう3000万署名 9.9県民集会」報告

報告・記録です。
 市民アクションとやま主催の
「やり抜こう!3000万人署名 9・9県民集会」が、
9日午後、富山・サンフォルテで開かれ、
弁護士・水谷敏彦さんの「国内外の政治情勢と改憲論」と題した
ミニ講演の後、事務局・賛同の13団体から報告があり、
沖縄県知事選への連帯も含めたアピールを採択して閉会しました。
b0245151_11383417.jpg
 5月末を目標にしていた3000万署名は、
アベ政権が発議を断念するまで続けることに変更したものの、
猛暑もあって活動が中断していましたが、
9月に入り、各地で本格的に再開しています。
政権は通常国会での発議を結果として断念したものの、
次の臨時国会以降での提案、発議を狙っています。

 これを受けて報告では、この秋は日本の立ち位置をめぐって
正念場の闘いになるとの危機感もあらわにされました。
問題は、3000万署名を推進する側が
その危機感を共有し行動に移せるか
それを多くの市民・主権者にも伝え、
思いをともにすることができるかにかかっています。
b0245151_11385161.jpg
 具体的には、アベ改憲のねらいをしっかり学習し、
署名活動の中で対話出るようにしつつ、
反省点を学び、次への行動に活かしていくー
認識・実践の繰り返しであることなどが、
目に見えるように報告され、多くの教訓を得ることができました。
 
 独自のチラシなどをつくって
あらかじめ全戸にポステイングし、あとで戸別に署名活動に入る。
ポステイングの際にチラシと併せ署名用紙と返信用封筒を入れる。

街頭行動では、シール投票も併せて、署名を呼び掛けるー
などの経験が話されました。
参加者75人、沖縄連帯カンパは4万円を超えました。

 集会には、
「戦争をさせない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」
共同代表の高田健さん、
元文部科学省事務次官・前川喜平さん、
早稲田大学教授・水島朝穂さんから
メッセージが寄せられました。
次の通りです。

・総がかり行動実行委共同代表 高田 健         
朝鮮半島の南北首脳会談と米朝首脳会談は
北東アジアの平和を切り開く歴史的な流れをつくりだしました。
安倍首相が唱える9条改憲はこれに逆らうものです。
3000万署名をやり抜いて、安倍改憲を必ず止めましょう。

・元文部科学省事務次官 前川 喜平
集団的自衛権容認の閣議決定や安全保障立法は、
立憲主義を踏みにじり憲法99条に違反する暴挙でした。
アベ首相の9条改憲はこの暴挙を憲法の条文に固定化することに
かなりません。断固反対します。

・早稲田大学教授  水島 朝穂
情報隠し、争点ぼかし、論点ずらし、友だち重視、
異論つぶしの安倍的統治手法が続いて、この国は壊れつつあります。
最終コーナーが憲法改正。いま私たちは正念場を迎えています。
集会のご成功を祈念します。 
 
◇集会アピールは次の通りです。
  安倍9条改憲阻止へ、署名目標の達成、沖縄県知事選連帯支援を
 安倍首相は、かつてない不正・腐敗、国民犠牲の政治を棚に置いて、
自民党総裁3選をねらい、秋の臨時国会での自民改憲案提出、
年内の改憲案発議の意向をあらわにしています。
しかし、首相が言う「自衛隊を書き込むだけで何も変わらない」
いうのは真っ赤なウソであり、違憲の安保法制の追認にとどまらず、
海外での無制限の武力行使に道をひらくものです。
また「自衛官がかわいそう」との情緒論も、
9条が隊員を戦闘参加から守ってきたことをねじまげています。
  
 いま朝鮮半島で平和と非核化の流れが生まれているなか、
相変わらず周辺国の「脅威」を煽り、
軍拡と改憲に突き進もうとする異常な姿勢は、
北東アジアでの平和構築に逆行する有害なものです。

 沖縄でも、県民多数の意思を無視して名護市辺野古に
巨大な要塞建設を強行する姿勢は到底許されません。
翁長知事の急逝により前倒しとなった沖縄県知事選の必勝で、
政府の無法に鉄槌を下し、「平和で、真に豊かな沖縄」を実現しましょう。
この間の世論調査において、
多くの国民は9条改憲を望んでいません。

 私たちは、「安倍9条改憲」を断念させるため、
県民のみなさんとの共同を広げ、
全国3000万人署名運動の目標達成に向け、
地域・職場から運動を強める決意です。
ともにがんばりましょう。

  2018年9月9日 やりぬこう!3000万人署名 9・9県民集会

◇報告した13団体
 平和運動センター▽高教組▽新日本婦人の会▽
民医連▽市民アクションおやべ▽あさひ9条の会▽
市民アクションなめりかわ▽滑川9条をイカす会▽
藤ノ木9条の会▽秘密法廃止市民ネットとやま▽
仏教者9条の会▽弁護士改憲反対有志の会▽
水橋9条の会(発表順)





[PR]
by 9joukanren | 2018-09-10 11:33 | お知らせいろいろ

故翁長知事夫人のインタビュー

 沖縄県知事翁長雄志夫人樹子さんへのインタビュー動画を

転載します。IWJへのご支援も。

   

 「弔い合戦は1回で終る!沖縄のこの戦いは100年続く!」

縄県知事翁長雄志夫人樹子さんに岩上安身が1時間15分の

占ロングインタビュー!

樹子さんがカメラ目線で安倍総理・菅官房長官に怒りの訴え!

                     2018.9.4

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/430808

 このとき、画面には映しませんでしたが、

そばで翁長知事の親戚であるおふたりの高齢のご婦人が

話を聞いていました。インタビュー終了後、

沖縄戦の戦争体験者であるこのおふたりと話をした岩上さんは、

翁長知事の「沖縄を二度と戦場にしない」という強い意志の陰に、

こうした身近な戦争体験者の存在が大きな影響を

及ぼしていることを確信したのだと思われます。

 98日、岩上さんはこのときのおひとり、

翁長知事の「伯母さん」にあたる89歳の翁長安子さんに

戦争体験を語っていただくインタビューをおこないました。


 沖縄戦が行われた昭和20年、15歳だった安子さんは、

御本人いわく「軍国少女」だった、といいます。

家族が北部へ疎開する中、ひとり首里に残り、

やがて自ら志願して「永岡隊」という、寺の住職だった

永岡敬淳大尉の率いる郷士部隊に

看護要員や雑用係として従軍しました。


 安子さんはこの永岡隊とともに首里の壕で米軍の攻撃にあい、

の後銃撃を受け、部隊とはぐれながらも、怪我を負ったまま

南部の戦線に移動した部隊を這うようにして追いかけ、

再び出会えた隊長から「生きよ」と言葉をかけられたこと、

米軍に投降した時の様子、父親との別れ、収容所での暮らし、

家族との再会、戦後の戦没者の遺骨収集など、

悲惨で壮絶な戦争体験をお話しくださいました。


 安子さんは、とても数えで90歳になるお歳とは思えないほどはっき

りした声で最後までお話くださったのですが、沖縄県外の人には場

所の名前など、固有名詞がわかりにくい部分も多く、このインタビュ

ーはきちんと編集作業をおこなった上で配信いたします。ハイライト

部分は先行して公開し、全編は追っての公開となります。もうしばら

くお待ちください。

 今回の岩上さんの沖縄出張では、翁長樹子さん、翁長安子さんな

ど、他では見ることのできない貴重なインタビューをおこなうことがで

きました。玉城デニー予定候補者にも話を聞くことができ、玉城氏を

ささえる多くの識者にもインタビューをおこなうことで、沖縄県知事選

が沖縄だけの問題ではなく、これからの日本全体にとって大変重要

な選挙となることがますますはっきりしてきました。

 しかし、IWJは第9期が始まったばかりの8月、ご寄付・カンパが目

標額の4分の1とひじょうに厳しいスタートとなっています。腰痛を抱

えながら、6日間で8本のインタビューという超ハードスケジュールを

こなした岩上さんは、本日午前9時より島袋純教授へのインタビュー

の後編をおこない、東京へ戻る予定です。

 岩上さんと IWJはこれからも、精力的に幅広い活動を展開して参

ります。大手メディアが報じようとしない、公共性、公益性のある報道

を続けていくためにも、どうか、皆様のご支援をよろしくお願い申し上

げます。

ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html



[PR]
by 9joukanren | 2018-09-10 11:09 | お知らせいろいろ

沖縄県知事選、立候補される玉城さんへのインタビュー

沖縄県知事選に立候補する玉城デニーさんのインタビューは圧巻です。

 しっかりした論理と情熱が伝わってきます。明快です。

この人に託そうという気になります。

     ⇩

 8月29日、玉城議員は、県知事選への出馬を正式表明しました。

翌30日にはIWJ沖縄中継市民も、玉城議員への取材をおこないました。

その中で、玉城議員は、

辺野古新基地の工事強行や、朝鮮半島をめぐる平和への動きなど、

IWJ中継市民からの幅広い質問に対して率直に答えています。


※「翁長知事の意志を引き継ぎ、辺野古新基地建設阻止を貫徹する」!

  故翁長知事からの「後継者」指名を受け、

  玉城デニー氏が沖縄県知事選へ出馬正式表明!


https://iwj.co.jp/wj/open/archives/430381


※IWJ中継市民による玉城デニー衆院議員インタビュー


https://iwj.co.jp/wj/open/archives/430334





[PR]
by 9joukanren | 2018-09-07 22:49 | お知らせいろいろ

9/2 第9回「9条の会」北陸ブロック交流会 報告

北陸ブロック交流集会の記録です。

  

 92日、福井県教育センターで

9条の会北陸ブロック交流集会が開かれ、

北陸3県の9条の会のメンバーら約100人が参加、

基調講演の後、各県が報告、

昼食をはさんで、

3つの分散会で、参加した各県9条の会のメンバーが

活動交流しました。

b0245151_09300136.jpg

 特に安倍9条改憲NO! 3000万署名の取り組みについて意見が集中、

富山では、99日に

「やり抜こう!3000万署名 99県民集会」を開くことなどを紹介、

戸別訪問を含む署名に全力を傾け、

アベ改憲の発議をさせないことを誓い、

併せて、

目前に迫った翁長知事の死去に伴う沖縄県知事選への連帯を

拍手で確認しました。

b0245151_09151882.jpg

 基調講演は、

名古屋大学大学院教授・大河内 実紀(みのり)さんの

「九条の改憲発議を許さない」。

安倍9条改憲の論点を整理、

憲法9条に自衛隊を書き込む意味と、書き込まないメリットを挙げ、

「今のままだと自衛官がかわいそう」 などの情緒的な訴えは、

憲法に求められる高度の安定性から言って、

極めて危険であることを強調、クールな議論を展開すべきだと主張しました。

 日本国憲法が各議院の総議員の3分の2以上の賛成による発議と

国民投票における過半数の賛成という極めて変えにくい構造に

なっているのは意味がある。

高法規であることと、権力を縛る性格があることによる。


しかも、憲法は単に憲法の条文だけでなく、

その解釈・先例・実務などこれまで積み上げられてきた総体を

総合的に判断すべきであって、

書き込めばこれまで積み上げてきた解釈・判例を反故に

できるというものではない―と力説しました。

 そのうえで、

①安倍首相の言う「今の解釈を変えない」ことの保障の不在

②憲法に書くべきこと、書く必要のないことの区別

③総合的判断に向き合う政治と支える世論の必要性など

を挙げ、憲法の安定性を守る知恵が必要であると、

まとめました。 



[PR]
by 9joukanren | 2018-09-03 06:20 | お知らせいろいろ

9/2 街頭行動:3000万人署名

直近のお知らせで恐縮です。


アベ9条改憲NO! 3000万署名」は、

引き続き発議を断念させるまで続けることになりました。


 安倍首相は自民党総裁選出馬にあたって、

今秋の臨時国会以降での発議を明らかにしています。

 なんとしても、これを阻止するため、

正念場の闘いが求められており、

下記のように、街頭行動・3000万署名に取り組みます。

 今回は、秘密法廃止市民ネットとやまと

I女性会議の共同行動です

お忙しいところ恐縮ですが、

お集まりいただきますよう、お願いいたします。

シール投票と併せて実行します                

 日 時 9月2日(日)13:30~14:30 

 場 所 富山・総曲輪通り(旧西武デパート前)

 なお、メデイアにもFAXで案内しました。



[PR]
by 9joukanren | 2018-08-31 23:52 | お知らせいろいろ

8/26 「安倍政権の9条改憲ストップ!」射水でもの集会・デモの記録

26日の射水でも、市民アクションいみず主催の集会とデモの記録です。


安倍政権は、戦争風を吹かせ煽っている。

 ポンコツ兵器を買いあさって

 税金を無駄遣いしまくっている。

 国民のためにならない。

 そろそろ選手交代だ」-

26日夕、射水市大門防災広場で開いた

射水でも・市民アクションいみず主催の集会で、

参加した市民から次々と抗議の声が出されました。

b0245151_20315182.jpg

 20159月の安保法制強行採決に抗議して

毎月射水市内を巡回して開いているもので、

20人が参加、集会の後、

同町内をコールしながらデモ行進しました。

この日も35度を超える猛暑でしたが、

水を飲み、汗をふきふきの行動でした。


 集会ではこのほか、

この日の安倍首相3選出馬表明の報道ぶりに関連し、

メディアの権力追従姿勢にも言及、

「マスコミがトキノの権力になびいている。

 先の大戦を思い起こす、戦争前夜の趣だ。

 圧倒的多数を占める有権者が目を覚まし、

 アベ政権ノーの声を挙げなければならない」-

どと訴えました。


 コールでは

「文書改ざん、ウソつくな」

「安倍政権は直ちに退陣、今すぐ退陣」

9条守って平和を守れ」

9条守って平和に貢献」

「野党は共闘、市民と共闘」などと声をそろえました。

b0245151_20323403.jpg

 通りかかったドライバーの中には、

車内から手を振っていくものも見られ、

エールを交換しました。

 集会広場や行進では、

3000万署名ののぼり旗や、3000万の声を届けよ

などのポスターに交じって、

「オールとやま」ののぼり旗も掲げられました。

野党共闘によるアクションです。


 来月9月は22日(土)1500~、

旧小杉町中央部、社会福祉会館近く

下条川河川公園で開く予定です。



[PR]
by 9joukanren | 2018-08-27 20:33 | お知らせいろいろ

8/18 公開フォーラム「やっぱり変だね!今の政治」報告

 オールとやま県民連合は、

18日午後、サンシップとやま福祉ホールで

「やっぱり変だね!今の政治」公開フォーラムを開きました。

2019年参院選に向けての第1回企画です。

 子育て、教育、医療、福祉、TPP-5分野の現場で

日常的にご苦労している人たちからその実態についての報告の後、

フロアから質問・意見を出していただき、

参加いただいた社民・共産・自由各党の県連・県委員会の代表者や

富山にまだ拠点がないため、

愛知から駆け付けた立憲民主党のスタッフ(元富山市議)からも

感想・意見が述べられました。

b0245151_14503427.jpg

 フロアからの意見でショックだったのは、教育の分野で

スクールソーシャルワーカーをしている人からの発言で、

ある小学校で給食の時間に、

食べるのに時間がかかる児童を並ばせたうえ、

後ろから「早く食べるよう」急がせ、

なかなか食べない子どもに無理やり口に食べ物を入れ、

せかえって吐き出すと、

それをまた口に入れるようなことをしている

との報告でした。


いまどきこんなことがあるのかと、びっくりしました。

人権問題です。

b0245151_14502227.jpg

 休憩時間に発言者に、

「そんなことは教育委員会にでも報告し、

 問題にすべきではないのか、やめさせるべきではないか」-

と質問したところ、

スクールワーカー内で議論しても問題にできない、

というのです。

あれこれ忖度し、知らぬ顔を装う、と言います。

とんでもないことです。

 こんなことをする先生はもちろん問題ですが、

観て見ぬ振りをするのもいかがなものかと思わざるをえません。

おかしなこととは思わない先生方が多いとの発言に

2度びっくりしました。


 人権意識がここまで劣化しているのかー。

唖然とするばかりです。


 各分野での問題点については、

国に改善を求めなければなりませんが、

のためにも、私たちの身近な自治体にも提起し、

行動を共にしていただく働きかけも必要であることなど

の指摘もありました。

 

 TPPでは、農家の方々が困っていることなど、

一般の人たちに情報を提供し、

行動を一緒にするなどの取り組みが必要だ、

労働超過に陥っている先生方も、

保護者らと思いを共有できるようにしなければならない

などが指摘されました。


介護職場では、仕事量・質に見合わなく低い賃金・手当などの

仕組みなどからなり手がなく、

そのうえ福祉予算が年々切り下げられていく実態に

施設経営は立ちいかなくなっている、

国の仕組みを変えないと、将来大変なことになるなど

の実情が報告されました。


 政党からは、

「現場からの実態報告は政策づくりの参考になる」、

「野党と市民の共闘によって、安倍政権に代わる政権を

 つくりあげなければならない」

などの決意が表明されました。


参院選の前には、県議選もあり、

自治体行政にも関心を持って臨まなければならないなど

との提起もありました。


 106日(土)に、第2回目のフォーラムを予定しており、

憲法・原発・消費―3分野で意見を交換します。






[PR]
by 9joukanren | 2018-08-18 23:39 | お知らせいろいろ

8/11 朗読劇と被ばく者の講演のつどいの報告

11日の朗読劇と被ばく者の講演のつどい

「たみちゃんの86日」についての報告です。

    

 「朗読劇『たみちゃんの86日』と被爆者の講演のつどい」が、11日午後、

富山市のタワー111 スカイホールで開かれ、約100人が参加しました。


 金沢から来られた「多美ちゃん」こと広島被ばく者の西本多美子さん

(石川県原爆被災者友の会会長)が、86日被爆当時のことをはじめ、

結婚後夫の転勤に伴って札幌を経由して石川県に転居、

その間、それぞれの地区で被爆者協議会の活動をし、

世界各国で被ばくの実態などを話してこられた経緯をくわしく話され、

「日本国憲法第9条の素晴らしさを痛感、

 9条は日本だけでなく世界の宝である」ことを強調しました。


そのうえで、

「いま嫌な動きがあるが、9条はしっかり守っていかなければならない」

と結びました。


 会場出入り口に、オールとやまとしてお許しをいただき、

安倍9条改憲NO!3000万署名用紙を置き、呼び掛けた結果、

10人から署名をいただきました。

多くの方はすでに、それぞれのところで署名しておられるようでしたが、

それでも呼びかけに応えていただいた人がおられますので、

目標3000万に向けて、一層の踏ん張りが必要ですね。

b0245151_14372910.jpg

 多美子さんは、広島原爆投下の86日は4歳。

病弱の母親と二人で自宅にいたところ、

外から男の子の「アッツ B29だ」との声で、母親が外を確認、

危険を感じてすぐ多美子さんを呼び寄せ、押し入れに隠れたようです。

多美子さんは怖い思いで母親にしがみつき、

直接の熱風などから逃れて助かったことなどを臨場感いっぱいに話しました。

朗読劇はこの間の模様をイラストで描いたものの上映でした。

b0245151_14374275.jpg

 この後、

この4月に富山県被爆者協議会会長と県被爆2世・3世の会会長になった小島貴雄さんが

決意表明しました。県内被ばく者は、180数人を数えていたが、今は52人になり、

平均年齢は833歳(全国平均は8206歳)と高齢化しているので、

今のうちに心の叫びを収録しなければならない―と力説しました。

期待が持てます。


 主催は、核兵器廃絶をめざす富山医師・医学者の会

、    (金井英子世話人代表)。

     県被爆者協議会、同被爆2世・3世の会、県保険医協会―が

     共催しました。


 同つどいの資料に、

オールとやまが18日(土)午後に開く「やっぱり変だね!今の政治」公開フォーラム

(サンシップホール)のチラシも挟み込むことができました。

「ゆいま~る」から2人が助っ人に加わっていただきました。感謝。




[PR]
by 9joukanren | 2018-08-11 22:38 | お知らせいろいろ

市民アクションとやまより「やり抜こう!3000万署名9・9県民集会」

(前略)

アベ改憲発議は、通常国会では断念させました。

次は、秋の臨時国会です。

 安部再選後、また改憲策動が始まります。

正念場の闘いが続きます。

 市民アクションとやまは、再起動に拍車をかけるため、

「やり抜こう!3000万署名99県民集会」を開きます。

b0245151_20064358.jpg


誘い合わせてお集まりください。

 いまは熱いので、盆過ぎから、

まずポスティングから始めます。

 一緒にやれそうな方は、時間をセットします。

 なお、秘密法廃止市民ネットとやまのリーフレットを3000部、

増刷しました。

 ご活用ください。




[PR]
by 9joukanren | 2018-08-02 23:30 | お知らせいろいろ