<   2018年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

'18/1/27 射水でも講演会「安倍改憲にどう立ち向かうか」報告

 射水でも実行委員会の1月企画は、
27日午後、射水市新湊交流会館で、
「安倍改憲にどう立ち向かうか」の演題で、
弁護士・水谷敏彦さんの講演会を開きました。
安倍改憲NO!3000万署名に連動したアクションで、
集会後、「市民アクションいみず」を立ち上げました。

 市民アクションいみずは、
会の名称を「安倍9条改憲NO! 市民アクションいみず」とし、
署名数の目標を2万人に設定、事務局体制などを決めました。
2月11日に事務局会議を開き、取り組みの具体化へ。
地区ごとの戸別訪問での署名集めに取り組みます。

 講演で、水谷さんは、
9条に自衛隊を書き込もうとしている安倍首相のねらいを、
その憲法観と合わせて明らかにし、
9条と自衛隊の歴史的経過を説明、
2015年9月19日に安保法制を強行採決したことにより、
歯止めなく集団的自衛権を行使できる変質した自衛隊を
憲法で追認しようとしていると強調。
b0245151_15343723.jpg

侵略戦争の反省、国際平和構築への国民の決意、
国連憲章を超えた9条―などその歴史的意義を再確認し、
「武力で平和は築けない」ことをベースに、
日本国憲法は日本の宝であり、
人類の希望であることを踏まえ、
9条を破壊させない闘いの重要性を、
パワーポイントを使ってわかりやすく話しました。

最後に、3000万署名を達成することにより、
改憲を発議させないようにすることが
重要であると結びました。
b0245151_1535551.jpg

 質疑では、
国民投票法についての欠陥も論議となり、
最低投票率の設定や、
資力のある側が圧倒的に有利なテレビ・ラジオなどの
宣伝野放し状態を公正公平に是正させる国会での
取り組みが急務であることなどの指摘もありました。

 3000万署名の取り組みと合わせ、
国会論議を注視することが必要です。

 2月企画は、
25日(日)14:00~射水市大門総合会館で、
弁護士・坂本義夫さんに講演をお願いし、
署名に取り組む市民の経験交流の時間も
設定することになりました。

「市民アクションいみず」との共催です。





[PR]
by 9joukanren | 2018-01-27 22:26 | お知らせいろいろ

1/21 映画・恵庭事件

恵庭事件を扱った映画が、七尾市で上映されました。
 自衛隊と日本国憲法について問いかける映画です。
 以下、簡単に紹介します。
   ⇩
b0245151_1552487.jpg

 いま 自衛隊と日本国憲法を問う―と銘打った映画
「憲法を武器として 
    恵庭事件 知られざる50年目の真実」を
観てきました。
21日午後、石川・七尾美術館アートホールで、
1回のみの上映でした。
上映後、飯塚秀孝監督のトークもありました。

 恵庭事件というのは、
北海道の恵庭町、自衛隊島松演習場が舞台。
近くで酪農を営む、 野崎牧場の野崎兄弟が
1962(昭和37)年12月、通信線を切断した事件。
長年、戦闘機や大砲の騒音被害で、
牛の乳量が落ち、母親ら家族の健康が損なわれ、
約束が守られなかったことから、やむにやまれぬ実力行使でした。
国は自衛隊法121条(防衛の用に供する物)で起訴。

 全国から集まった弁護団が、
自衛隊は憲法9条に違反すると主張。
映画は、札幌地裁で、3年半、計40回にわたる公判の模様を
ドキュメンタリータッチでリアルに描き、
被告・弁護団が検察側を追い詰め、裁判官にも
違憲判決を導き出そうとの気迫あふれる弁論を展開。
実写を含む臨場感あふれる映像の連続でした。

判決は、1967年3月29日に。辻三雄裁判長は、
「被告は無罪」としましたが、自衛隊の憲法判断を回避。
「肩透かし判決」となりました。
違憲判断が出なかったことで、検察は控訴せずに確定。
この結果、50年後の今、
「自衛隊と日本国憲法」が改めて問われることになった、
と飯塚監督は指摘しています。

 圧巻は、映画の最終場面に、
辻裁判長の二女・美見さんが登場、
「父が生前、判決を出すにあたって最高裁から、
 憲法判断を回避せよ、との圧力がかかった事実を告げていた」ことを
明らかにしました。
当時も政権に寄り添う裁判の実態が改めて浮き彫りにされました。

 上映後のトークで、飯塚監督は、
弁護団で存命の内藤功さんら3人にインタビュー、
厚さ10数センチに上る裁判記録を読み、
語り役・仲代達也さん主宰の「無名塾」の
俳優さんらを起用して制作した裏話を紹介しました。
内藤弁護士らは、回想場面に登場しています。

 美見さんとのインタビューにも言及、
昨年3月28日付の北海道新聞にその手記を発見し、
「お願いした」と打ち明けました。
その際、美見さんは
「自分が黙っていたら、この重大な事実が
 永遠に闇に葬り去られてしまう。公表は私の使命だ」と
言っていたことを明かしました。

  富山でも、上映したいです。
                  (E)







[PR]
by 9joukanren | 2018-01-23 23:55 | お知らせいろいろ